1. ホーム
  2. 不動産投資
  3. 【30代から始める不動産投資】基礎知識から成功へのステップを解説

【30代から始める不動産投資】基礎知識から成功へのステップを解説

この記事で解決できるお悩み
  • 30代で始める不動産投資にはどれくらいの金額が必要か知りたい
  • 不動産投資を始めるにあたり、具体的な手順を理解したい
  • 不動産投資に成功するための戦略が分からない

20代を過ぎて収入や預貯金等の資産も増加したことで、不動産投資に興味を持つ人も多いのではないだろうか。一方で多額の資金が必要なのか、銀行からの借入れは可能なのか等、疑問や不安に感じる部分もあるだろう。

今回は30代から不動産投資を始めるにあたって、事前に必ず確認しておきたい知識や注意点を解説する。ぜひあなたの運用戦略の参考にしてみてほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する
目次

初心者でも始められる不動産投資の基礎知識

初心者でも始められる不動産投資の基礎知識 わたしのIFAコラム

まずは不動産投資の基礎知識を確認しておこう。初心者には敷居が高いと考えられがちだが、果たして本当にそうなのだろうか。

メリットやデメリットも紹介するので参考にしてみてほしい。

不動産投資とは何か

不動産投資とは、マンションや戸建て等の物件を購入し、賃貸や売却などを行って収益を上げる運用手法である。安定したキャッシュフローの確保や資産価値の増大だけでなく、場合によっては税制優遇措置も受けられるのが大きな強みだ。

たとえば不動産所得も原則損益通算の対象となるため、不動産投資による収支が赤字となった場合は事業所得や給与所得等から赤字分を相殺することが可能となる。

課税所得が圧縮されると所得税や住民税の軽減効果が期待できる。

30代が不動産投資を始めるための具体的な条件

30代が不動産投資を始めるには自身の置かれた環境を整理する必要がある。というのも30代は結婚や子育てが始まるケースも少なくないからだ。結婚や子育てが始まると独身時代に比べて、生活環境や資産運用に対する考え方や対策等も大きく変化する。

不動産投資を始める際は必要資金の確保やリスク許容度、将来の目標について明確にしよう。20代のときに構築した場合も、状況や考え方に変化がないか見直しを行うことをおすすめする。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資には下記のようなメリットとデメリットがある。

メリット
  • 安定したキャッシュフローを確保しやすい
    • 退去等のリスクが発生しない限り賃料収入によってキャッシュフローの安定化を図ることができる。
  • 資産価値の増大
    • 長期的に不動産価格が上昇すると、将来物件を売却する際の利益増大も期待できる。
デメリット
  • キャッシュフローの悪化リスク
    • 退去や空室が発生すると賃料収入が途絶える。物件の維持管理にはコストがかかるため、収益が減少すると資金繰りが悪化する可能性がある。
  • ・初期費用がかかる
    • 株式や債券等の投資に比べると多額の初期費用がかかる。銀行等から借入れを行うと、月々の返済義務が発生する。

30代から始める不動産投資

30代から始める不動産投資 わたしのIFAコラム

ここからは30代が今から不動産投資を始めるにあたって確認や注意しておきたい内容を解説する。初期費用やローン等は資金繰りを行う際に無視できない部分でもあるので要注意だ。

一般的な不動産投資の初期費用とは

一般的には下記のような初期費用が必要となる。

物件購入費用

投資を行うための物件を購入する必要があり、初期費用の中でも大きな割合を占める。必要な購入費用は物件の種類や立地、規模等によって変化する。

物件取得費用

物件の登記手続きや仲介手数料などが発生する。

維持管理費用

リノベーション等を行い、購入した物件を改修する場合は、それらにかかる費用も初期費用に含まれる。

上記以外にもさまざまな費用が発生することもあるので、トラブル防止のためにも物件購入前に必ず詳細を確認しよう。

金利とローンの関係性を理解する

不動産投資を行う際は、資金調達のために金融機関から借入れを行うのが一般的だ。月々の返済計画を立てるためにも金利やローンの関係を理解することが重要である。

ローンには借入時から金利が変わらない固定金利と、経済状況等に合わせて定期的に見直しが行われる変動金利の2種類がある。

ローン金利は一律で決められているわけではなく、借主の信用、物件、提携の有無によって変わる。

収入や勤務先、勤続年数、預貯金等の有無や規模、負債の有無、物件価値や期待される収益力などを総合的に分析して判断される。たとえば公務員や大手企業勤務で、勤続年数10年以上といった場合は信用力も高く、審査通過しやすく金利も抑えられる傾向にある。

借主の信用や物件価値以外では、不動産会社が提携している金融機関を選択すると金利を抑えてくれることもある。

少ない投資金額から始める方法とは

不動産投資は数千万円以上の規模で借入れを行わなければできないといったイメージがあるかもしれないが、少額からでも始められる方法もある。

代表的な方法は不動産投資信託(REIT)と呼ばれるもので、複数の物件を保有するファンドに出資することで、不動産投資に関わることができる。

他にも複数人で共同出資して、1つの物件を購入して運用する方法もあるが、トラブルが発生すると物件の売却等が簡単にできない等のリスクが発生するおそれがあるのでおすすめできない。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

不動産投資を成功させるための戦略

不動産投資を成功させるための戦略 わたしのIFAコラム

不動産投資を成功させるためには自身に合った戦略構築が欠かせない。儲かりそうだからといった漠然とした理由で始めると、一方的に資産が減少する可能性が高い。

不動産投資をしないほうが良かったと後悔しないためにも、資金計画や物件選びのポイントについて確認しよう。

資金計画の立案

自己資金や借入れの活用、将来のキャッシュフロー予測などを考慮し、投資可能な資金規模や投資目標を明確にする必要がある。

マーケット分析と物件選びのポイント

不動産投資の失敗リスクを極力回避するためにも、市場分析や物件選定は非常に重要だ。

まずは空室リスクを少なくするために、都心の駅前など立地を厳選して、需要があり供給量が少ないと思われる地域の物件を中心に検討するのもおすすめだ。

需要と供給の関係を見極めることができれば、賃料収入の安定や将来の物件価格の上昇も期待できる。

物件そのものが古いものであっても、リノベーション等の改修によって付加価値を生み出せる場合は、一時的に支出が増えても将来的に回収できる可能性がある。

利益を最大化するための運用方法

不動産投資による利益の最大化を狙うためにも、適切な運用や管理が欠かせない。主な収入源は賃料収入となるが、相場や物件価値に基づいて適切な賃料を設定する必要がある。また、見合わない価格設定を行うと空室リスクを高めることもある。

過度な値下げは、短期的には増収に繋がる可能性があるが、物件価値を下げるだけでなく将来的に賃料滞納等のリスクが発生する可能性もあるので要注意だ。

定期的に物件のメンテナンスも必要である。共用部分も含めて状態が良好な物件は入居者の満足度を高め、退去や空室リスクの軽減にも繋がる。

30代での不動産投資成功に必要なサポートとは

30代での不動産投資成功に必要なサポートとは わたしのIFAコラム

不動産投資で成功を目指すためには、どのようなサポートが必要なのだろうか。自分自身が学び続けることはもちろん重要である一方、専門家の力を借りてリスク対策を行う必要もある。

成功に向けた不動産投資の学び方

不動産投資は仕組みが複雑で、専門知識や情報の習得が欠かせない。書籍や動画教材等を通じて基礎的な知識や成功事例を学ぶこともできるので、まずはここから始めてみるのも良いだろう。

ただしインターネットを中心に情報は玉石混交であるため、大量の情報の中から適切な情報を見分けるのは簡単ではない。

そのため、失敗や詐欺リスクを軽減するためにも、実際に経験して成功している人や金融業界の専門家から直接学ぶ機会を作ることも重要である。

IFAによるアドバイスの重要性

自分自身に適した情報を見極め、運用手法を確立するためにも不動産投資や金融業界、市場動向等に詳しい専門家の力を活用することは重要である。

独立系の金融アドバイザーであるIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)もその一人だ。IFAからアドバイスを受けることで、不動産投資を含む総合的な投資戦略の策定や資産管理を行うことができる。

特定の金融機関に所属しないため、顧客に寄り添った運用アドバイスやサポートの提供ができるのも大きな強みだ。

IFAと始める不動産投資

IFAは顧客の投資目標やリスク許容度に合わせて最適なプランを作成してくれる。不動産投資は運用資金も大きくなる傾向があるため、少額から始められる通常の投資信託の場合よりも慎重に検討しなければならない機会も多い。

30代は結婚や転職等で自身を取り巻く環境が大きく変化するパターンも少なくない。IFAの専門知識や経験を活用し、不動産投資に関するさまざまなリスク対策を行って、収益向上を目指そう。

ただ、投資家の投資経験や投資意向によって、最適なIFAの選択肢も異なる。自身の条件にあったIFAを見つけるには、「わたしのIFA」などの検索プラットフォームの活用もおすすめである。

無料相談もできるので、長期的な資産形成のパートナーとなる、信頼できるIFAが見つかるはずだ。

まとめ

まとめ わたしのIFAコラム

今回は30代から始める不動産投資に必要な基礎知識、初期費用、成功に向けた戦略、そして必要なサポートについて解説した。

不動産投資は株式や債券等とは異なった特徴を持っていることもあり、未経験者が自分1人ですべて知識の習得や事前準備を行うのは非常に困難だ。そのため資産管理の専門家であるIFAに相談して、自分のライフスタイルや目的に適した不動産投資の方法を模索することが重要である。

「わたしのIFA」では自分自身のライフステージや価値観に合ったプロを探すことができる。現在、以下のボタンから無料相談に申し込むことができるので、まずはプロとともに不動産投資を始めよう。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次