1. ホーム
  2. 対面証券
  3. アイザワ証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

アイザワ証券の特徴と評判を徹底解説!なぜ投資家に選ばれているのか

この記事で解決できるお悩み
  • アイザワ証券のサービスにどのような特徴があるのか知りたい
  • アイザワ証券の評判が知りたい
  • 運用相談をどこにするべきかわからない

アイザワ証券は、きめ細やかな対面サービスと豊富な金融商品が特徴の中堅証券会社だ。

長年にわたり、地域に根差した営業スタイルで、投資家から高い支持を集めている。

特にアジア株式の取り扱いに定評があり、「アジア株のパイオニア」と呼ばれている。

一方で、ネット証券との手数料競争の激化など、厳しい経営環境にも直面している。

本記事では、アイザワ証券の特徴や強み、提供サービスを詳しく解説するとともに、実際の利用者の評判や口コミを詳しく紹介する。

また、資産運用の相談先として、対面証券以外にどのような選択肢があるのかについても解説する。

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の活用など、投資初心者にも役立つ情報が満載だ。

これからアイザワ証券の利用を検討している方はもちろん、より良い資産運用の相談先を探している人にもぜひ参考にしてほしい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する
目次

アイザワ証券のサービス内容

アイザワ証券のサービス内容 わたしのIFA

アイザワ証券は、長年にわたり投資家に寄り添ったサービスを提供してきた老舗の証券会社である。

では、具体的にどのようなサービスを展開しているのだろうか。

まず、アイザワ証券の基本情報を知るために、同社の会社概要を紹介する。

さらに、国内株式や投資信託などの提供サービスや、アイザワ証券ならではの特徴にも触れていく。

アイザワ証券が投資家に提供する価値についての理解を深めてほしい。

アイザワ証券の会社概要

アイザワ証券は、関東の老舗証券会社である「藍澤證券」と「日本證券投資」や「平岡証券」などの證券会社が合併して誕生した中堅証券会社である。

創業100周年を経て、次の100年に向けて「より多くの人に証券投資を通じ より豊かな生活を提供する」という経営理念のもと、質の高い総合金融サービスの提供を目指している。

2013年には、中小企業に対して専門性の高い支援事業を提供できる企業に与えられる「経営革新等支援機関」に、金融商品取引業者として初めて認定された。

アイザワ証券の会社概要

本社〒105-7307
東京都港区東新橋一丁目9番1号 東京汐留ビルディング
TEL.03-6852-7700(代表)
設立2021年4月1日
(前身の旧藍澤證券は1918年(大正7年)7月7日創業)
資本金30億円
従業員数804名(2023年3月末現在)
営業所数44店舗(2024年4月1日現在)
参考:アイザワ証券「会社概要」

アイザワ証券が提供するサービス

アイザワ証券は、投資家のニーズに合わせて多彩なサービスを提供している。

取引チャネルは3つ用意されており、インターネット専用の「ブルートレード」、対面での「対面口座」、運用をプロに一任する「投資一任運用サービス(ラップ)」から選べる。

それぞれ、投資情報ツールの利用、専門家からのアドバイス、リスク許容度に合わせた運用が可能だ。

取扱商品は、国内外の株式、投資信託、新株予約権付社債、ETFなど多岐にわたる。

投資目的に応じたポートフォリオ構築が可能で、投資信託やETFを活用することで、分散投資やコスト効率の良い運用が期待できる。

手数料は商品やサービスによって異なる。国内株式は最大で1.265%、外国株式は最大2.20%だ。

また、投資信託は銘柄ごとに異なっている。

取引ツールも充実しており、「ブルートレードツール」「iTrader(アイトレーダー)」「グローバルナビゲーター」など、投資家の投資スタイルに合わせて利用できる。

基本的な注文発注から、リアルタイムの株価分析、チャート分析、自動売買注文まで、さまざまな機能を備えている。

このように、アイザワ証券は投資家一人ひとりのニーズに寄り添い、多彩なサービスを提供している。

初心者から上級者まで、幅広い層の投資家にとって魅力的な証券会社といえるだろう。

アイザワ証券の特徴

アイザワ証券の特徴は、アジア株式市場における豊富な取扱銘柄数、投資家のニーズに合わせたソリューションサービスの提供、そしてIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に対する手厚いサポートにある。

アイザワ証券は、2000年より香港、台湾、韓国の3市場の取扱いを開始して以来、アジア株式市場での存在感を高めてきた。

現在は香港、上海、深圳、台湾、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、イスラエルの12市場で約3,000銘柄(2024年3月時点)を取り扱っており、その取扱市場数と銘柄数は業界最大水準を誇っている。

また、投資家の多様なニーズに応えるべく、投資の枠を超えた幅広いソリューションサービスを展開している。

相続対策や事業承継、ビジネスマッチング、M&Aなど、投資家一人ひとりの状況に合わせたオーダーメイドのサービスを提供。

税理士法人などの外部専門家とも連携することで、あらゆる課題解決をサポートしている。

アイザワ証券の評判とは?

アイザワ証券の評判とは? わたしのIFA

アイザワ証券を利用しようと検討している投資家にとって、同社の評判は気になるところだろう。

実際のユーザーの声は、証券会社選びの重要な判断材料になるからだ。

そこで、ここではアイザワ証券の評判について、客観的な情報をもとに詳しく見ていく。

まず、顧客満足度と信頼度に関する評価を確認し、次に利用者から寄せられた良い評判と悪い評判の具体例を紹介する。

これらの情報を総合的に判断することで、アイザワ証券の特徴や強み、弱みが見えてくるはずだ。

アイザワ証券の顧客満足度や信頼度について

アイザワ証券は、顧客の声を真摯に受け止め、業務改善と顧客満足度の向上に力を入れている。

定期的に実施しているお客様アンケートの結果を全社員で共有し、それを基にさまざまな取り組みを行っているのだ。

例えば、2019年7月より計6回実施している「アイザワ証券に物申す!!」では、顧客からの要望や意見を聞き、それらを同社の施策に活かすべく、社内横断的な委員会を立ち上げて改善に取り組んでいる。

また、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPS®(ネットプロモータースコア)を用いて、顧客の信頼度や愛着度を数値化し、商品・サービス提供やアフターフォローの改善に役立てている。

2023年1月から3月にかけて実施したNPS®調査では、「スコア -41.0」という結果を得ている。

金融庁が公表しているNPS®顧客推奨度結果と比較すると、アイザワ証券はより多くの顧客から推奨されていることがわかる。

これは、顧客の声に耳を傾け、それを業務改善に活かす同社の姿勢が評価されている証だといえるだろう。

アイザワ証券の良い評判の例

アイザワ証券の良い評判を見ていくと、同社のサービスの質の高さがうかがえる。

”お世話になったのは3年ほど前ですが、95年を超える歴史を持つ証券会社ということもあり、とてもクリーンで良い印象だけが残っています。(窓口の対応やコールセンター含む)

アイザワ証券が導入しているオンライントレードシステムも大変便利で使い勝手がよく、出先においてスマートフォンを使いログインし、リアルタイムの気配値を見ながらの注文入力が可能でした。

他にも表示している銘柄の始値・高値・安値・出来高・前日終値などの時価情報詳細に記載されていたため、とても便利でした。”

”日本、香港、韓国、台湾といったアジア市場の株式取扱い銘柄が多いので、リスクを分散した投資を行ってくれます。

資産運用をお願いする際には、どのようなスタンスで投資をするのか要望をしっかり聞いてくれるので、自分のライフプランに合わせた資産運用方法を選択しやすいです。

対面形式で相談することもできますし、メールや電話といったツールを使っての相談もできるので、資産形成までのリードタイムはとてもスピーディーです。

投資や資産運用だけでなく相続のことも相談にのってくれるので資産全般をお任せしています。

担当者の質も高く安心して任せられます。”

出典元:みん評「アイザワ証券の口コミ・評判

ある利用者は、アイザワ証券の窓口対応やコールセンターの印象が非常に良く、オンライントレードシステムも使い勝手が良いと評価している。

スマートフォンを使って出先でも注文入力ができ、銘柄の詳細な時価情報も確認できるなど、利便性の高さが満足度につながっているようだ。

また、別の利用者は、アイザワ証券が日本や香港、韓国、台湾などのアジア市場の株式を多数取り扱っており、リスク分散に適していると述べている。

投資スタンスをしっかりとヒアリングしてくれるため、自分のライフプランに合った資産運用方法を選びやすいのだ。

対面でもメールや電話でも相談できるので、スピーディーに資産形成に取り組めるのも魅力だろう。

このように、アイザワ証券の良い評判からは、利便性の高いシステム、豊富な取扱銘柄、丁寧な対応、幅広いサービスなど、同社の総合的な強みが見えてくる。

これらの点が、利用者の満足度や信頼につながっているのだろう。

アイザワ証券の悪い評判の例

一方で、アイザワ証券には悪い評判も存在する。

”相続でこちらの証券会社と縁がありました。

ただ、支店の対応がとてもとても…最悪です。

のらりくらりと何言ってるかわかんない説明に、電話は出ない、何度も書類を書き直させる。

正直、手数料かかってでも、縁を切りたいです。”

”電話をしたけど、まるで素人の対応でした。

「それって○○の意味ですか?」と聞き返さないといけないレベル。

別の日にかかって来た電話は威圧的な物言い。

また別の日には送った書類を放置され、問い合わせをしてやっと作業を進めるといった具合。

客対応がとても雑でいい加減なように感じました。”

出典元:みん評「アイザワ証券の口コミ・評判」

ある利用者は、相続手続きで同社を利用したが、支店の対応が最悪だったと述べている。

説明がわかりにくく、電話も出ない、書類の書き直しを何度も求められるなど、不満が募ったようだ。

手数料がかかってでも、縁を切りたいと感じるほどだという。

また、別の利用者は、電話対応が素人レベルで、聞き返さないと意味が通じないことがあったと指摘している。

威圧的な物言いをされたこともあり、書類を送ったのに放置され、問い合わせをしてやっと処理が進むなど、雑でいい加減な印象を受けたそうだ。

これらの悪い評判から浮かび上がるのは、アイザワ証券の顧客対応の質にばらつきがあるという点だ。

しかし、担当者の能力や姿勢に差があるのはアイザワ証券に限った話ではない。

重要なのは担当者の能力や姿勢を見極めて、同様の問題に直面するリスクを回避していくことだ。

アイザワ証券では、オンラインによる証券取引も可能なため、対面とオンラインを上手く活用していく必要があるだろう。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

特徴と評判から見たアイザワ証券に向いている投資家とは

アイザワ証券はどんな投資家におすすめなのか わたしのIFA

アイザワ証券の評判や特徴を見てきたが、実際のところどのような投資家に向いているのだろうか。

この疑問に答えるために、まずはアイザワ証券のメリットとデメリットを整理する。

これらの情報を総合的に判断することで、アイザワ証券がどのような投資家におすすめなのかが明らかになるだろう。

アイザワ証券のメリット

アイザワ証券には、投資家にとって魅力的なメリットが多数ある。

まず挙げられるのが、豊富な取扱商品だ。国内株式や外国株式、投資信託、債券、デリバティブなど、幅広い金融商品を取り扱っている。

特にアジア株式については、アジアの12市場で約3,000銘柄を取り扱っており、業界最大水準の品揃えを誇る。

この豊富な商品ラインナップにより、投資家は自身の投資目的や戦略に合わせて、最適な金融商品を選択できるのだ。

次に、手厚いサポート体制も大きな魅力だ。対面営業を重視し、投資家一人ひとりのニーズに寄り添ったきめ細やかなサービスを提供している。

また、オンラインでの取引にも力を入れており、使いやすいトレードツールも用意されている。

投資情報の提供も充実しており、セミナーやレポートなどを通じて、投資家の知識向上をサポート。

投資経験の浅い人でも、アイザワ証券なら安心して投資を始められるだろう。

長い歴史に裏打ちされた信頼感も見逃せない。

創業100年を超える老舗証券会社として、これまで培ってきた経験とノウハウは、投資家にとって心強い味方になるはずだ。

アイザワ証券のデメリット

アイザワ証券には魅力的なメリットが多くある一方で、デメリットについても知っておく必要がある。

まず、手数料の高さが気になるポイントだ。

アイザワ証券の手数料は、他社と比べてやや高めに設定されている。

例えば、対面取引口座の場合、国内株式の約定手数料は最大で1.265%となっている。

手数料は運用コストに直結するため、長期的に見ると投資パフォーマンスに影響を与える。

次に、オンラインサービスの利便性にも課題がある。

アイザワ証券はオンライントレードのツールも提供しているが、機能面では他社に及ばない部分がある。

例えば、スマートフォンアプリの使い勝手や、チャート機能の充実度などは改善の余地があるだろう。

オンラインでの取引を重視する投資家にとっては、物足りなさを感じるだろう。

さらに、店舗網の限界も考慮すべきだ。

アイザワ証券の店舗数は大手証券会社と比べると少なく、地方では近くに店舗がない地域もある。

対面営業を重視する同社にとって、店舗網の拡大は課題の一つといえる。

アイザワ証券はどんな投資家に向いているのか

アイザワ証券は、どのような投資家に向いているのだろうか。

まず、アジア株式市場に関心のある投資家におすすめしたい。

アイザワ証券は、先述の通りアジア市場で、業界最大水準の品揃えを誇る。

アジアの成長企業に投資したい人にとって、アイザワ証券は心強い味方になるだろう。

次に、投資初心者の人にもおすすめだ。

アイザワ証券は、対面営業を重視し、投資家一人ひとりのニーズに寄り添ったきめ細やかなサービスを提供している。

セミナーやレポートなども充実しており、投資の学習にも最適な環境が整っている。

また、資産運用全般のサポートを求める投資家にもぴったりだ。

アイザワ証券は、投資だけでなく、相続対策や事業承継、ビジネスマッチング、M&Aなどのソリューションサービスを提供している。

さらに、IFAのプラットフォーマーとしても活躍しており、IFAを通じた資産運用のサポートにも注力している。

投資家の多様なニーズに応えられる総合力の高さが、アイザワ証券の大きな魅力だ。

資産運用の相談先にはどんな選択肢がある?

資産運用の相談先にはどんな選択肢がある? わたしのIFA

アイザワ証券のような対面証券会社は、資産運用の相談先として長年親しまれてきた。

しかし近年、対面証券を取り巻く環境は大きく変化している。

ここでは、まず近年の対面証券の傾向とデメリットを紹介する。

次に、資産運用における専門家の重要性を説明し、「あなたにあった運用法」を見つけるためのポイントを解説する。

IFAという新しい選択肢は、あなたの大切な資産を左右する重要な選択肢の一つになるだろう。

IFA検索サービス「わたしのIFA」を上手く活用し、自分に最適な資産運用のパートナーを見つけてほしい。

近年の対面証券の傾向とデメリット

近年、対面証券会社を取り巻く環境は大きく変化している。

その背景には、ネット証券の台頭がある。

ネット証券は、店舗維持コストが不要なため、低手数料でのサービス提供が可能だ。

また、オンライントレードの利便性も高く、時間と場所を選ばず取引できる。

この結果、多くの投資家がネット証券に流れ、対面証券会社は顧客離れに悩まされている。

特に、アイザワ証券のような中小規模の証券会社では影響を大きく受けている。

大手証券会社と比べ、店舗網や人員、資本力が限られているため、ネット証券との競争で苦戦を強いられている。

中小規模の証券会社の具体的なデメリットとしては、以下のような点が挙げられる。

まず、店舗の統廃合が進んでいる。

顧客の減少により、採算が取れなくなった店舗を閉鎖せざるを得ない。

この結果、投資家にとっては相談先が減少し、アクセスが不便になる。

次に、人件費の高騰からサービス内容の縮小や手数料の値上げが起きている。

店舗維持コストと人件費の負担が重くのしかかり、コスト削減を迫られているのが実情だ。

投資家にとっては、サービスの質の低下や負担増につながる可能性がある。

さらに、オンライントレードの利便性では、ネット証券に大きく水をあけられている。

対面証券会社のオンラインサービスは、使い勝手や機能面で見劣りすることが多い。

だが中小規模の証券会社は、ネット証券にはない独自の価値を提供している。

それは、対面によるサービスの質だ。

きめ細やかなサポートと専門性の高いアドバイスを提供することで、顧客の満足度を上げ、信頼を獲得している。

投資に不安や疑問のある人にとっては頼もしい存在だろう。

資産運用における専門家の重要性

資産運用においては、専門家の存在が特に重要だ。

なぜなら、あなたにあった運用法とは他の人とは異なるからだ。

また、ライフステージによっても変化するため、定期的な見直しが必要になる。

例えば、若いうちは長期的な資産の成長を目指すために、株式などのリスク資産を中心とした積極的な運用が適しているかもしれない。

一方、退職が近づいてくると、安定性を重視した運用に切り替える必要がある。

このように、資産運用には個人の状況に合わせたオーダーメイドのアプローチが不可欠だ。

そして、それを実現するのが専門家の役割である。

専門家のサポートがあれば、投資家は安心して資産運用に取り組むことができるだろう。

資産運用には、信頼できる専門家とのパートナーシップが欠かせない。

自分に合った運用法を見つけ実践するために、専門家の力を借りることをおすすめしたい。

IFAという選択肢、IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法

証券会社との取引に不安を感じている投資家には、IFA(Independent Financial Advisor)という選択肢が有力だ。

IFAは、特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルアドバイザーである。

IFAは、投資家と金融機関の間に立ち、中立的な立場から最適なアドバイスを提供してくれる。

証券会社などの金融機関は、自社の商品を販売することが主な目的となるため、必ずしも投資家の利益を最優先にした提案ができるとは限らない。

一方、IFAは特定の金融機関に縛られないため、投資家の利益を最大化するためのアドバイスが可能だ。

また、IFAは投資家一人ひとりのニーズに合わせた、オーダーメイドの提案を行ってくれる。

資産状況やリスク許容度、投資目的などを詳細に分析し、最適な運用プランを策定することが可能だ。

そこで重要になるのが、投資家のニーズに合ったIFAを見つけること。

「わたしのIFA」は、投資家の条件に合ったIFAを簡単に探すことができるサービスだ。

投資家の年齢や資産状況、投資目的などの情報を入力するだけで、最適なIFAをマッチングしてくれる。

IFAの経歴や専門分野、提供サービスなどの詳細な情報も確認できるため、自分に合ったIFAを選ぶことができるのだ。

証券会社との取引に不安を感じている投資家には、IFAという選択肢を検討してみてはどうだろうか。

そして、自分に合ったIFAを見つけるために、「わたしのIFA」の活用をおすすめしたい。

アジア株取引に高評価のアイザワ証券で資産運用を始めよう

まとめ わたしのIFA

本記事では、アイザワ証券の特徴と評判について詳しく解説した。

アイザワ証券は、アジア株式投資に興味がある方、投資初心者の方、資産運用全般のサポートを求める人におすすめの証券会社と言えるだろう。

ただし、オンライン取引の利便性や手数料の安さを重視する投資家には向かないかもしれない。

対面証券は、専門家による手厚いサポートが魅力だが、店舗数の減少や手数料の高さがデメリットとなっている。

IFAは、投資家の利益を最優先に考え、一人ひとりのニーズに合わせたオーダーメイドの提案を行う。

IFA検索サービス「わたしのIFA」を活用すれば、自分に合ったIFAを簡単に探すことができるだろう。

資産運用の相談先選びは、自分の大切な資産を託す重要な選択だ。

アイザワ証券のようなサービスの質の高い対面証券も、IFAのような中立的な立場の専門家も、それぞれのメリットを理解した上で、自分に合ったパートナーを見つけることが大切だ。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

アイザワ証券の評判に関するQ&A

アイザワ証券は投資家からどのような評価を集めていますか?

アイザワ証券は、きめ細やかな対面サービスと豊富な金融商品が魅力の証券会社として、投資家から高い評価を集めている。

特に、アジア株式の取り扱いに強みがあり、この分野に関心のある投資家から支持されている。

一方で、オンラインサービスの利便性や手数料の高さについては、改善を求める声もある。

アイザワ証券はどのような投資家が向いていますか?

アイザワ証券は、以下のような投資家におすすめだ。

  • アジア株式投資に興味がある方
  • 投資初心者で、専門家のサポートを必要とする方
  • 資産運用全般について、きめ細やかなアドバイスを求める方

ただし、オンライン取引の利便性や手数料の安さを最優先する投資家には向かないかもしれない。

アイザワ証券のファンドラップの評判を教えてください。

ファンドラップサービスは、証券会社の運用担当者が投資信託などを選定し、運用してくれるサービスだ。

手間や労力をかけずにお任せできる点が評価されている。

ただし、運用コストが高いという声もあり、一定の資産額がある方におすすめのサービスとなっている。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
資産運用のプロに
無料で相談する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次