MENU

楽天銀行のカードローンで100万円借りる場合の金利は?借りられる条件・返済方法も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は年会費無料で、金利は年1.9%から14.5%の範囲で借入が可能である。

また、楽天会員のランクによっては、審査が優遇される特典もある。※一部例外あり

定期的にキャンペーンが行われ、条件を満たせば金利優遇や楽天ポイントが提供される。

これにより、利用者はよりお得に借入できるようになっているのだ。

では、楽天銀行のカードローンで100万円を借入した場合にどのくらいの金利が適用になるのだろうか。

本記事では、楽天銀行のカードローンで100万円借りる場合の金利について、借りられる条件・返済方法も紹介する。

これから楽天銀行カードローンを申込しようと考えている方や100万円借入した場合の金利が気になる方はぜひ参考にして欲しい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で100万円借りる場合の金利は?

楽天銀行カードローンで100万円を借りる場合、金利がどれくらいになるかは気になるところである。

金利を抑えながら借入できれば、借入利息も抑えられるからである。

カードローンの適用金利は各金融機関によって異なるため、借入申込をする際は事前に確認することが重要である。

では、楽天銀行カードローンで100万円を借りる場合の金利について詳しくみていこう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の金利は年1.9%~14.5%の範囲

楽天銀行カードローンでは金利が年1.9%〜14.5%の範囲で適用される。

金利は利用上限額に応じて、下記の金利表から審査にて決まるのだ。

利用上限額適用金利
10万円以上
100万円未満
年14.5%
100万円以上
200万円未満
年6.6%〜14.5%
200万円以上
300万円未満 
年3.9%〜14.5%
300万円以上
350万円未満
年2.9%〜12.5%
350万円以上
500万円未満
年2.9%〜8.9%
500万円以上
600万円未満
年2.5%〜7.8%
600万円以上
800万円未満
年2.0%〜7.8%
800万円年1.9%〜4.5%

例えば利用上限額が250万円の場合、適用される金利は年3.9%〜14.5%になる。

また、利用上限額が上がるほど、低金利で借入できる。

利用上限額は借入申込時に希望した金額をもとに審査され、審査回答で通知された利用上限額までの金額が借入できる

ただし、審査によっては希望した利用希望額よりも減額で回答されることもある

思ったよりも借入できないケースもあることを肝に銘じておこう。

審査の結果によって金利が決まる

楽天銀行カードローンの審査では借入を承諾した場合の金利や利用上限額についても検討される。

そのため、審査の結果で適用される金利が分かるのだ。

審査では申込書に記載されている本人属性・年収・勤続年数などの裏付けを取り、決定する。

適用金利に影響する利用上限額は年収に対する割合によって決定されるため、年収からある程度推測することが可能だ。

なぜならカードローンは、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1以下でなければならないからだ。

例えば年収300万円であれば、利用上限額は100万円までは審査で通る可能性があると言える。

楽天銀行カードローンは銀行系のカードローンに当てはまり総量規制の対象外となる。

よって、銀行内の審査基準によって利用上限額が決められる。

利用上限額が決まると適用される金利がある程度分かる。

つまり、100万円借りた際の利息はあらかじめシミュレーションすることが可能なのだ。

100万円借りた場合の金利

楽天銀行カードローンで100万円借りた場合、仮に利用上限額が100万円であれば適用される金利は年6.6%〜14.5%である。

適用金利が年14.5%の場合に100万円を30日借入すると下記の計算となり、支払う利息は11,917円となる。

1,000,000円×14.5%×30日÷365日=11,917円

適用される金利が低いほど支払う利息は安くなる。

つまり、利用上限額は最初から100万円で希望するよりも増額して後から100万円にする方が低金利になる可能性が高いのだ。

このように楽天銀行カードローンで100万円借入したい場合は審査によって金利が決まるため、審査が重要になる。

楽天銀行のカードローン金利について詳しくは知りたい方はこちら。

利息制限法の金利の上限

貸金業法では、利息制限法で設定されている上限金利を超えた利息については無効とされる。

万が一、上限金利を超えて利息を得た場合は、行政処分や刑事罰の対象になりうる。

そのため、金融機関では利息制限法による上限金利よりも高い金利は設定していないのだ。

それでは、利息制限法で設定されている上限金利について詳しく見ていこう。

借入金額が10万円未満の場合

借入金額が10万円未満の場合の上限金利は20.0%である。

この上限金利を超えた利息を金融機関が受け取った場合は、刑事罰の対象となる。

楽天銀行カードローンでは上限金利が年14.5%であるため、利息制限法における上限金利に該当しないのである。

比較的上限金利が高い消費者金融のカードローンでも、上限金利を年15.0%〜18.0%に設定している業者が多い。

そのため、、利息制限法の上限金利を超えて利息を支払うことにはならないのだ。

しかし、一部の業者は適用金利を提示せずに利息額だけを明示し、金利で換算した際に上限金利を超過しているケースもある。

そのため、借り手は適用金利の確認が必要となる。

借入金額が10~100万円未満の場合

借入金額が10〜100万円未満の場合は、上限金利が18.0%である。

楽天銀行カードローンでは年14.5%の金利が設定されているため、該当しない。

金融機関は借入金額が10〜100万円未満の場合に、18.0%超〜20.0%の金利で利息を受け取った場合は行政処分の対象となる。

また、20%を超えた金利の利息を受け取った場合は刑事罰の対象となるのだ。

行政処分の場合、一定期間の貸金業の営業停止や貸金業登録の取り消しとなる。

そのため、借入する際は、利息制限法を超過しない金利が設定されているので安心して借入ができるのだ。

借入金額が100万円以上の場合

借入金額が100万円以上の場合は上限金利が15.0%である。

楽天銀行カードローンでは年6.6%〜14.5%の金利が設定されている。

借入金額が10〜100万円未満の場合と同様に15.0%超〜20.0%の金利で利息を受け取った場合は行政処分の対象となる。

また、20.0%を超えた金利の利息を受け取った場合は刑事罰の対象となる。

20.0%以上の金利が適用されることはない

利息制限法では20.0%以上の金利が適用されることはない

借入金額ごとの上限金利については前述しているが、遅延損害金についても20.0%を超える金利は適用されない。

また、カードローンを借入する際に保証料を支払う場合は保証料も利息と合算して金利が計算される。

よって、その分の借入利息が抑えられる可能性が高くなる。

楽天銀行カードローンでは保証料は借入利息に含まれているため、別途支払う必要がないのだ。

このように、利息制限法によって過剰に利息を支払うことがないよう借り手は保護されている。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で100万円借りられる条件は?

楽天銀行カードローンで100万円を借入するためには、まず借入申込をして審査に通過しなくてはならない。

審査では、カードローンの借りられる条件に適合しているかが確認される。

条件に合致し、審査に合格できれば、100万円を借りることができる。

ここからは、楽天銀行カードローンを借りられる条件について1つずつ詳しくみていこう。

相応の年収が見込める

楽天銀行カードローンでは、毎月安定した定期収入がある方を融資対象としている。

そのため、アルバイトやパートの方でも、定期的な収入があれば借入が可能だ。

申込時年齢は満20歳以上満62歳以下と定められている。

つまり、勤労収入によって借入に対し安定して返済できることが求められているのだ。

楽天銀行カードローンでは専業主婦の方でも申込でき、生計をともにしている配偶者などの収入があれば申込可能である。

信用情報に問題がない

楽天銀行カードローンの審査では、信用情報について問題がないか調査される。

信用情報とは過去の借入に対する返済の状況であり、その際の返済が問題なく行われていたかどうかが確認される。

過去の借入で返済が滞ったことにより延滞や代位弁済を起こしていたり、自己破産していたりすると返済能力に問題があるとされる。

こうなると、審査に通過できない可能性が高い。

信用情報は永久に残るわけではなく、一定期間(5〜10年程度)を過ぎると消滅する。

信用情報に問題がある場合は、5年ほど経過してから再度申込してみることをおすすめしたい。

収入証明書を提出できる

楽天銀行カードローンでは、100万円を借入申込する時には収入証明書の提出が必要だ。

収入証明書により、安定した収入が間違いなくあるか否かを確認する。

収入証明書としては、会社で勤務している場合は源泉徴収票、個人事業主であれば課税証明書が該当する。

他にも確定申告書・給与明細書・賞与明細書などが当てはまる。

楽天銀行カードローンで100万円の借入を申込する場合は収入証明書をあらかじめ準備しておこう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)は楽天会員ランクに応じて審査が優遇される

楽天銀行カードローンでは、楽天会員ランクに応じて審査が優遇される。

楽天会員ランクとは、楽天会員がポイントを貯めることでランクが決まる制度のことを指す。

楽天銀行カードローン申込の際に返済用口座を楽天銀行で開設すると、その時点でランクアップするのだ。

カードローンの審査によっては利用上限額や適用金利が変動する。

少しでも優遇されるとよりお得に借入できる可能性が高くなる

ただし、すべての楽天会員が審査で優遇されるわけではないため、注意が必要である。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)に無利息期間はある?

楽天銀行カードローンでは無利息期間を設定していない

無利息期間とは一定の期間内で借入した場合に通常発生する借入利息を無料にするサービスのことだ。

無利息期間を設定しているカードローンは比較的金利が高い消費者金融で多くみられ、銀行系カードローンではあまり見られない。

無利息期間を設定していると初めてカードローンを借入する方にとっては、気軽に利用できる機会となる。

しかし、無利息期間の開始時期が業者によって異なるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめしたい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で100万円借りた場合の返済額は?

楽天銀行カードローンで100万円を借りた場合、翌月から返済が始まる。

そのため、返済プランを事前に考えておくことが重要だ。

楽天銀行カードローンでは残高スライドリボルビング返済方式が採用されている。

そのため、借入残高によって返済額が変動する点に注意が必要だ。

楽天銀行カードローンで100万円を借りた場合の返済について詳しくみていこう。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の最低返済額

楽天銀行カードローンの最低返済額は2,000円である。

低額の返済額なので、毎月無理なく返済できると言える。

楽天銀行カードローンは借入残高によって約定返済額は異なり、借入残高が100,000円未満の場合は約定金額が2,000円となる。

ただし、最低返済額で返済を続けると返済年数が長くなり、その分借入利息を多く支払うことになる。

そのため、収入から無理のない範囲で返済額を上げた方が早期完済と借入利息の節約につながるのだ。

返済金額は借入残高に応じて段階的に変動していく

楽天銀行カードローンの返済金額は、借入残高に応じて変動する残高スライドリボルビング返済方式を採用している。

100万円を借入した場合は初回の約定金額が15,000円となるが、借入残高が50万円以下になると10,000円、30万円以下になると5,000円である。

ただし、返済途中で追加で借入を行い、借入残高が増加した場合は返済額も変動するため、注意が必要だ。

返済期間を決めている場合は借入する前に毎月の返済額や返済総額をシミュレーションしておこう。

そうすれば、計画的に返済を進められるはずだ。

返済シミュレーションを活用すると返済額や返済期間が分かりやすい

返済計画を立てていくにあたっては、返済シミュレーションを活用すると返済額や返済期間が分かりやすい。

返済シミュレーションは楽天銀行webサイトやアプリから無料で行うことが可能だ。

利用限度額・借入希望額・返済日を入力するだけで試算可能であり、利用するのは非常に簡単である。

借入金額が100万円の場合は短期間で返済しようとすると毎月の返済額が大きくなりやすい。

返済期間によっては毎月の返済額が増減する。

毎月無理なく返済できる金額をあらかじめ試算しておくと、計画的に返済が進められるだろう。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)の返済について

楽天銀行カードローンの返済は、返済用口座から自動的に引き落とされる。

毎月の返済日は1日、12日、20日、27日の中から選択可能だ。

また、随時返済方法は多様であるため、自らの都合に合わせた返済方法を選べる。

返済日は給料など定期的に入る収入に合わせて設定することで返済漏れや延滞を防げる。

では、楽天銀行カードローンの返済について詳しくみていこう。

給料日に合わせて毎月の返済日が選べる

楽天銀行カードローンは毎月の返済日を1日・12日・20日・27日から都合に合わせて選択ができる。

そのため、給料日などの収入が入るタイミングに合わせると無理なく返済できる。

例えば毎月25日に給料が入金になる場合は、その直後である27日に返済日を設定するとゆとりのある資金繰りで返済できる。

ただし、毎月27日を返済日として選択できるのは返済用口座を楽天銀行に指定した場合のみであるため、注意が必要だ。

他の返済日は他金融機関の普通預金口座でも指定可能である。

毎月の決まった返済は口座振替のみ

楽天銀行カードローンの返済で毎月の約定返済は、口座振替のみに限られている。

口座振替による返済は返済漏れを防ぐことが可能で、延滞させない方法でもある。

口座振替は返済用口座に返済資金を入金しておくだけで、返済日になると自動的に返済資金が引き落とされ、返済に充てられる。

借り手によりATMでの入金やインターネットバンキングを利用した返済方法を取り入れている金融機関もある。

ただ、借り手が返済手続きを失念してしまうと返済が遅延してしまうのだ。

楽天銀行カードローンでは大半の金融機関の普通預金口座を返済用口座として設定可能だ。

しかし、一部金融機関は設定が不可となっているため、あらかじめ確認しておきたい。

随時返済は3つの返済方法から選択できる

楽天銀行カードローンは随時返済も可能で、提携ATM・インターネットバンキング・振込の3つから返済方法を選択できる。

提携ATMはローソン銀行・セブン銀行・イーネット銀行といったコンビニATMから、三井住友銀行・みずほ銀行などのメガバンクまで数多い。

一部地方銀行のATMも利用可能だ。ATMによる随時返済を検討している場合は、最寄りのATMで利用できるかどうか確認しよう。

また、楽天銀行スーパーローンのメンバーズデスクから金融機関のインターネットバンキングを活用して随時返済する方法がある。

返済資金が入っている金融機関のインターネットバンキングが利用できれば、原則24時間365日いつでも随時返済できる。

最後に振込による随時返済は、専用の返済口座に振込するだけで返済が完了する。

専用の返済口座については楽天銀行カードセンターへ問い合わせして確認するのだ。

随時返済は早期完済につながるため、手元資金に余裕がある際は適宜行っていくことをおすすめしたい。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で100万円借りた場合の注意点

楽天銀行カードローンで100万円借りた場合は借入額が比較的大きいため、返済計画が重要になってくる。

返済のことをあまり考えずに借入してしまうと、毎月の返済が負担となり、延滞や完済が難しくなる可能性がある。

では、楽天銀行カードローンで100万円を借りた場合の注意点についてそれぞれ確認していく。

無理のない返済計画を立てる

カードローンで100万円を借りた場合は、借入前に返済シミュレーションなどで無理のない返済計画を立てることをおすすめする。

なぜなら、100万円の借入は返済期間によっては毎月の返済額が高額になる可能性があるからだ。

例えば100万円を年14.5%で借入した場合に返済期間が1年であれば毎月の返済額が90,022円となる。

一方、返済期間が5年であれば毎月の返済額が23,528円となる。

このように返済期間によって毎月の返済額の負担が大きく変わる

あらかじめ無理のない返済額を計画しておくことが大切である。

随時返済を利用してなるべく早く完済する

随時返済を適宜利用して、なるべく早く完済すると負担する借入手数料を節約できる。

随時返済は提携ATM・インターネットバンキング・振込にて気軽に行える。

毎月の約定返済だけでは、返済期間が長期化しやすく、その分借入利息も増加する。

随時返済は手元の資金に余裕があるタイミングで、借入金の一部もしくは全額を返済することで早期完済を目指せるのだ。

ただし、手元資金に余裕がないまま、随時返済をしてしまうと、再び借入が必要になる。

あくまでも無理のない範囲で行うことが重要だ。

楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)で100万円借りる場合の金利を知りたいなら

本記事では、楽天銀行カードローンで100万円借りる場合の金利について、借りられる条件・返済方法を紹介した。

楽天銀行カードローンで100万円を借りる場合の金利は年6.6%〜14.5%であり、比較的低金利である。

適用される金利はカードローン申込時の審査によって決定する。

楽天銀行カードローンは定期的に安定した収入があれば、アルバイト・パートでも申込が可能だ。

無利息期間は設定されていないが、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されるなど、独自のサービスも導入されている。※一部例外あり

楽天銀行カードローンでは口座振替による毎月返済が必要だ。

返済日は1日・12日・20日・27日の中から、自分の都合に合わせて自由に選択できる。

早期完済を目指すなら、随時返済も取り入れよう。

楽天銀行カードローンで100万円を借りると、低金利で借入利息を抑えながら、確実に返済を進められる。

不安なく借入したいと考えている方は、ぜひ申込んで欲しい。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次