MENU

カードローンとキャッシングにおけるWeb完結とは?来店不要で借りるメリット・デメリットを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

急な出費が重なった時やまとまったお金が必要な時に便利なのが、カードローンやキャッシングだ。

便利に利用できるとはいえ、申込手続きで店舗へ出向かなければお金を借りられないことで利用を躊躇う方もいるだろう。

カードローンやキャッシングの中には、来店不要でWeb完結できるサービスがあるのをご存知だろうか。

店舗へ出向く時間が無い方やお金を借りることを他の人に知られたくない方にとって、便利で利用しやすいサービスとなっている。

本記事では、カードローンやキャッシングを利用する際に、Web完結できるサービスを紹介する。

また、Webで完結する際のメリットだけでなく、デメリットについても解説する。

Web完結するカードローンやキャッシングの利用を検討されている方は、参考にして欲しい。

目次

カードローン・キャッシングのWeb完結とは?

カードローン・キャッシングのWeb完結とは? カードローンナビ

カードローンやキャッシングのWeb完結とは、来店不要で申込から借入までWeb上で全て行えることを指すケースがほとんどだ。

Web完結はWeb申込と混同されやすい。

ただ、Web申込の場合は申込手続きがWebで行えるだけであり、実際の契約や借入は店舗や郵送での対応になることもある。

また、Web完結といっても、利用する銀行や消費者金融によって、Web上で対応できることが異なってくるので注意が必要だ。

Web完結できるカードローンやキャッシングの主な特徴は次のとおりだ。

  • 申込手続きに必要な書類をPCやスマホから提出できる
  • 電話連絡がない
  • 郵送物がない
  • 借入がPCやスマホから行える
  • 借入までの時間がスピーディー

先述したように、利用する銀行や消費者金融によっては、上記全ての手続きが対応可能ではないこともある。

一部の手続きまでがWebでできるというだけでも、Web完結としているケースがあるので注意しよう。

また、銀行系のカードローンやキャッシングを申し込む場合、その銀行の口座を所有していれば、Web完結が可能というケースも見受けられる。

利用を検討する場合には、Web完結の内容や条件をよく確認すると良いだろう。

カードローン 即日について詳しくは知りたい方はこちら

「即日融資可能なカードローン|最短での借入方法や注意点についても解説」

    

来店不要で借りるメリットは

来店不要で借りるメリットは カードローンナビ

来店不要でお金を借りたい方は、様々な理由からWeb完結できることを重要視しているだろう。

もしかすると、店舗での手続きしか選択ができなければ借りない、という方がいるかもしれない。

来店不要で借りるメリットが自身の希望と一致しているかどうかを事前に把握できれば、不必要に悩まずに済むだろう。

ここでは、来店不要で借りるメリットについて具体的に説明する。

好きな時間に申込ができる

店舗での手続きは、どうしても営業時間内に出向かなければならない。

営業時間内に店舗へ行けない方にとっては、それだけで申込を控えてしまうケースも起こりえるだろう。

Web完結であれば申込時間に制限がなく、好きな時間に申込ができる。

店舗に出向く場合と異なり自分ののスケジュールを変更する必要がないのは、忙しい方にとってメリットになるだろう。

周りにカードローンの利用が知られにくい

来店不要で借入が可能なカードローンやキャッシングであれば、周りにお金を借りていることが知られにくいという点が挙げられる。

Web完結で借入ができるカードローンやキャッシングは、PCやスマホから借入ができるからだ。

来店不要であれば店舗やATMでお金を借りるよりも、他の人に見られる可能性が限りなく無いので、家族や周囲の人に知られることを懸念している方には利用しやすいだろう。

郵送物なしで借りられるケースが多い

Web完結のカードローンやキャッシングは、申込や借入にともなう郵送物が発生しないケースもある。

申込時の本人確認書類や申込書類をWeb・アプリから提出すれば良いケースは多く見受けられる。

また、借入時にもカードレスでお金を借りられるサービスを利用すれば、カードが郵送されることもない。

ただし、利用する銀行や消費者金融によっては、契約書類の発生・カードの受け取りなどで郵送物が発生する場合がある。事前に確認しておくことをおすすめする。

電話連絡なしで借りられるケースが多い

カードローンやキャッシングを申込する際に、自宅や勤務先への電話連絡を心配する方も多いだろう。

電話連絡があると、自分以外の人が電話を取ってしまったり、電話の受け答えの内容から借入を知られる恐れがある。

来店不要でWeb完結する場合は、電話連絡がいらない銀行や消費者金融がある。

電話連絡が来ると都合が悪い方は、事前によく確認すると良いだろう。

なお、審査状況によっては電話連絡が来る場合があることは覚えておいて欲しい。

とはいえ、電話連絡がある場合は事前にその旨を知らせてくれたり、プライバシーに配慮された電話のかけ方であったりすることがほとんどだ。

融資までの時間が短い

申込や借入に必要な書類を郵送で送るとなると、手続きに時間がかかってしまう。

書類が到着するまでは手続きがストップするので、その分融資を受けるまでの時間がかかる

しかし、Web完結であれば、必要書類をWebからアップロードできるので、すぐに審査を開始してもらえる。

急ぎで融資を受けたい方にはWeb完結のカードローンやキャッシングを選ぶと、融資までの時間を短縮できるメリットがあるので利用してはいかがだろうか。

カードローン 即日について詳しくは知りたい方はこちら

「即日融資可能なカードローン|最短での借入方法や注意点についても解説」

Web完結で借りるデメリットは?

Web完結で借りるデメリットは? カードローンナビ

Web完結でお金を借りることは、メリットしかないように思われるかもしれない。

しかしデメリットが存在することも知っておいて欲しい。

Web完結というだけで簡単に借入できると思い込み、想定していた申込の仕方や借入ができないケースが発生する場合もある。

デメリットについて事前に把握しておくと、申込後のトラブルも防げるだろう。

ここからは、Web完結で借りるデメリットについて解説する。

利用条件が設定されている場合がある

来店不要で全ての手続きをWebで完結させたくても、カードローン会社によっては利用条件を設定している場合がある。

まず、Web完結でよく見受けられるのが、指定された銀行の口座を持っていることだ。

銀行口座はカードローン会社によって異なるので、ご自身が既に所有している銀行が含まれているかを確認すると良いだろう。

また、Web完結できる条件として健康保険証の種類が指定される場合がある。

全国健康保険協会発行の保険証である社会保険もしくは組合保険証でないとWeb完結を利用できないケースもある。

事前に利用条件はよく確認しておいて欲しい。

後から書類やローンカードが送られてくるケースもある

利用するカードローン会社によっては、ローンカードや契約書類が手続き完了後に送られてくるケースがある。

特に、ローンカードの送付は簡易書留などで直接受け取ることになる。

家族や同居人にカードローンの申込を知られたくない方には注意すべきポイントだろう。

また、申込時に誤って郵送契約や書類の郵送受け取りを選択してしまい、手続きを進めてしまうと書類が送付されてしまう。

ローンカードが発行されるカードローンであっても、ローン契約機などで受け取れる場合がある。

予め確認しておくとよいだろう。

また、カードレスで借入が可能なカードローン会社もあるので、ローンカードの郵送を避けたい方はその点もよく確認して欲しい。

Web完結が向いている人

Web完結が向いている人 カードローンナビ

カードローンやキャッシングのWeb完結が向いている人は次のとおりだ。

カードローンやキャッシングのWeb完結が向いている人
  • カードローン会社の営業時間内に店舗へ出向けない
  • 近くに契約手続きができる店舗がない
  • 周囲にお金を借りることを知られたくない
  • 急ぎで融資を受けたい
  • 電話連絡を受けたくない
  • 郵送物の送付を避けたい
  • PCやスマホの操作に慣れている

先述した来店不要で借りるメリットを最大限に活かしたい人がWeb完結に向いているだろう。

特に、周囲にカードローンの利用を知られたくない人は、積極的に利用したい申込方法かもしれない。

また、手続きに時間をあまりかけられない忙しい人や、急ぎで融資を受けたい人にこそWeb完結をおすすめしたい。

手続きがWeb上で進められるため、書類のやり取りがある郵送での手続きや営業時間に間に合うよう店舗へ行く必要が無い。

そのため、融資を受けるまでのタイムロスが発生しにくく、おすすめとなる。

電話連絡を受けたくない人にもWeb完結は向いているが、カードローン会社によっては在籍確認を行うことがあるので、事前に調べておくと良いだろう。

なお、Web完結では本人確認や書類提出をスマホのアプリを利用することがほとんどなので、PC操作やスマホの扱いに慣れている人に向いている。

Web完結で申込できる消費者金融のカードローンは?

Web完結で申込できる消費者金融のカードローンは? カードローンナビ

カードローンには主に消費者金融系銀行系の二種類に分けられる。

消費者金融と銀行では、申込から借入までの金利に若干の差が生じることもある。

Web完結での申込においても、消費者金融系と銀行系では条件の違いや、それぞれの特徴や利点が見受けられる

まず、ここではWeb完結で申込できる消費者金融のカードローンを紹介する。

カードローンSMBCモビットプロミスアコムアイフルレイク
金利
(実質年率)
3.0~18.0%4.5~17.8%3.0~18.0%3.0~18.0%4.5~18.0%
審査時間最短30分最短20分最短20分最短20分最短25分
電話確認原則電話なし原則電話なし原則電話なし原則電話なし原則電話なし
契約時の郵送物あり
(ただし所定の条件を満たせばなし)
なしなしなしなし
カードレス×
(ただし自宅以外で受取方法はあり)

SMBCモビット

SMBCモビットは、消費者金融系の中でも三井住友銀行系の商品となる。

カードローン会社に、安心感や安定感を求める方におすすめだ。

Web完結で利用をするためには、いくつか注意が必要だ。

まず、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていることが条件に含まれる。

次に、全国健康保険協会発行の保険証である社会保険証もしくは組合保険証を持っていることだ。

上記の2つの条件を満たしているかを申込前に確認して欲しい。

また、契約時に郵送物なしで利用したい方は、次のいずれかを選択すれば契約書類などが届かずに済む。

  • オンライン本人確認
  • 指定銀行での口座からの返済
  • 三井住友銀行内ローン契約機へ顔写真付きの本人確認書類を持参し申込

SMBCモビットは条件を満たしていれば、Web完結でスピーディーに手続きが進み融資もその分早く受けられる。

また、スマホアプリを利用すればカードレスで借入も可能だ。

申込から借入までWeb完結で済ませたい方や消費者金融系に安心感を求めている方にはおすすめのカードローンだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短30分
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額1万円~800万円
収入証明書提出の場合あり※
WEB完結可能
申込条件・20歳~74歳
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスもWeb完結が可能なカードローンだ。

融資までの時間が最短20分で、電話確認や申込時の郵送物が発生しない点がメリットとして挙げられる。

プロミスを初めて利用する場合で、メールアドレスの登録とWeb明細の利用を選択すると、利息が30日間0円になる。

プロミスの30日間利息0円は契約日の翌日からではなく、初回借入の翌日からスタートする。

契約後、すぐに借入を予定していない方には使い勝手の良いサービスではないだろうか。

ただ、金利は他の消費者金融系と比べると少し高めとなっているので注意しよう。

借入のタイミングが契約から少し後でも問題なく、Web完結での利用を検討している方にはおすすめできるカードローンだ。

金利(実質年率)年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に添えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件18歳以上74歳以下
(高校生を除く)
担保・保証人不要

アコム

Web完結で利用できるカードローンの中で、バランスが取れているのがアコムだ。

アコムにはカードレス借入可能・郵送物なし・初利用時は30日間金利が0円・融資まで最短20分などの特徴がある。

これらの特徴から、Web完結での手続きと借入を希望している方に向いているカードローンと言えるだろう。

また、アコムはWeb完結できる条件・融資までのスピード・3.0〜18.0%の金利などを見ても、バランスが取れていると言える。

Web完結には複雑な手続きが必要なく、アコムを初めて利用する方にもわかりやすい流れになっている。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

消費者金融系のカードローンの特徴として挙げられるのが、審査時間や融資までの短さだ。

アイフルは融資までの最短時間が20分なので、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめのカードローンとなる。

アイフルは、申込から借入まで完全Web完結が可能だ。申込時の郵送物はスマホもしくは銀行口座から本人確認を行えば、送付される心配はない。

また、カードレスで申込を行えばカードの到着を待たずに融資を受けられる。

さらに、カードが送付されることで周囲にカードローンの利用を知られてしまう恐れもなくなる。

Web完結の条件や方法が複雑ではないので、Webで全てを済ませたい方には利点が大きいカードローンともいえる。

なお、初めてアイフルを利用する方であれば最大30日利息が0円なので、これまでアイフルを利用したことがない方も利用してみて欲しい。

アイフル

金利(実質年率)年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。​
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

レイク

レイクは、初めて利用する方がWebから申込をすると、利息が60日間0円である。

レイクは融資まで最短25分と他の消費者金融系と比べると若干時間がかかる印象があり、金利も4.5~18.0%と少し高めの設定だ。しかし、利息が60日間無料というのは大きな利点ともいえるだろう。

申込時にカードレスで契約を進めれば、郵送物なしで融資を受けられる。

また、借入もスマホや銀行振込で対応できるので、Web完結可能となっている。

本人確認の電話連絡が原則行われないので、周囲にカードローンの利用を知られたくない方はWeb完結でレイクを利用してみて欲しい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

Web完結で申込できる銀行カードローンは?

Web完結で申込できる銀行カードローンは? カードローンナビ

銀行カードローンの利用を検討されている方は、やはり銀行ならではの安心感を求めているのではないだろうか。

銀行カードローンは消費者金融よりも手続きに時間がかかったり、本人確認の電話が発生したりするケースが多く見受けられるが、Web完結できないというわけではない。

ここからは、Web完結できる銀行カードローンを紹介する。消費者金融との違いを確認して欲しい。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの最大の特徴といえば、1.5〜14.5%の金利ではないだろうか。

大手都市銀行のカードローンならではの安心感に加え、金利の低さから選ばれることが多いカードローンだ。

三井住友銀行の口座を持っている方であれば申込から借入まで完全Web完結が可能だ。

カードレスで融資を受けられ、申込後の郵送物の発送もない。

ただし、ほとんどの銀行系と同様に電話確認が行われるので、その点は注意したい点である。

三井住友銀行カードローン

金利(実質年率)年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結一部可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」もWeb完結が可能なカードローンだ。

申込はWebで完結するものの、申込後の郵送物と電話確認は発生する。

ローンカードが発行されるので、郵送物が必然的に発生する。

ただ、カードの郵送を避けたい方は三菱UFJ銀行内に設置されているテレビ窓口の受け取りが可能だ。

Web上での手続きは簡単ではあるが、電話確認と郵送物が発生するので、十分注意が必要だ。

また、融資は銀行口座振込にも対応しているのでカードレスではないが、ATMに出向かなくても融資は受けられる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは、みずほ銀行に口座を持っている方におすすめしたいカードローンだ。

口座を持っていればキャッシュカードからローンの借入がすぐに可能になるからだ。

Web完結で申込ができるが、みずほ銀行に口座を持っていない場合は口座開設の手続きが必要になる。

開設後、カードローンで利用できるカードが送られてくる。

なお、ローンカードの発行は契約手続き完了から1〜2週間程度時間がかかるので、急ぎで融資を受けたい場合は注意が必要だ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年2.0%~年14.0%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短1週間
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、申込から借入までWeb上で完結するカードローンだ。

注意すべき点は、他の銀行系カードローンと同様になる。

ローンカードの発行があるので、郵送物が送られ、電話確認も実施される。

しかし、銀行系では珍しく契約日の翌日から30日間金利が0円だ。

金利も低いほうなので、金利を重視されたい方にはおすすめのカードローンだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、イオン銀行に口座を持っていない方でも利用できるカードローンだ。

Web完結で申込ができるが、融資はローンカードが到着してからの開始となる。

なお、イオン銀行に口座を持っている方は、初回の振込融資が可能となっている。

カードレスには対応していないので、借入の際はATMの利用が必須だ。

借入金額が大きくなると金利が低くなるので、大きな金額での融資を希望されている方におすすめのカードローンだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

Web完結申込は在籍確認なしで借りられる?

Web完結申込は在籍確認なしで借りられる? カードローンナビ

Web完結での申込で気になる点といえば、在籍確認なしでお金を借りられるかどうかではないだろうか。

特に家族や周囲の人に知られたくない方にとっては重要視する点かもしれない。

一般的に、消費者金融系では原則在籍確認を行わないカードローン会社がほとんどだ。

一方、銀行系は在籍確認を行うことが多い傾向にある。

カードローン会社によっては、在籍確認を書類で対応してくれるケースもあるようだ。

電話連絡が勤務先や自宅にくることを避けたい方は、在籍確認の有無と別対応が可能かどうかを事前に確認しておこう。

カードローン 即日について詳しくは知りたい方はこちら

「即日融資可能なカードローン|最短での借入方法や注意点についても解説」

Web完結の注意点は?

Web完結の注意点は? カードローンナビ

Web完結で注意する点は、Webのみでどこまで手続きが進められるかだろう。

申込フォームや本人確認書類の提出はWeb上で対応可能なところがほとんどだ。

しかし、郵送物や在籍確認の有無、ローンカードの受取方法などは事前に確認しておく必要がある。

これは、カードローン会社によって対応が異なってくる。

Web完結での申込や借入を希望しているのであれば、必ず複数社で比較検討しておこう。

また、Web完結かどうかにかかわらず、自身の年齢や職業で申込できるかどうかにも注意すると良いだろう。

申込可能な年齢はカードローン会社によって若干異なる。

申込可能年齢は18歳以上もしくは20歳以上からで、上限年齢は69歳もしくは70歳が多く見受けられるようだ。

なお、カードローンを契約する際には安定した収入が必須となる。

専業主婦でも配偶者の収入で契約できる場合があるが、特に消費者金融系は専業主婦は申込不可になっているので、注意して欲しい。

また年金受給者も申込可と不可に分かれる傾向があるので、事前に確認すると良いだろう。

カードローン・キャッシングをWeb完結で利用したいなら

カードローン・キャッシングをWeb完結で利用したいなら カードローンナビ

カードローン・キャッシングをWeb完結で利用できれば、これまで申込を躊躇っていた方も気軽に利用できるはずだ。

ほとんどのカードローン会社では、Webでの手続きが可能となっている。

忙しい人・周囲に知られたくない人にとっては、非常に使い勝手の良いサービスだ。

しかし、本記事でも紹介したように、Web完結の対応範囲などの、事前リサーチは必須となる。

デメリットをしっかり回避できるようにしてほしい。

本記事を参考に、自身の希望に沿ったカードローン会社を見つけていただきたい。

カードローン・キャッシングをWeb完結で利用し、自身の人生設計や生活へ有効に役立てて欲しい。

目次