1. ホーム
  2. 資産運用・資産管理
  3. 少額で大きなリターンを狙う!賢い投資戦略とは

少額で大きなリターンを狙う!賢い投資戦略とは

この記事で解決できるお悩み
  • 少額から始める投資の魅力とその戦略を理解したい
  • ハイリターンを目指す際の注意点と成功の秘訣を知りたい
  • 安全に投資を進めるための具体的なアプローチが知りたい

「大きな資本がなければ投資で成功することは難しい」と多くの人が考えがちだが、実際には少額からでも、賢く投資を行えば高いリターンを目指すことができる。

この記事では、少額投資でハイリターンを狙うための具体的な戦略、注意すべきリスク、そして安全に投資を進めるためのヒントを提供する。

ぜひ参考にしてあなたの投資戦略にも活用してほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する
目次

少額投資の基本知識と魅力

少額投資の基本知識と魅力 わたしのIFA

少額で投資を行う場合、基本的な知識を身に付けた上で戦略を考えていくことが重要となる。

ここでは、少額投資の原則や種類、少額投資に成功する人の共通点などを解説していく。

そもそも少額投資とは

少額投資について明確な定義はないが、一般的には数万円程度の自己資金で始める投資のことを少額投資と呼ぶ。

なかには100円から投資を始められる場合もあり、まとまった元手金がない人でも始めやすいことが特徴だ。

少額投資のメリットとして「損失を小さく抑えられる」「気軽に始められる」といった点が挙げられる。

元手金が少ない分、万が一失敗したときの損失も小さく、始める際の心理的なハードルが低い。投資に対して難しいイメージを抱いている人でも始めやすいと言えるだろう。

また、大きな損失を抱える心配がないため、投資に慣れることができる点も魅力として挙げられる。

将来的にまとまった金額を投資したいと考えている場合は、練習として少額投資を始めてみると良いだろう。

少額投資の種類

近年は少額から始められる投資法が多く提供されている。

代表的な少額投資の方法は以下の表の通りだ。

単元未満株本来100株などで1単元となる株式について、単元より少ない単位で株式投資を行う手法。
投資信託投資家から集めた資金をもとに専門家が運用を行い、利益を分配する金融商品。1万円程度から始められるケースが多く、100円から購入できる場合もある。
FX通貨を売買することでリターンを狙う取引。投資金額の数倍の資金で取引ができる「レバレッジ」の活用によって、自己資金が少額でも始めやすい。
ポイント投資買い物などで貯まったポイントを使って株式や投資信託を購入する方法。現金を使わずに投資を行うことができる。

自分に合った方法を選択し、少額投資を始めてみると良いだろう。

少額投資で成功する人の共通点

少額投資で成功する人の特徴として以下の2点が挙げられる。

少額投資で成功する人の特徴
  • 投資を継続している
  • リスク管理を徹底している

少額投資は大きな損失が発生しない反面、大きな利益も期待できない点がデメリットと言える。

仮に5万円を投資して10%の利益が出ても5,000円しか増えない。

期待したリターンが得られないことにより、途中で投資を辞めてしまう人が多い。

しかし月に1万円の投資であっても、10年続ければ元手は120万円となる。

最初は元手金が少ない分得られるリターンも小さいが、継続していけばリターンも期待できるようになる。

少額投資で成功したいのであれば、継続的に投資を行っていくことが重要だ。

また、リスク管理の徹底も少額投資で成功する人の共通点として挙げられる。

金額が小さいとはいえ、投資を行う際はリスクが必ず付いて回る。

過剰なリスクを取って失敗してしまうと継続するモチベーションも下がってしまうため、適切なリスク対策を行うことが大切だ。

リスク管理については後ほど詳しく解説していく。

ハイリターンを狙う戦略

ハイリターンを狙う戦略 わたしのIFA

「投資で高いリターンを得るためにはまとまった資金が必要」という印象を抱いている方も多いだろう。

しかし、少額投資であっても計画的に戦略を立てていけばしっかりとリターンを得ることができる。

ここでは、少額投資においてハイリターンを狙うための戦略と大きな成果を得るためのテクニックについて解説していく。

効果的な少額投資戦略

少額投資において高いリターンを得るためのポイントとして、以下の2点を踏まえて戦略を立てていこう。

  • 長期・積立投資を実践する
  • NISA(少額投資非課税制度)を活用する

まず、少額投資を行う際は長期投資と積立投資を実践することをおすすめする。

長期投資は長期間にわたって継続的に投資を行う運用スタイル、積立投資は同じ頻度で定期的に資産を買い続ける運用スタイルのことを指す。

1回あたりの購入金額が少額であっても、積立投資を長期的に継続していけば元手金は少しずつ大きくなっていく。

さらに投資で得られた利益を元本に加えて再投資すれば、利益が利益を生む仕組みを活用して効率的に資産を増やせる。

時間をかけてコツコツ運用を行い、じっくりと高いリターンを狙っていくスタイルが最も効果的だ。

また、株式や投資信託による少額投資を検討している場合はNISA(少額投資非課税制度)の活用も欠かせない。

NISAとは、年間360万円・生涯で1,800万円の枠内で投資をした場合に得られた利益が非課税になる制度である。

本来、株式や投資信託の利益には約20%の税金が課されるが、NISAを活用すれば一切税金がかからない。

税金で引かれる分がなく、そのまま利益を受け取れるため効率的に資産を増やすことができる。

少額投資でハイリターンを目指したい方は、NISA制度を活用しながら長期・積立投資を実践しよう。

少額でも大きな成果を出すためのテクニック

上級者向けとはなるが、少額投資で大きな成果を出すためのテクニックとして「レバレッジ」という方法がある。

レバレッジとは資金を借り入れることにより、自己資金より大きな金額で取引を行う方法のことだ。

レバレッジを活用して投資を行う方法として、主に以下の3つが挙げられる。

  • FX
  • 信用取引
  • 不動産投資

FXや信用取引は、担保として一定の証拠金を預けることで、証拠金の数倍の資金で取引ができる投資法である。

自己資金が少額であってもまとまった資金の取引が行えるため、ハイリターンを狙うことができる。

不動産投資は、ローンを組んで物件を購入する場合にレバレッジの活用が可能だ。

ある程度の頭金が必要となるため少額投資とは言い難いものの、自己資金よりも大きな金額で投資を行える点が魅力となっている。

ただしレバレッジは自己資金以上で取引を行う分、投資に伴うリスクも大きくなってしまう。

投資に慣れない初心者はレバレッジを活用するよりも、長期・積立投資などでリターンを狙いに行くことをおすすめする。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

少額投資時のリスク管理と防衛策

少額投資時のリスク管理と防衛策 わたしのIFA

前述の通り、少額投資で成功している人の共通点としてリスク管理を徹底していることが挙げられる。

想定されるリスクを把握した上で、対策法を検討することが重要だ。

ここでは、少額投資におけるリスクの内容や対策法について解説していく。

少額投資におけるリスク

少額で投資をする場合、ある程度のリスクを抑えた運用が可能となるが、それでもリスクを完全に排除できるわけではない。

少額投資におけるリスクとして以下のような点が挙げられる。

  • 投資対象の価格の暴落によって資産が大幅に減少する
  • 投資額以上の損失を抱える

1つ目は、投資対象の価格が暴落することで投資していた資産が大きく減少するリスクだ。

少額投資である分、ダメージは小さく済むものの、それでも損失が発生することに変わりはない。

手持ちの資産が減少してしまう危険性があることを理解した上で、少額投資を始めよう。

2つ目は、投資額以上の損失を抱えるリスクだ。

通常の取引であれば損失は投資した金額の範囲内に収まるものの、借り入れを活用したレバレッジ取引の場合は自己資金以上の損失を抱える危険性もある。

ハイリターンを狙ってレバレッジをかける際は、大きな損失が発生する危険性も考慮しておこう。

上記2つのリスク対策についてそれぞれ解説していく。

長期投資と分散投資

投資対象の価格が下落して損失を抱えるリスクについては、長期投資と分散投資で対策しよう。

いずれもリスク低減効果が高い投資法であり、少額投資におけるリスクも減らすことができる。

長期投資は、前述したように利益が利益を生んで効率的に資産を増やせる効果に加え、リターンが安定しやすいというメリットもある。

短期間で投資をする場合に比べてリターンのブレが小さくなり、リスクを抑えられるのだ。

また、分散投資は複数の投資先に分けて資金を投じる運用手法のことを指す。

投資先を分散させておけば、仮に投資先のひとつが暴落してもダメージは小さく済む。

さらにほかの投資先がリターンを生んでいれば、損失と相殺可能だ。

特に「株式と債券」「先進国資産と新興国資産」などの形で、異なる値動きをする資産に分散させておくとリスク低減効果は大きくなる。

投資信託などであれば少額でも手軽に分散効果を得られるため、上手く活用しよう。

過剰なレバレッジを避ける

少額投資でハイリターンを得るためのテクニックとして「レバレッジ」を紹介したが、過剰なレバレッジで投資を行うことは避けるべきだろう。

レバレッジをかける倍率が大きくなるほど、大きな損失を発生させる危険性が高まってしまうためだ。

例えば、国内のFX業者を利用してFXの取引をする場合、最大25倍までレバレッジをかけることができる。

仮に10万円の証拠金を準備した場合は最大で250万円の資金を活用した取引が可能となる。

しかし取引金額が25倍になるということは、損失を抱えたときの金額も単純に25倍になるということだ。

的確に相場を分析し、すぐに取引の決断ができるスキルがないと大きな損失を生じさせてしまうだろう。

また、過剰なレバレッジでの取引は損益が大きくなる分、精神的な負担も大きくなってしまう。

冷静な判断ができずに取引に失敗してしまい、大きな損失を発生させるリスクもある。

レバレッジをかけて運用すること自体は問題ではないが、自分自身のスキルや資金状況に合わせた倍率でレバレッジを活用しよう。

投資は誰に相談するべき?

投資は誰に相談するべき? わたしのIFA

ここまで少額投資の基本や効果的な戦略、リスク管理法などを紹介してきたが、実際に投資を始める際にはハードルが高く感じる内容もあるだろう。

適切な投資先を見極めつつ、自分に合った運用手法を選ぶためには専門家の力が必要不可欠だ。

ここでは、資産運用の専門家に相談をするメリットやおすすめの専門家「IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)」の役割、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用方法について解説する。

資産運用の専門家に相談するメリット

資産運用の専門家に相談する最大のメリットは「自分の希望に合った戦略を提案してもらえる」という点だ。

さまざまな選択肢の中から、あなたに適した運用戦略や商品の提案を受けられる点は大きな魅力と言えるだろう。

一口に「少額投資を始める」と言っても、年齢や資産状況、運用目的によって取るべき戦略は大きく異なる。

例えば、20代〜30代で老後資金の準備を目的としている場合は時間を味方につけられるため、積極的にリターンを狙いに行く運用スタイルが適している。

一方、50代〜60代で老後資金を準備する場合、リスクを抑えた堅実な運用を選ぶべきだ。

資産運用の専門家は、こうした個々の状況を丁寧にヒアリングした上で最適な運用戦略を導き出す。

投資・資産運用に関して幅広い知識を有しているため、さまざまな選択肢の中からあなたにベストなプランを提案してくれるだろう。

「少額投資を始めてみたい」「自分に合う投資先が分からない」という方は、投資を始める前に資産運用の専門家に相談してみてはいかがだろうか。

IFAの役割

資産運用の専門家というと「FP(ファイナンシャルプランナー)」や「証券会社所属のアドバイザー」などが存在するが、最もおすすめの相談先はIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)である。

IFAとは、銀行や証券会社などの金融機関から独立した立場で顧客の資産運用をサポートする専門家だ。

IFAは、資産運用の具体的な戦略を計画するだけでなく、金融商品の提案・仲介までサポートする。

運用をスタートしてからも継続的なフォローにより、ライフステージやマーケットの変化に対応できるため、投資初心者でも安心して投資を始められる。

また、金融機関から独立した立場となっていることから、会社の販売方針や営業ノルマなどが設けられない点もIFAの強みだ。

中立な立場から顧客に最適な提案を行うことがIFAの大きな役割となっている。

さらにIFAには転勤制度もないため、長期間にわたってサポートを受けることもできる。

ライフステージの変化に合わせた資金計画や相続・贈与といった資産承継問題など、さまざまな課題を解決してくれるパートナーになるだろう。

信頼できる資産運用の相談先をお探しの方は、ぜひIFAに相談してみてはいかがだろうか。

「わたしのIFA」の活用方法

信頼できるIFAをお探しの方は、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用をおすすめする。

わたしのIFA」とは、相談先を探す投資家に最適なIFAを紹介するサービスのことだ。

わたしのIFA」では、全国のデータベースからあなたの資産状況や運用目的、性格などを考慮した最適なアドバイザーの紹介を行っている。

たった60秒、希望の条件を入力するだけでIFAを知り尽くした「わたしのIFA」がアドバイザーを自動で診断し、紹介する。

紹介されたアドバイザーのプロフィールは事前に確認できるため、経歴や実績、得意な領域、メインの顧客層などを把握できる。

プロフィールに納得したら、そのまま面談を申し込むことも可能だ。

もちろん全国47都道府県どこでも相談可能で、相談費用は一切かからない。

WEBや好きな場所を自由に選んで面談できるため、リラックスして気軽に相談できる点が大きなメリットだ。

「少額投資を始めてみたい」「資産運用の相談先を探している」という方は、ぜひこの機会に「わたしのIFA」を活用して信頼できるアドバイザーを探してみよう。

まとめ

まとめ わたしのIFA

少額投資は、損失を抑えられる点や気軽に始めやすい点などがメリットとして挙げられる。

継続的に運用を続け、リスク管理を徹底することが少額投資の成功につながる。

本記事で紹介した効果的な戦略やリスク管理法などを参考に、少額投資でハイリターンを目指していこう。

また、資産運用についての疑問や不安な点などは専門家からアドバイスを受けることをおすすめする。

なかでもIFAは中立な立場で寄り添いながら、あなたに最適なアドバイスを長期的に提供してくれる。

IFA検索サービス「わたしのIFA」を活用し、あなたに合ったIFAを見つけ出そう。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

よくある質問:

少額投資で大きなリターンを得るための最初のステップは何ですか?

少額投資で効果的にリターンを得るためのポイントとして以下の2点が挙げられる。

  • 長期・積立投資を実践する
  • NISA(少額投資非課税制度)を活用する

時間を味方につけながらコツコツ投資を継続していけば、将来的に大きなリターンを生み出せる可能性がある。

NISAによる非課税の恩恵を活用し、効率良く資産を増やしていこう。

ハイリターンを目指す際に陥りがちな落とし穴は何ですか?

少額投資でハイリターンを目指す際、以下のような点に注意が必要だ。

  • 投資対象の価格の暴落によって資産が大幅に減少する
  • 投資額以上の損失を抱える

上記のようなリスクを回避するためには「長期投資・分散投資を実践すること」と「過剰なレバレッジをかけないこと」の2点が重要となる。

身の丈に合わない投資法で大きなリターンを狙うと落とし穴にはまりやすいため、無理のない範囲でゆっくりと資産を運用していこう。

投資のアドバイスを求める際、どのような専門家に相談すべきですか?

自分の運用目的とアドバイザー側の得意領域がマッチしているか確かめよう。

「少額投資を始めたい」と希望しているにもかかわらず、富裕層向けの大規模な資産運用のアドバイスを得意としている専門家に相談しても効果的なアドバイスは得られない。

アドバイザーが得意としている領域やメインの顧客層をチェックし、自分の運用目的や属性とマッチしているかを確かめておこう。

最適なアドバイザーをお探しの方は「わたしのIFA」で信頼できるアドバイザーを探すことをおすすめする。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次