1. ホーム
  2. 対面証券
  3. みずほ証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

みずほ証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

この記事で解決できるお悩み
  • みずほ証券のサービスにどのような特徴があるのか知りたい
  • みずほ証券の評判が知りたい
  • 運用相談をどこにするべきかわからない

みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループの中核証券会社として、質の高い金融サービスを提供している。

専門性の高い投資アドバイスや充実した情報提供ツールなど、その特徴は多岐にわたる。

一方で、手数料の高さなどを理由に、利用者の評判は賛否両論のようだ。

はたして、みずほ証券はどのような投資家に向いているのだろうか。

本記事では、みずほ証券の特徴や評判を徹底的に解説する。

サービス内容や顧客満足度、メリット・デメリットを詳しく紹介することで、同社を利用するべきかどうかを判断してほしい。

証券会社選びで悩んでいる人には、IFAという新たな選択肢も提案したい。

資産運用のパートナー探しに、ぜひ参考にしてほしい。

目次

みずほ証券のサービス内容

みずほ証券のサービス内容 わたしのIFA

みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループの中核証券会社として、幅広い金融サービスを提供している。

ここでは、みずほ証券の会社概要や特徴、提供しているサービスの内容について詳しく解説する。

大手証券会社としての情報提供力や、みずほフィナンシャルグループとの連携によるサービスの充実ぶりを知ることで、投資を安心して始められるはずだ。

みずほ証券の会社概要

みずほ証券は、1917年に設立された日本の大手証券会社である。

東京に本社を置き、みずほフィナンシャルグループの一員として、金融機関や個人、中小企業を対象に幅広い金融サービスを提供している。

同社は、1872年に今井商店として設立したのが始まりだ。

その後、様々な証券会社と合併を行い、2000年にみずほインベスターズ証券と合併した。

2004年には営業の全部を譲受け、現在のみずほ証券が誕生した。

みずほ証券は、機関投資家向けのブローカレッジ業務に注力する一方、M&Aや株式引受といった投資銀行業務にも力を入れている。

また、北米、欧州、アジアに拠点を持ち、ロンドンに本社を置くみずほインターナショナルや、ニューヨークに本社を置く米国みずほ証券など、国内外の関連会社とともにグローバルな金融ネットワークを形成しているのも大きな強みである。

みずほ証券の会社概要

本社〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア
設立1917年7月
資本金1,251億円
事業内容金融商品取引業
参考:みずほ証券「会社概要」

みずほ証券が提供するサービス

みずほ証券は、個人投資家から機関投資家まで、幅広い顧客のニーズに応える多彩な金融サービスを提供している。

中でも特徴的なのが、利便性の高いオンライントレーディングサービスだ。

パソコンやタブレット、スマートフォンから取引できる「みずほ証券ネット倶楽部」と、スマートフォン専用の「みずほ証券株アプリ」の2つのサービスを提供している。

特に「みずほ証券株アプリ」は、他社のアプリと比べて使い勝手が良いと評判である。

リアルタイム株価やプッシュ通知、お気に入り登録機能など、株式取引に特化した見やすさを実現している。

また、みずほ証券は全国で225もの広範な店舗網を持つ。

都市部だけでなく地方にも支店を構えており、対面での投資相談に力を入れている。

さらに、みずほ銀行の支店内にも119のプラネットブースを設置し、銀行利用客への利便性も高い。

加えて、みずほ証券は先進テクノロジーの活用にも積極的だ。

2021年12月には国債電子取引におけるAIシステム「ALPHA」を導入し、トレーダーに最適な売買レートや適切なヘッジ手法を提案している。

このように、みずほ証券は、オンラインとオフラインのサービスをバランス良く組み合わせ、付加価値の高い金融サービスを提供している。

投資初心者から上級者まで、幅広い顧客層のニーズに応えるラインナップは、同社の大きな魅力だといえるだろう。

みずほ証券の特徴

みずほ証券の最大の特徴は、みずほフィナンシャルグループの一員として、グループ全体の強みを活かした総合的な金融サービスを提供している点だ。

みずほフィナンシャルグループには2,400万人以上の個人顧客と、上場企業の約7割との取引関係がある。

みずほ証券は、この広大な顧客基盤を共有しているため、多様な投資家のニーズに応えることが可能だ。

また、みずほ証券は国内有力証券会社の一つでもある。

国内債券引受業務や株式公開引受業務などで高いシェアを誇り、日本の資本市場において大きな存在感を示している。

商品ラインナップの広さにも注目したい。

株式や投資信託、債券、MRF、預かり金など、あらゆる金融商品を取り扱っているため、投資家は自身のニーズや目的に合わせて最適な商品を選べる。

口座管理や残高照会、投資信託トータルリターンなどの情報サービスも充実しており、投資家の利便性を高めている。

さらに、みずほ証券は投資情報の提供にも力を入れている。

株価や指標、ニュースによる情報収集や銘柄分析のほか、アナリストレポートなど、多角的な情報をタイムリーに発信。

YouTube公式チャンネルでは、日々のマーケット情報から中長期的な見通しまで、動画でわかりやすく解説しているのも大きな特徴だ。

みずほ証券の評判とは?

みずほ証券の評判とは わたしのIFA

みずほ証券を利用している投資家や利用を検討している人にとって、同社の評判は気になるだろう。

大手証券会社の一つであるみずほ証券だが、実際のところ顧客からどのように評価されているのだろうか。

満足度や信頼度は高いのだろうか。

ここでは、顧客満足度や信頼度に関するデータ、そして利用者からの良い評判と悪い評判を紹介する。

具体的な口コミを見ることで、みずほ証券の強みと弱みが見えてくるはずだ。

みずほ証券の顧客満足度や信頼度について

2024年に発表されたオリコン顧客満足度調査では、ネット証券部門の総合ランキングでみずほ証券が14位となった。

この調査では、口座開設のしやすさ、取引のしやすさ、分析ツールなどが評価点60点を超え、これらの点が総合評価に繋がっている。

また、みずほ証券は銀行系証券会社という特性上、顧客からの信頼も厚い。

親会社であるみずほフィナンシャルグループは2,400万人以上の顧客を有しており、この広大な顧客基盤をみずほ証券も共有している。

こうした強固な顧客基盤は、同社の信頼度を高める大きな要因となる。

顧客満足度のさらなる向上に向けて、みずほ証券は様々な取り組みを進めている。

例えば、コンサルティングサービスを受けられるコースでは、専門のアドバイザーによる手厚いサポートを受けられる。

一方、インターネットとコールセンターを中心としたサポートコースもあり、自分のスタイルに合わせて選べるようになっている。

手続きに不慣れな投資初心者にとっては心強い存在になるだろう。

満足度
ランキング
みずほ証券の順位(評価点)
総合ランキング14位(62.6点)
口座開設・特典-(61.5点)
取引手数料-(59.7点)
取引のしやすさ-(64.5点)
分析ツール-(65.4点)
資産管理-(63.7点)
参考:オリコン顧客満足度ランキング「ネット証券」

みずほ証券の良い評判の例

ここでは、みずほ証券の良い評判を見てみよう。

”銀行との連携性に魅力を感じました。パソコンで手続きを行うことが多いのですが、サイトが見やすくユーザーインターフェースが快適でスムーズに資産運用をすることが出来るので満足しています。セキュリティレベルも高いので安心感があります。”

”商品選びにおいて何が必要か、利子がどのくらいつくか、商品を選ぶうえでのリスクなど説明が豊富なので、初心者の人でも安心して利用する事が出来ます。”

出典:みん評「みずほ証券の口コミ・評判」

みずほ証券の良い評判として、まず挙げられるのが銀行との連携の強さだ。

みずほフィナンシャルグループの一員として、みずほ銀行とのシームレスな連携を実現している点が、多くの利用者から好評を博している。

また、オンラインでの取引環境の良さも高く評価されている。

ユーザーインターフェースが見やすく、操作性に優れている。

そのため、ストレスなくスムーズに取引ができるのだ。

セキュリティ面での安心感も、利用者の満足度を高める要因となっている。

初心者の利用者からは、商品選択のサポートが充実している点が支持されている。

投資に必要な知識やリスクについての説明が丁寧でわかりやすい。

そのため、投資経験の浅い人でも安心して利用できると好評だ。

このように、みずほ証券の良い評判からは、利便性の高さと手厚いサポート体制が見えてくる。

銀行との連携による使いやすさ、オンライン取引の快適さ、初心者へのきめ細かなサポートなど、利用者のニーズに合わせたサービスが提供されているのだ。

みずほ証券の悪い評判の例

みずほ証券には、残念ながら悪い評判も存在する。

その多くは、投資アドバイスの質や担当者の対応に関するものだ。

”海外投資信託を1千万円預けて、その後、追加で5百万の投資信託を同じものを買増すか、他にするかで推奨された新興国に5百万を預けたら、翌日から一気に2百万以上下がった。自己責任とは言え翌日からその下落には何らかのアドバイスが無いものかと困惑した。”

”普段は必要以上に売買のセールスをしてくるのに、いざ売りたいと言うと曖昧な規定などを挙げ売らせたく無いのが明らか 担当者も頻繁に変わるし信用性無しおそらく担当者の当たりが悪かったのか支店に何かあるのかと思われます”

出典:みん評「みずほ証券の口コミ・評判」

ある利用者は、海外投資信託への追加投資を担当者に勧められ、新興国の投資信託に資金を振り向けたところ、わずか1日で200万円以上の評価損が発生したというショッキングな体験を語っている。

もちろん投資はリスクを伴うものだが、タイミングを見誤ったアドバイスには釈然としない思いがあるようだ。

また、普段は売買を煽るような営業スタイルでありながら、いざ顧客が売却を希望すると曖昧な規定を理由に渋るケースもあるという。

顧客のニーズよりも自社の利益を優先しているのではないかという疑念を抱かせる対応だ。

担当者の頻繁な交代も、一部の利用者から不満の声が上がっている。

ただし、こうした悪評は担当者個人の資質や支店特有の問題に起因している可能性もある。

みずほ証券全体のサービス品質を表しているとは限らないのだ。

とはいえ、投資アドバイスの精度や担当者の対応品質のばらつきは、利用者の満足度を大きく左右する要因である。

特徴と評判から見たみずほ証券に向いている投資家とは

みずほ証券はどんな投資家におすすめなのか わたしのIFA

みずほ証券の特徴や評判を理解したところで、次に気になるのは「自分に合った証券会社なのか」という点だろう。

ここでは、みずほ証券の利用を検討する上で欠かせないメリットとデメリットを解説する。

これらの情報を比較し、みずほ証券が自身に最適なのかを判断してほしい。

みずほ証券のメリット

みずほ証券の最大のメリットは、大手証券会社ならではの手厚いサポート体制と充実した投資情報の提供だ。

長年の実績とノウハウに基づく質の高いサービスは、投資家にとって大きな魅力といえる。

投資の方針から商品選択、売買のタイミングまで、専門スタッフからのアドバイスを受けられるため、初心者でも安心して資産運用に取り組めるのだ。

また、みずほ証券は多彩な情報ツールを用意している。

例えば、定期刊行物「Global Market Digest+」「マーケット・フォーカス」では、国内外の経済動向や注目銘柄の分析など、役立つ情報が満載だ。

専用アプリ「みずほ証券株アプリ」では、リアルタイムの株価や指数、ニュースをいつでもチェックできる。

さらに、みずほフィナンシャルグループの一員として、グループ会社との連携も強みの一つだ。

銀行や信託銀行、投資運用会社などとの協働により、他社には真似できない付加価値の高いサービスを提供している。

こうした手厚いサポートと充実した情報提供は、投資判断の精度を高め、リスクを軽減する助けとなる。

株式投資や資産運用に不慣れな人でも、安心して一歩を踏み出せるはずだ。

みずほ証券のデメリット

みずほ証券の最大のデメリットは、ネット証券と比べた時の手数料の高さだ。

同社の手数料体系は業界の中でも高い部類に入る。投資頻度が低い人にとっては割高感が否めない。

例えば、100万円以下の約定では1.155%(税込)の手数料がかかる。

少額投資には不向きといえるだろう。

特に、投資初心者や投資頻度の低い人にとっては、手数料の負担が重荷になりやすい。

せっかく利益が出ても、手数料で大部分を持っていかれてしまうことも珍しくない。

この点は、みずほ証券を利用する上で十分に考慮すべき事項だ。

自身の投資スタイルに合わせて、手数料体系が割高になりすぎないかしっかりと確認する必要がある。

ただし、手数料の高さはサービスの質の裏返しでもある。

みずほ証券の手厚いサポートや充実した投資情報は、高い手数料によって支えられているともいえる。

したがって、みずほ証券のデメリットを考える際は、単に手数料の高さだけに目を向けるのではなく、それに見合ったサービスを受けられるかどうかを見極めることが重要だ。

みずほ証券はどんな投資家に向いているのか

みずほ証券は、中長期での資産形成を目指す人や、手厚いサポートを必要とする人に最適な証券会社だ。

同社の質の高い情報提供と充実したサポート体制は、長期的な視点で投資に取り組む人にとって心強い味方となる。

株式や投資信託など、様々な商品の特徴やリスクについて丁寧に説明してくれるため、投資初心者でも安心して資産運用を始められるのだ。

すでに一定の資産を持つ人にとっても、みずほ証券の専門性の高いアドバイスは魅力的だ。

市場動向や税制の変化など、様々な角度から資産運用の方針を検討してくれるため、より効率的なポートフォリオの構築が期待できる。

このように、みずほ証券は、投資家のライフステージやニーズに合わせたきめ細やかなサービスを提供している。

中長期的な資産形成を目指す人にとって、同社は頼れるパートナーとなってくれるはずだ。

ただし、みずほ証券の手数料体系は割高な部類に入る。投資頻度が低い人にとっては、コストが気になるところだろう。

自身の投資スタイルとみずほ証券のサービスが合っているかどうかを見極めることが大切だ。

資産運用の相談先にはどんな選択肢がある?

資産運用の相談先にはどんな選択肢がある? わたしのIFA

資産運用の相談先を選ぶ際、多くの人は真っ先に大手証券会社を思い浮かべるだろう。

しかし、近年の大手証券会社には、投資家にとって不利な変化が起きている。

ここでは、大手証券会社の最近の傾向とそのデメリットについて解説する。

そして、資産運用における専門家の重要性に触れていく。

IFAという新たな選択肢を提案し、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法も合わせて紹介する。

自分に最適な資産運用の相談先を見つけることは、金融リテラシーの第一歩だ。

ぜひ、自身のニーズに合ったパートナーを探してほしい。

近年の大手証券の傾向とデメリット

近年の大手証券会社は、富裕層ビジネスへの特化と営業店の統廃合を進めている。

この背景には、効率化を重視する経営方針がある。

富裕層は資産規模が大きく、手数料収入も見込めるため、大手証券会社にとって魅力的な顧客層だ。

その一方で、一般の個人投資家へのサービスは縮小傾向にある。

この変化は、投資家にとって不利益となる可能性がある。

支店の統合・廃止により、身近な相談先が減少しているのだ。

投資の疑問や不安を気軽に相談できる環境が失われつつある。

また、担当者の転勤なども起こりやすくなっている。

せっかく信頼関係を築いた担当者が突然変更になれば、投資家は不安を感じずにはいられない。

こうした大手証券会社の変化は、投資家にとって憂慮すべき事態。

自分に合ったサービスを受けられる保証がなくなりつつあるのだ。

特に、投資初心者や資産規模の小さい個人投資家にとっては、大手証券会社の敷居がますます高くなっている。

したがって、大手証券会社に頼るだけでなく、自分に最適な資産運用の相談先を探すことが重要になってくる。

専門的なアドバイスを提供してくれる相談先を見つけることが、賢明な投資家の選択といえるだろう。

資産運用における専門家の重要性

資産運用において、専門家の存在は欠かせない。

なぜなら、自分に合った運用アドバイスを得ることが、長期的な資産形成には欠かせないからだ。

人生には様々なステージがある。

結婚、出産、子育て、住宅購入、退職など、ライフイベントはそれぞれの段階で異なる。

そして、それに伴って資産運用の目的や方法も変化していく。

つまり、ベストな運用法は人によって異なり、同じ人でもライフステージによって変わるのだ。

例えば、住宅購入を控えている人は手元に資金を多めに確保しておかなければならない。

そのため、現金比率を高めに設定した安定重視の運用が適していると言える。

一方、子どもの教育費用が落ち着いた時期になると、リスクを取った資産運用も視野に入ってくるだろう。

これらの判断は、専門知識だけでなく、投資家の個人的な事情への理解が必要不可欠だ。

そこで、頼りになるのが資産運用のプロフェッショナルだ。

彼らは、投資家のライフステージやニーズを深く理解し、それに合わせたアドバイスを提供する。

投資の基礎知識から、リスク管理の方法まで、一から丁寧に教えてくれるだろう。

IFAという選択肢、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法

資産運用の相談先として、IFAが注目を集めている。

IFAは、特定の金融機関に所属しない中立的な立場から、顧客本位の視点でアドバイスを提供するのが特徴だ。

銀行や証券会社の専門家とは異なり、IFAは金融商品の販売ノルマに縛られない。

そのため、顧客のニーズに合わせた最適な提案が可能となる。

投資家にとって、IFAは頼れるパートナーといえるだろう。

ただし、IFAを選ぶ際は慎重になる必要がある。

自分に合ったIFAを見つけるのは簡単ではないからだ。

そこで、便利なのがIFA検索サービス「わたしのIFA」だ。

「わたしのIFA」では、投資家の投資方針やライフスタイルなどを基に、条件に合うIFAを紹介する。

IFAの経歴や専門分野、提供サービスの情報も確認できるため、自分に最適なパートナーを見つけやすい。

投資の悩みを共有し、最適なアドバイスを得ることで、資産運用の成功確率が高まるはずだ。

中立的な立場から、自分に寄り添ったアドバイスを提供してくれるIFAは、資産運用における心強い味方となってくれるだろう。

初心者から上級者まで高評価なみずほ証券で資産運用を始めよう

まとめ わたしのIFA

本記事では、大手証券会社の一つであるみずほ証券の特徴と評判を詳しく解説した。

みずほ証券は、質の高い投資情報の提供や、専門性の高い投資アドバイスなどが特徴であり、投資初心者から上級者まで幅広い層に支持されている。

一方で、手数料の高さに不満の声があることも忘れてはいけない。

こうした特徴を踏まえると、みずほ証券は中長期的な資産形成を目指す人や、手厚いサポートを求める人に最適だと言える。

ただし、投資頻度が低い人にとっては、手数料負担が重荷になる。

こうした状況を踏まえ、IFAという新たな選択肢を提案した。

IFAは特定の金融機関に属さないため、中立的な立場から顧客本位のアドバイスができる。

自分に合ったIFAを見つけることが、資産運用の成功につながるはずだ。

IFA選びには、「わたしのIFA」というIFA検索サービスの利用をおすすめする。

投資方針やライフスタイルに合わせて最適なIFAを紹介してくれるため、効率的にパートナーを見つけられるのだ。

自分に寄り添ってくれる頼れるパートナーを見つけることが、資産運用の第一歩となる。

みずほ証券の評判に関するQ&A

みずほ証券で運用するメリットは何ですか?

みずほ証券で運用するメリットは、大手証券会社ならではの質の高い投資情報の提供と、専門性の高い投資アドバイスが受けられることだ。

また、手厚いサポート体制も大きな強みである。

みずほ証券で投資家に人気のサービスはありますか?

投資家に人気のサービスとしては、定期刊行物「Global Market Digest+」「マーケット・フォーカス」や、専用アプリ「みずほ証券株アプリ」などが挙げられる。

これらのツールを活用することで、最新の市場動向や注目銘柄の情報を手軽に入手できるのだ。

他の大手証券会社とみずほ証券の違いはどこにありますか?

他の大手証券会社とみずほ証券の大きな違いは、みずほフィナンシャルグループの一員としての強みだ。

グループ内の銀行や信託銀行、投資運用会社などとの連携により、他社にはない付加価値の高いサービスを提供している点が特徴的である。

運用相談先としてみずほ証券をはじめとした大手証券が向いているのはどんな人ですか?

運用相談先として大手証券がおすすめなのは、中長期的な資産形成を目指す人や、手厚いサポートを必要とする人だ。

ただし、投資頻度が低い人にとっては、大手証券の高い手数料が負担になる可能性がある。自身の投資スタイルに合わせて、慎重に選ぶことが大切だ。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次