1. ホーム
  2. 投資信託・ファンド
  3. 【投資信託で資産形成】投資信託の種類と成功への3つのポイントを紹介

【投資信託で資産形成】投資信託の種類と成功への3つのポイントを紹介

この記事で解決できるお悩み
  • 投資信託の基礎知識を身につけたい
  • 投資信託の種類を把握したい
  • 自分に合った運用方法を知りたい

資産形成の一つとして注目されている「投資信託」。

近年では始める方も増えてきたが、いまだ投資信託の概要を理解していないという方も多いのではないだろうか。また投資信託にはさまざま種類があり、それぞれ特性が異なる。

これから投資信託を始める方は基礎的な内容を理解するだけでなく、特性や選び方を理解しないと失敗してしまう。

そこでここでは投資信託の種類と成功への方法を紹介していく。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する
目次

資産形成と投資信託の基本的な関連性とは? 

資産形成と投資信託の基本的な関連性とは?  わたしのIFAコラム

投資信託の仕組みをまだ理解していない方もいるだろう。ここでは投資信託の概要と種類について紹介する。

投資信託とは 

投資信託とは投資家から集めた資金を専門家が株式や債券などへ投資し、得た利益を投資家へ分配する金融商品である。専門家が運用するため投資初心者でも安心して任せることが可能だ。

とはいえ100%利益が得られるわけではなく、場合によっては損失が生まれる可能性もある。

資産形成における投資信託の役割

投資信託は専門家が運用を行うため、他の投資方法と比較するとある程度任せておくことができる。FXや株など、常に為替や株価の変動に対処しなければいけない投資方法と異なり、安定的な利益を生み出せる方法である。

もちろん損失リスクはあるものの、ミドルリスクミドルリターンの投資方法と言えるだろう。「自身で動かす投資」と「専門家に任せる投資」に分けて、他の投資と組み合わせて資産運用する方法もある。

 投資信託の種類とその特性

投資信託には大きく分けて以下の3つの投資先がある。それぞれの特徴について紹介する。

  • 株式投資
    • 株式型ファンドとも呼ばれ、国内だけでなく海外を投資対象としている信託会社も多い。大きな利益が見込める一方、損失リスクも高い特徴がある。
  • 債券
    • 債券型ファンドとも呼ばれ、株式投資同様外国債へ投資する場合もある。株式投資と比べれば損失リスクを抑えることができるがリターンも少ない特徴がある。
  • REIT
    • 日本ではJ-REITとも呼ばれ、投資家から集めた資金を専門家が不動産へ投資する金融商品。不動産から得られた家賃収入や売却利益が投資家へ分配される仕組み。

投資信託の選び方

投資信託の選び方 わたしのIFAコラム

投資信託で運用を成功させるためには、目的やリスク、費用なども考慮して株式投資や債券など適切な投資方法を選択しなければならない。

そのため、ここでは投資信託で成功するための3つのポイントについて紹介する。

 目的とリスク許容度の確認

投資信託で運用を行う際は、運用の目的を設定するとともに、どのくらいの損失までなら許容できるかを把握する必要がある。専門家が運用するとはいえ損失が生じることもある。

あらかじめ許容できる損失額を明確にすることで、仮に損失が生まれたとしても冷静な投資判断ができるだろう。

投資である以上全てのリスクを回避することはできないことを理解したうえで、投資額と許容損失額を決めておくことが大切だ。

信託報酬の比較

投資信託は商品によって手数料が異なるため、事前に確認しておくべきだ。

投資信託は以下の3つの手数料が発生する。

  • 販売手数料・・・購入時にかかる手数料。一般的には購入価格の1%〜3%前後。
  • 信託報酬・・・投資信託を保有している期間中に支払い続ける費用。純資産総額に対し、年0.1%〜2%前後の費用となる。
  • 信託財産留保額・・・売却時にかかる手数料。換金(解約)時の投資信託の基準額に対し、0.2〜0.3%前後が差し引かれる。

 ファンドのパフォーマンスと評価

投資信託を選定する際はファンド自体の運用成果も確認しておくべきだ。ファンドによって運用のスキルや投資先の選定能力が異なるため、自身が得られるリターンも変わってくる可能性が高い。

さらに実績のあるファンドでなければ投資しても不安になってしまうことも考えられる。そのため投資信託する際はファンドの選定は重要なカギとなることを理解しておこう。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

投資信託を比較し賢い選択を可能にする方法

投資信託を比較し賢い選択を可能にする方法 わたしのIFAコラム

投資信託を始める際は各ファンドの比較と投資先の比較を行う必要がある。具体的にどのような点を比較すればよいか分からない方に向けて、ここでは3つのポイントを紹介する。

同種類の投資信託間の比較法 

株式、債券など投資対象が同一の投資信託であっても、商品によってそれぞれ利益率や損失額には違いが生じる。株式投資を行ったとしても銘柄が異なれば株価も異なり、配当金などにも違いがある。例えばAの銘柄の配当利回り5%、Bの銘柄は10%と仮定すると、明らかに後者の方が大きな利益を得られることが分かる。このように、事前に配当利回りや分配利回りなど、投資額に対してどれくらいの金額を受け取ることができるかを比較して投資することが大切だ。

投資信託の運用成績の評価と比較 

投資信託の運用実績を確認しておこう。ファンドによって成功実績は大きく異なるためである。特に初心者の方は、手数料に気を取られてリターンの低いファンドを選んでしまう傾向にある。

手数料が安いことで集客しているファンドも多いため注意してほしい。あくまで投資信託は利益を生み出さなけば意味のない投資である。信用できるファンドを見つけるためにも各社比較してみてほしい。

比較サイトで確認する

ネットで「投資信託 比較」と検索すると、数多くのサイトで売れ筋銘柄の比較ができたり、配当金ごとの比較をすることができる。投資先について調べて比較してみるのも一つの方法だ。

とはいえ決して配当利回りが高い銘柄や信託報酬額が安い銘柄が良いというわけではない。将来的な利益やリスクを踏まえて専門家が投資していることが多いため、比較だけで判断しないようにしよう。

IFAができるあなたの資産形成の最適化

IFAができるあなたの資産形成の最適化 わたしのIFAコラム

IFAは顧客の資産形成を最適化するための独立系ファイナンシャルアドバイザーである。これから投資信託を始める方は、ファンドを見つける前にぜひ相談してみることをおすすめする。

IFAに相談することでどのようなメリットが得られるのか分からない方も多いため、ここではIFAができることを紹介する。

IFAが投資信託選択に与えるメリット 

IFAに投資信託の相談を行うことで、ファンドの選定や投資先の提案などを行ってくれる。投資初心者の場合、正しいファンドであるのかを見極めるのは難しいことも多いだろう。

しかしIFAに相談しておけば専門家からのアドバイスをもらうことができ、投資成功への確率を大きく上げることができるだろう。

IFAによる投資信託の比較分析 

IFAは専門的な知識をもとにした投資信託の比較分析を行い、的確なアドバイスを提供してくれる。投資信託をする際はファンドの運用成果や利益率、投資対象などを比較しなければいけないが、初心者にとってはどこを基準に判断すべきなのか分からない方も多いだろう。

専門家の意見を参考にすればどこを銘柄に投資すべきなのかを理解することができ、自身の投資に取り入れることができるだろう。

将来的に自身で投資判断できるようになるためにも、特に初心者のうちはIFAなどの専門家に相談し、比較分析できるような能力を身に付けるようにしてほしい。

IFAの利用で実現する資産形成の最適化

IFAは投資信託をはじめ、さまざまな投資のポートフォリオの構築を行ってくれるため資産形成が最適化される。投資をするうえではどの投資にいくらの資産を投資するのかを決めなければいけない。

一つの投資だけでは損失が発生した時のリスクが大きいため、分散投資するのが一般的である。しかし投資初心者の方がポートフォリオの構築をするのは非常に難しい。

そのためIFAと相談しながら資産形成を行った方が良いだろう。

まとめ

投資信託は株式や債券、不動産などへの投資を専門家に一任し、分配金や配当金、家賃収入などを得る投資方法である。初心者の方からすれば専門家に一任できるため安心して始めることができると思いがちだが、正しいファンドを見つけなければいけない。

さらに投資先によっても利益や手数料が異なるため、まずは「わたしのIFA」を活用し、IFAに相談しながら始めることをお勧めする。

投資信託で資産形成を始めようと考えている方は、ぜひ以下のボタンから無料相談に申し込んでみてほしい。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次