1. ホーム
  2. ネット証券
  3. マネックス証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

マネックス証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

この記事で解決できるお悩み
  • マネックス証券のサービスにどのような特徴があるのか知りたい
  • マネックス証券の評判が知りたい
  • 運用相談をどこにするべきかわからない

近年、ネット証券の利用者が増加する中、マネックス証券は投資家から高い支持を集めている。

手数料の安さや使いやすい取引ツール、充実した投資情報など、マネックス証券の魅力は多岐にわたる。

しかし、実際のサービス内容や評判を詳しく知らない人も多いのではないだろうか。

「本当に自分に合ったサービスなのか」「信頼できる証券会社なのか」と、不安を感じる人もいるかもしれない。

本記事では、マネックス証券の特徴や評判を徹底的に解説する。

また、投資初心者にとって重要な、資産運用の相談先選びについても触れていく。

マネックス証券の魅力を知り、自分に合った資産運用の方法を見つけるための一助として、ぜひ本記事を活用してほしい。

目次

マネックス証券のサービス内容

マネックス証券は、ネット証券会社の中でも老舗の一つであり、豊富な投資商品と高品質なサービスを提供している。

まず、同社の会社概要を見ていくと、1999年の設立以来、個人投資家のニーズに応えるべく、様々な取り組みを行ってきたことがわかる。

次に、マネックス証券が提供するサービスについて詳しく見ていこう。

国内株式や外国株式、投資信託、FXなど、幅広い金融商品を取り扱っており、初心者からベテランまで、多様な投資家のニーズに対応できる体制が整っている。

さらに、同社の特徴として、ネット証券の中でも差別化できるポイントがいくつかある。

手数料の安さや使いやすい取引ツール、充実した投資情報などは、マネックス証券が投資家から選ばれる理由の一部であろう。

それでは、これらの点について、より詳細に見ていくことにしよう。

マネックス証券の会社概要

マネックス証券株式会社は、1999年に設立された総合金融機関である。

本社は東京都港区に位置し、資本金は13,195百万円に上る。

同社は国内にとどまらず、米国、中国(含む香港)などグローバルに事業を展開しており、これまでに259万口座を獲得。

預かり資産額は8.3兆円を超える規模に成長した。

マネックス証券の強みは、最先端の技術を駆使した革新的な金融サービスにある。

「未来の金融を創造する」という企業理念のもと、常にお客様のニーズを捉え、それに応えるサービスの提供を目指している。

社員数は380名を超え、平均年齢は41.5歳と、比較的若い組織ながらも高い専門性を持ったプロフェッショナル集団である。

マネックス証券は、これからも最先端の技術と革新的なアイデアで、金融業界をリードしていくことが期待されている。

マネックス証券の会社概要

本社〒107-6025東京都港区赤坂1丁目12番32号
設立1999年5月
資本金131億円
事業内容金融商品取引業
参考:マネックス証券「会社概要」

マネックス証券が提供するサービス

マネックス証券は、投資初心者でも利用しやすい、様々なサービスを提供しているネット証券会社である。

投資信託は、1,700本以上の豊富なラインナップを誇る。

投資信託は、プロの運用者が投資家から集めた資金をまとめて運用するため、投資の知識が少ない人でも始めやすい。

マネックス証券では、投資信託の仕組みや魅力、始め方なども丁寧に説明している。

さらに、少額からの積立投資も可能だ。NISA「つみたて投資枠」を利用すれば、原則100円から投資信託の積立を始められる。

金融庁が定めた「つみたて投資枠」対象商品282本のうち、219本(2024年4月時点)を取り扱っているのも魅力の一つだろう。

またFXでは、「FX PLUS」というサービスを用意している。最小取引単位が1,000通貨と少額から始められる。

加えて、取引コストの安さも見逃せない。

FXの取引手数料は無料で、米ドル/円のスプレッドも原則固定0.2銭と低水準だ。

デモ口座も用意されているため、初心者でも安心して取引を練習できる。

このように、マネックス証券は、投資初心者が利用しやすいサービスを多数提供している。

少額から始められる手軽さや、充実した教育コンテンツ、低コストな取引環境など、投資初心者が利用しやすい。

マネックス証券の特徴

マネックス証券は、ネット証券会社の中でも独自の強みを持ち、他社との差別化を図っている。

最大の特徴は、豊富な海外投資商品の取り扱いだ。

特に米国株については5,000銘柄を超えており、国内外の幅広い投資機会を提供している。

グローバルな視点で投資を考える人にとって、マネックス証券は魅力的な選択肢と言えるだろう。

また、コストを抑えたい投資家には、「米国ETF買い放題プログラム」がおすすめだ。

特定のETFの手数料がキャッシュバックにより実質無料になるこのサービスは、他社にはない大きなアドバンテージである。

投資信託の積立購入時にクレジットカードを使えば、積立金額の1.1%がマネックスポイントとして還元される。

ポイント投資という独自のサービスで、投資とポイント獲得を同時に実現できる点も見逃せない。

さらに、2024年1月からはNTTドコモとの業務提携を開始し、dポイントやdカードとの連携を強化。通信サービスとの親和性の高さも、マネックス証券ならではの特徴だ。

取引ツールの充実ぶりも特筆すべき点だ。

「マネックストレーダー」は逆指値やトレーリングストップなどの自動売買機能を備えた高機能ツールであり、無料で利用できる。

より高度な取引を行いたい投資家のニーズに応えている。

このように、マネックス証券は海外投資、ポイント投資、取引ツールの充実など、様々な面で他社との差別化を図っている。

マネックス証券の評判とは?

マネックス証券は、ネット証券会社の中でも老舗の一つであり、多くの投資家から支持されている。

しかし、実際に同社を利用している人の評判はどのようなものなのだろうか。

ここでは、マネックス証券の顧客満足度や信頼度について詳しく見ていく。

また、利用者の生の声として、良い評判と悪い評判の具体例を紹介する。

マネックス証券の評判を知ることで、同社のサービスが自分に合っているかどうかを判断する材料になるはずだ。

マネックス証券の顧客満足度や信頼度について

マネックス証券の顧客満足度は、2024年に公開されたオリコン顧客満足度調査の結果から見ても高い評価を得ていることが分かる。

満足度
ランキング
マネックス証券の順位(評価点)
総合ランキング3位(67.0点)
口座開設・特典4位(65.8点)
取引手数料8位(66.1点)
取引のしやすさ3位(68.5点)
分析ツール3位(71.0点)
資産管理3位(68.5点)
参考:オリコン顧客満足度ランキング「ネット証券」

オリコン顧客満足度調査は、実際のサービス利用者を対象に第三者の立場で調査を実施する。

そのため、その結果は信頼性が高い。

マネックス証券が他社と比較しても高い評価を得ているという事実は、同社のサービス品質の高さを裏付けるものと言えるだろう。

ネット証券部門では総合3位と上位の評価を受けている。

評価項目別に見ていくと、「取引のしやすさ」や「分析ツール」、「資産管理」などで高得点を獲得。

これは、同社が提供する豊富な投資商品ラインナップや使いやすい取引ツール、充実した資産管理サービスが顧客満足につながっている。

また注目すべきは、iDeCo証券会社部門での総合1位だ。

これは4年連続での快挙であり、同社のiDeCoサービスが顧客から高く支持されていることの表れと言えるだろう。

投資は信頼が何より重要だ。

同社が長年にわたって顧客から高い支持を得ているのは、その信頼に応えてきた結果だ。

マネックス証券の良い評判の例

マネックス証券の利用者からは、同社のサービスに対する高い評価が多く寄せられている。

その中でも、ウェブサイトやアプリの使いやすさを称賛する声が目立つ。

”シンプルなんです。 預け金総額、損益、保有銘柄が見やすいので大変使っていて気持ち良い。 アプリについても操作性がシンプルだとおもいます。 コテコテしてないのが好きです。”

”定期的にメールが届き,銘柄選びに役立てるなどしています。私は基本的にスマートフォンですが,毎日チャートを見ているので,見やすさ,扱いやすさが非常に良いと思います。”

出典:みんかぶ「マネックス証券の評判」

ある利用者は、「マネックス証券が一番ブラウザサイトが見やすくシンプル」と述べており、預け金総額や損益、保有銘柄の情報がわかりやすく表示されている点を評価している。

アプリについても、シンプルで直感的な操作性が支持されている。

また、情報提供の充実度も高く評価されている。

ある利用者からは、同社からの有益な情報提供が投資判断に役立っていると述べている。

スマートフォンでの利用に関しても、モバイル環境での利便性の高さが高評価だ。

これらの良い評判は、マネックス証券のサービス設計が利用者目線に立っていることの表れだと言えるだろう。

シンプルで使いやすいインターフェース、充実した情報提供、モバイルでの利便性など、利用者のニーズを的確に捉えたサービスが提供されていることがうかがえる。

マネックス証券の悪い評判の例

マネックス証券に対する悪い評判も、一部の利用者から寄せられている。

最も目立つのは、カスタマーサポートの対応に関する不満だ。

”サポート問い合わせが必要になったときの対応ははっきり言って大手他社と比較してダントツで酷かったです。20分も保留音聞いたのは後にも先にもこの会社のみ。”

”オンライン口座申し込みから口座開設まで 2日と謳っているが実際は10日以上かかります。早く買いたい銘柄があり申し込みしましたが7日経っても開設されず、問い合わせたらあと3日程かかるとの事。”

出典:みんかぶ「マネックス証券の評判」

ある利用者からは、問い合わせの際の長い待ち時間と、それに見合わない対応の質の低さが指摘されている。

「対応がイマイチなのは正直つらい」という言葉からは、利用者の期待と現実のギャップによるフラストレーションが感じられる。

また、口座開設の速度に関する不満も見られる。

口コミからは、速やかな口座開設を期待していた利用者の焦りと失望が表れている。

ただし、これらの悪い評判が全ての利用者の経験を代表しているわけではないことにも留意が必要だ。

サービスの品質は総合的に判断されるべきものであり、一部の不満を過度に一般化することは適切ではない。

特徴と評判から見たマネックス証券に向いている投資家とは

マネックス証券は、幅広い金融商品を取り扱い、手数料の安さや使いやすさで定評のあるネット証券会社である。

しかし、同社のサービスが本当にあなたに合っているのかどうかは、よく考える必要がある。

ここでは、マネックス証券のメリットとデメリットを詳しく見ていき、どのようなタイプの投資家におすすめなのかを解説する。

また、資産運用における専門家の重要性についても触れていく。

マネックス証券のサービスを十分に理解し、自身のニーズとマッチするかどうかを見極めることが、賢明な投資家への第一歩となるはずだ。

マネックス証券のメリット・デメリット

マネックス証券には、他社にはない独自のメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在する。

まず、メリットから見てみよう。

マネックス証券のメリット
  • 米国株のサービスが充実
  • IPOの抽選制度が平等
  • 分析ツールが細かくて使いやすい

注目すべきは、米国株のサービスの充実ぶりだ。

取引手数料が無料というのは大きな魅力であり、米国株投資に興味がある人にとってはうれしいポイントと言える。

また、IPOの抽選制度が公平で、口座開設直後の人でもチャンスがあるのは、他社にはないメリットだろう。

一方、デメリットも無視できない。

マネックス証券のデメリット
  • 約定代金の手数料が割高
  • 外国株は米国株と中国株のみ
  • タブレットでは表示できない画面も多く、使いにくい

約定代金の手数料が割高なのは、コスト面でのネックだ。

また、外国株の取り扱いが米国と中国に限られているのも、グローバルな投資を考える人にとっては物足りないかもしれない。

タブレットでの使い勝手の悪さや、画面デザインの問題など、ツールの利便性にも一部課題がある。

以上のように、マネックス証券にはメリットとデメリットが混在している。

自身の投資スタイルやニーズに合致するかどうかを、よく見極める必要があるだろう。

マネックス証券はどんな投資家に向いているのか

マネックス証券は、米国株投資に興味がある投資家におすすめだ。

同社の米国株取引は手数料が無料であり、サービスも充実している。

IPOの抽選制度も公平性が高いため、新規上場株に投資したい人にも向いていると言える。

また、投資初心者でも利用しやすいサービスが揃っている。

無料の取引ツールが高性能で、ON COMPASSによるおまかせ運用も可能だ。

投資の知識が乏しくても、プロに任せて運用できるのは大きな魅力だろう。

一方、グローバルな投資を考えている人には、物足りなさを感じるかもしれない。

外国株の取り扱いが米国と中国に限られているためだ。

これらの情報を踏まえると、マネックス証券は「米国株投資に特化したい人」、「投資初心者で手厚いサポートを求める人」におすすめだと言える。

だが、重要なのは自身の投資スタイルやニーズに合うかどうかをしっかりと見極めることだ。

資産運用における専門家の重要性

資産運用において、自分に合った運用法を見つけることは非常に重要だ。

なぜなら、個人の資産状況やリスク許容度は千差万別であり、同じ人でもライフステージによって資産運用の目的や方針が変化するからだ。

例えば、若い頃は長期的な資産形成を目指していたが、結婚や出産を機に安定性を重視する運用法に変える可能性がある。

さらに、退職後は収入を補うために配当金や利息収入を重視するかもしれない。

このように、ライフステージの変化とともに、資産運用の目的や方針も変化する。

そのため、自分に合った運用法を見つけるには、専門家のアドバイスが非常に有効だ。

特に、投資初心者にとって、専門家のサポートは心強い味方となる。

投資の基本的な知識から、リスク管理の方法まで、わからないことを質問し、アドバイスを受けることが可能だ。

資産運用は、自身の人生設計と密接に関わる重要な事柄だ。

資産運用に不安や疑問がある人は、専門家の力を借りて、自分に合った運用法を見つけてほしい。

資産運用の相談は誰にするべきか

資産運用を始めるにあたって、多くの人が「誰に相談すればいいのだろう」と悩むものだ。

証券会社の担当者に相談するのがよいのか、それとも独立系のアドバイザーに頼るべきなのか。

ここでは、資産運用の相談先として注目されているIFAについて詳しく解説する。

IFAとはどのような存在なのか、その役割とメリットは何なのかを解説。

IFAを探すための便利なサービス「わたしのIFA」の活用法についても紹介していく。

自分に合った信頼できるパートナーを見つけることが、安定した資産運用の第一歩となる。

IFAとは何か

IFAとは、特定の金融機関に属さない中立的な立場で、顧客の利益を最優先に考える金融のプロフェッショナルのことだ。

一般的に、銀行や証券会社に勤める金融アドバイザーは、所属する組織の方針や利益に影響を受けることがある。

つまり、顧客にとって最適なアドバイスではなく、自社の商品を優先的に勧めるケースもあるのだ。

これに対し、IFAは特定の金融機関に属さないため、より客観的で中立的な立場からアドバイスを提供できる。

顧客の資産状況やニーズ、リスク許容度などを総合的に判断し、その人に最適な金融商品や運用方法を提案するのがIFAだ。

IFAの提供するサービスは多岐にわたる。投資信託や株式、債券などの投資アドバイスはもちろん、資産管理、税金対策、保険の選択など、資産運用に関わるあらゆる分野をカバーしている。

IFAは顧客の立場に立って、その人の人生設計に寄り添いながら資産運用をサポートしてくれる存在だ。

金融の知識が乏しい人にとっても、IFAは信頼できるパートナーとなるだろう。

IFAの役割とメリット

IFAの役割は、顧客一人ひとりのニーズに合わせたオーダーメイドの資産運用プランを提案することだ。

顧客の資産状況やリスク許容度、将来の目標などを丁寧にヒアリングし、それを踏まえて最適な運用方針を立てるのがIFAである。

顧客に寄り添ったきめ細やかなアドバイスが、IFAの大きな強みと言える。

また、IFAは金融商品の選定や運用状況のモニタリングも行う。

投資信託や株式、債券など、様々な金融商品の中から、顧客の目的に合った商品を選び出すのだ。

運用開始後も、定期的にパフォーマンスをチェックし、必要に応じて運用方針を調整する。

このように、IFAは一貫して顧客の資産運用に責任を持つ。

それが可能なのは、IFAが中立的な立場からアドバイスを提供できるからだ。

さらに、IFAはライフプランニング全般についてもアドバイスを提供する。

例えば、税金対策や保険の選択など、資産運用に関連する幅広い分野も相談できるのだ。

IFAは単なる金融アドバイザーではなく、顧客の人生設計に寄り添うパートナーとしての役割を果たしている。

資産運用の成功には、IFAのような信頼できるパートナーの存在が欠かせないと言えるだろう。

IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法

自分に合ったIFAを見つけるのは、意外と難しいものだ。

金融の知識が乏しい人にとっては、どのようなIFAが自分に合っているのかを判断するのも容易ではないだろう。

そこで活用したいのが、IFA検索サービス「わたしのIFA」だ。

このサービスは、自分に合ったIFAを探せるマッチングツールである。

「わたしのIFA」の使い方は簡単だ。

まず、自分の投資目的やリスク許容度、相談したい内容などを入力する。

すると、システムがその情報を分析し、最適なIFAを提案してくれるのだ。

提案されたIFAのプロフィールや専門分野を確認することで、自分のニーズに合ったアドバイザーを選ぶことができる。

気に入ったIFAが見つかったら、サービス内で相談予約を取ることも可能だ。

IFAとの相談を通じて、自分に合った資産運用方法が見えてくる。

投資の目的やリスク許容度、ライフプランなどを聞いてもらうことで、その内容を踏まえたアドバイスを受けられるのだ。

投資初心者や、運用方針に迷った際には、「わたしのIFA」を活用してみるのがおすすめだ。

「わたしのIFA」は、そのための心強いサポートツール。

ぜひ一度試してほしい。

米国株取引が高評価!マネックス証券で運用効率をアップしよう

本記事では、ネット証券の中でも高い人気を誇るマネックス証券の特徴と評判について詳しく解説した。

マネックス証券は、手数料の安さや使いやすい取引ツール、豊富な投資情報が魅力の証券会社である。

特に、米国株投資のサービスが充実しており、投資初心者から上級者まで幅広い層の投資家におすすめだ。

一方で、海外株式の取り扱いが限定的であることや、約定代金の手数料が割高な点はデメリットと言える。

資産運用において、自分に合った運用方法を見つけることは非常に重要だ。

投資の目的やリスク許容度、ライフステージは人それぞれ異なるため、個々の状況に応じたアドバイスが必要となる。

そこで注目したいのが、IFAの存在だ。

IFAは特定の金融機関に属さない中立的な立場から、顧客の利益を最優先に考えてアドバイスを提供する。

資産運用だけでなく、ライフプランニング全般をサポートしてくれるのが大きな強みである。

IFAを探す際には、IFA検索サービス「わたしのIFA」が役立つ。

自分の投資目的やリスク許容度などを入力すると、最適なIFAを提案してくれる。

提案されたIFAのプロフィールや専門分野も確認することができるのだ。

資産運用の専門家であるIFAのアドバイスを活用し、長期的な資産形成に取り組んでほしい。

マネックス証券の評判に関するQ&A

マネックス証券の手数料体系を教えてください。

マネックス証券の主な手数料は、以下のようになっている。

スクロールできます
取引商品手数料コース最低手数料(税込)
国内株式
(現物取引)
取引毎手数料55円
(信用取引)99円
一日定額手数料(100万円以下の場合)550円
米国株0ドル
中国株0.275%
投信・積立0円
NISA0円
債券0円
FX0円
出典:マネックス証券「マネックス証券の手数料・費用「手数料」

国内株式の約定手数料は他社と比べて割高な点に注意が必要だ。

マネックス証券の口座開設にはどのくらいの時間が必要ですか?

マネックス証券の口座開設には、オンラインで必要事項を入力し、本人確認書類を提出すれば完了する。

通常、申込みから口座開設まで2〜3営業日程度かかるが、場合によっては1週間以上かかることもある。

そのため、余裕を持って申し込むことが大切だ。

マネックス証券の取引ツールは使いやすいですか?

マネックス証券の取引ツールは、シンプルで直感的な操作性が特徴である。

特に、WEBブラウザ版の取引画面はシンプルで見やすく、注文入力も簡単に行える。

一方、アプリ版も各種機能が充実しており、外出先からでも快適に取引できると評判だ。

トラブルが発生した場合、マネックス証券からサポートを受けることはできますか?

マネックス証券では、電話とメールでのカスタマーサポートを提供している。

ただし、電話が繋がりにくかったり、対応に時間がかかったりする場合もある。

マネックス証券で取り扱っている商品の範囲を教えてください。

マネックス証券では、国内株式(現物取引・信用取引・IPO・NISA・ミニ株など)、米国株式を中心とした外国株式、投資信託、FX、CFD(差金決済取引)など、幅広い商品を取り扱っている。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次