MENU

オリックス銀行カードローンで10万円を借りたときの金利はいくらになる?金利の決まり方や注意するポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

パソコンが壊れて急遽買い替えが必要になった、給料日までの生活費の補いとして借りたいなど、少額の借入を検討している人も多いだろう。

しかし、その一方で、借金をするのは怖いため借入したいけれどできないという人もいるかもしれない。

本記事では、そうした不安を取り除くために、オリックス銀行カードローンで10万円の借入を行った場合の金利について詳しく解説を行う。

また、返済に伴う利息についての説明や、他の銀行カードローンとの金利水準の比較も行っている。

本記事を読んで過度な不安を払拭し、賢くカードローンを利用できるようにしてほしい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

オリックス銀行カードローンで10万円を借りたときの金利はいくらになる?

多くの人がカードローンを利用する際に最も気になるのは金利の高さであろう。

高金利の場合、一時的に手元資金が増えても返済時に困難が生じる。

では、オリックス銀行カードローンで10万円を借りたときの金利はどうなるのか。

そうした疑問に答えるために、ここでは以下の2つについて詳しく解説をする。

  • オリックス銀行カードローンの金利水準
  • 100万円未満の場合の金利

この項目を読めば、オリックス銀行カードローンで10万円を借りた際の金利について理解ができるはずだ。

オリックス銀行カードローンの金利は年1.7%〜年14.8%

オリックス銀行カードローンの金利は、年1.7%〜年14.8%だ。

オリックス銀行カードローンの利用者は、上記の比率の範囲内で金利が適用されることになる。

つまり、最も良い条件で借入ができる場合には年1.7%の金利で、そうでない場合には年14.8%に近い金利が適用される。

そのため、オリックス銀行カードローンで借入を行う場合、高くても金利は年14.8%を超えることはないと理解すればよい。

利用限度額が100万円未満の場合の金利

オリックス銀行カードローンでは、利用限度額が100万円未満の場合の金利は年12.0%〜14.8%に設定されている。

つまり、100万円未満であれば10万円の限度額でも99万円の限度額でも適用される金利に大きな違いはない。

この範囲内で、利用者の個々の状況に応じて、実際に適用される金利が決まることになる。

オリックス銀行カードローンの金利の決まり方は?

オリックス銀行カードローンで借入を行う場合に適用される金利は、以下の2つで判断される。

  • オリックス銀行が設定する金利幅
  • 利用者自身の状況

ここでは、オリックス銀行が金利幅をどのように設定しているのかについて、利用限度額と金融情勢の2つの観点から詳しく解説する。

利用限度額によって階層が分かれている

オリックス銀行カードローンで適用される金利の幅は、利用限度額に応じて段階的に分かれている

その利用限度額に応じた金利水準は以下の通りである。

スクロールできます
利用限度額借入利率(年)
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
600万円超700万円以下3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下5.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下6.0%~14.8%
100万円
100万円未満12.0%~14.8%

このように、利用限度額が多いほど、適用される金利は低くなる傾向がある。

利率は金融情勢などによって随時変動する

オリックス銀行カードローンでは、設定されている金利が金融情勢などによって随時変動している。

この点には注意が必要だ。

金融情勢とは、主に物価の上下や日本銀行の金融政策によるお金の価値の変動を指している。

例えば、物価が上昇している場合には同じ1万円でも購入できる商品・サービスが減っていくことになる。

このときに同じ金利を維持していると、オリックス銀行は実質的に金利を下げてサービスを提供することになってしまう。

そのため、物価が上昇している場合には、金利が上がりやすくなる。

一方、物価が下落している場合には、同じ1万円でも購入できる商品・サービスが増えていくことになる。

このときに同じ金利水準を維持していると、実質的な金利の値上げとなり、利用者が離れていく可能性がある。

そのため、金利は下がりやすくなる。

上記の例のように、お金の価値が下がる場合には金利が上がりやすくなり、お金の価値が高まる場合には金利は下がりやすくなるのだ。

利息の計算方法

オリックス銀行カードローンで10万円を借りた場合の金利水準は理解できたと思う。

次に気になるのが、実際に支払う利息はいくらになるのだろうかという点だ。

その疑問に答えるべく、ここでは利息の計算方法と支払う利息の具体例を解説する。

利息の計算式

利息の計算方法は以下の通りである。

利息=元金×金利(年)÷365×借入日数

元金に金利を掛けることで1年間で発生する利息を計算することが可能であり、それを365日で割れば、1日あたりの利息が分かる。

最後に、借入日数をかければ、借入期間に発生する利息が計算可能だ。

10万円を金利年14.8%で30日借りた場合の利息

結論からいえば、10万円を金利年14.8%で30日借りた場合の利息は1,216円である。

その計算式は以下の通りである。

利息=10万円×0.148÷365×30

このように、利息は借入残高・金利・借入日数が分かれば計算可能だ。

オリックス銀行カードローンの利息を計算するなら返済シミュレーション

利息の計算は前述した計算式で簡単に計算できる。

ただ、金利を変えたり、借入日数を変えたりなど様々な条件で支払う利息を考えるのは面倒かもしれない。

そんなときに役立つのが、返済シミュレーションだ。

ここではその返済シミュレーションを利用するメリットと、返済シミュレーションで分かることについて解説を行う。

必要事項を入力するだけで簡単に計算できる

返済シミュレーションを利用するメリットの1つは、簡単な入力で計算ができる点だ。

オリックス銀行カードローンが提供する返済シミュレーションで入力する項目は以下の2つだけである。

  • 借入利率
  • 借入希望額

たったこの2つの項目を入力するだけで、簡単に利息を計算できる。

この点が返済シミュレーションの魅力の1つである。

また、シミュレーションは返済額・返済期間の2パターンで計算することができるというのも大きな魅力だ。

この返済シミュレーションで分かることは以下の3つである。

  • 返済回数
  • 総返済額
  • 利息総額

例えば、借入利率14.5%で10万円の借入を行った場合の返済シミュレーションを入力すると、以下のような結果が出てくる。

  • 返済回数
    • 43回
  • 総返済額
    • 128,751円
  • うち利息
    • 28,751円

通常返済は1ヶ月に1回の返済である。

そのため、返済回数が43回というのは約3年半かけて合計128,751円を返済し、利息分が28,751円となることが分かる。

このように、返済シミュレーションを行うことで、どれぐらいの期間で総額いくらの返済をすることになるのかが簡単に分かるのである。

そのため、返済シミュレーションは返済計画を事前に考えるために使うとよい。

オリックス銀行カードローンの金利について注意するポイント

オリックス銀行カードローンの金利について注意するポイントは、下限金利に注意しすぎないことだ。

年1.7%という低い金利は、700万円〜800万円の借入を行える人にだけ適用される金利である。

総量規制によって金融機関は、年収の3分の1を超える金額を融資することはできない。

つまり、700万円以上の借入を行えるのは、年収が2100万円以上の人だけである。

このように、銀行カードローンが設定する下限金利は、多くの人にとってはあまり関係のない金利といえる。

逆に、少額での借入を考えている場合には、上限金利が適用される可能性が高い

そのため、オリックス銀行カードローンの金利が他と比較して高いかどうかを判断するさいには、上限金利に注目すべきだ。

金利
(実質年率)
年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

オリックス銀行以外の銀行カードローンの金利を比較

オリックス銀行カードローンの金利が適正水準なのかどうかを判断するためには、他の銀行カードローンとの比較が欠かせない。

そこで、主な銀行カードローン9つとオリックス銀行カードローンの金利水準を比較したものが以下の表である。

スクロールできます
金利(年率)融資限度額
オリックス銀行カードローン1.7%~14.8%10万円~800万円
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%10万円~800万円
横浜銀行カードローン1.5%〜14.6%1,000万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%10万円~500万円
東京スター銀行スターカードローン1.5%~14.6%10万円~1,000万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%10万円~800万円
セブン銀行カードローン12.0%~15.0%10万円~300万円
りそな銀行カードローン1.99%~13.5%10万円~800万円

この表からは、銀行カードローンの金利相場は一般的に1.5%から2.0%程度と言える。

それに対して、上限金利は14.0%から15.0%程度が相場となる。

オリックス銀行カードローンは年1.7%〜年14.8%であるため、比較的平均的な水準であるといえる。

もし、オリックス銀行カードローンの金利についてより詳しく知りたくなったら以下の記事も参考になるはずだ。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は年1.5%〜年14.5%である。

ただし、利用限度額が100万円以下の場合は年12.0%〜年14.5%に設定されている。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローンの金利は、年1.9%〜年14.5%である。

利用限度額が100万円以下の場合の金利は、14.5%に固定されている。

オリックス銀行カードローンよりも上限金利は低く設定されている。

ただ、10万円程度の借入の場合は楽天銀行は14.5%に金利が固定される。

そのため、場合によってはオリックス銀行カードローンの方が10万円程度の借入だとより低い金利で借入ができる可能性がある。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの金利は年1.5%〜年14.6%となっている。

横浜銀行は利用限度額ごとの金利水準を公表していない。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンの金利は、年1.8%〜年14.6%である。

利用限度額が100万円以下の場合の金利は13.6%〜14.6%である。

つまり、オリックス銀行カードローンの金利の方がこの利用限度額での下限金利は低くなっている。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

東京スター銀行スターカードローンα

東京スター銀行カードローンαの金利は、年1.5%〜年14.6%だ。

東京スター銀行も利用限度額ごとの金利水準を公表していない。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%〜年14.0%である。

利用限度額が100万円未満の場合の金利は年14.0%である。

ただし、みずほ銀行で受託ローンの借入を行っている場合には、金利が年13.5%となる。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの金利は年3.8%〜年13.8%である。

他の銀行カードローンと比較すると、下限金利は高いが上限金利が低いという特徴がある。

利用限度額が90万円以下の場合の金利も年11.8%〜年13.8%となっており、オリックス銀行カードローンよりも低い。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの金利は、年12.0%〜年15.0%だ。

一見すると、下限金利が他の銀行カードローンと比べて高いように見える。

これは、セブン銀行カードローンの利用限度額の上限が300万円と少ない金額が設定されているためである。

利用限度額が10万円〜50万円の場合の金利は15%と、他の銀行よりもわずかではあるが高い水準が設定されている。

そのため、少額での利用の場合はオリックス銀行カードローンの方が低い金利で借入できる可能性が高い。

バナー画像予定

金利(実質年率)年12.0%~年15.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間なし
借入限度額10万円~300万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上70歳未満
セブン銀行口座を持っている方
一定の審査基準を満たして株式会社セブン銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者の資格がある方
担保・保証人不要

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンの金利は、年1.99%〜年13.5%である。

利用限度額が100万円以下の場合の金利は、一律年13.5%である。

ただし、りそな銀行で住宅ローンの借入を行っている場合には、金利は年13.0%となる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.99%〜年13.5%
審査時間最短1週間以内
融資速度最短1週間以内
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

オリックス銀行カードローンの申込方法

オリックス銀行カードローンの申込の流れは以下の通りだ。

  • 申込フォームへの入力
  • 受付メールの配信
  • ローン審査の開始
  • 在籍確認・本人確認・申込内容の確認
  • ローンカード発行
  • 必要書類の提出
  • 利用開始

オリックス銀行カードローンに申込を行う際の最初のステップは、申込フォームへの入力だ。

この申込フォームでは、名前・生年月日・家族構成・連絡先などの基本的な情報とガン保証特約付きプラン「Bright」への申込を行うかを入力する。

その入力が終われば、登録したメールアドレス宛にオリックス銀行から確認用のメールが来る。

ここで確認用のメールに記載されているURLをクリックして、受信確認をした場合には次のローン審査の結果がメールで送られてくる。

それに対して、メールの受信確認をしなかった場合には、自宅に書面で審査結果が送られてくることになる。

早く審査結果を知りたい場合や家族にカードローンの利用を知られたくない場合には、メールの受信確認を行った方がよい。

ローンの審査の途中で勤務先への在籍確認や本人確認のための電話が来る。

在籍確認では、カードローンの審査のための電話であることを極力知られないような配慮がされていることが多い。

しかし、それでも職場の人に利用が知られてしまう可能性がある。

そのため、できれば自分自身への直通電話を登録したり、自分が電話を取りやすい時間帯に電話をするよう相談しよう。

こうした審査に通れば、ローンカードが発行され、自宅に簡易書留で送られてくることになる。

その後、メールで必要書類アップロード用URLが送られてくる。

そうしたらURL先から申込本人の氏名・住所・生年月日が確認できる本人確認書類などのアップロードを行おう。

本人確認書類として利用できる書類は以下の通りだ。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明

また、50万円以上の借入を行う場合には、所得証明書の提出も必要となる。

これら必要書類を提出し、オリックス銀行がそれを確認・審査終了すれば、借入が可能となる。

指定口座への振込や提携ATMから引き出すことで、借入が完了する。

オリックス銀行カードローンが利用できる条件

オリックス銀行カードローンでは利用できる人に条件がつけられている。

その条件は以下の通りである。

  • お申込時の年齢が満20歳以上69歳未満であること
  • 原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)の方は除く)
  • 日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

これらの条件を満たしていない場合には審査に通らないため、申込前に確認をしておく必要がある。

オリックス銀行カードローンの金利について知りたいなら

オリックス銀行カードローンの金利について、詳細な情報を知りたい場合はオリックス銀行のHPを確認してみよう

金利は大きく変動することはないとはいえ、金融情勢によって金利水準が変化する可能性はある。

また、オリックス銀行は利用限度額ごとに金利の幅を設定している。

そのため、実際に申込をするまでは自分自身に適用される金利を具体的に把握することはできない。

上記のことから、オリックス銀行のHPで現在の金利の確認や返済シミュレーションを行って返済計画のイメージを掴んだ上で、申込をしてみるのがよい。

金利
(実質年率)
年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次