MENU

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で10万円を借りたときの金利はいくら?金利の決まり方や注意するポイントを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

返済額を左右する金利はカードローン選びの重要なポイントだ。

生活費に余裕が欲しい方は、金利のチェックが重要となる。

では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、10万円を借りた場合の金利はいくらになるのだろうか。

三菱UFJ銀行は大手メガバンクであり、信頼感のある金融機関だ。

低金利で貸し出してくれると期待する人も多いのではないか。

そこでこの記事では、三菱UFJ銀行バンクイックの金利に関する情報を解説する。

カードローン利用に備えて、金利の決まり方・注意点などを詳しくチェックしていこう。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

三菱UFJ銀行カードローンで10万円を借りたときの金利はいくら?

カードローンは、種類によって金利の幅が大きく異なる。

同じく10万円を借りてもかかる利息に差が出るため、返済計画に影響がある。

ここでは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」で適用される金利はいくらなのか解説していく。

バンクイックの金利は年1.8%〜年14.6%

バンクイックの金利は年1.8%〜14.6%である。

一般的な銀行・消費者金融カードローンの平均金利相場と比較してみよう。

スクロールできます
バンクイック銀行カードローン消費者金融カードローン
平均金利
(相場)
年1.8%~14.6%年2.0%~15.0%年3.0%~18.0%

消費者金融カードローンは全体的に高めの金利設定となっている。

一方、銀行カードローンの方が低い傾向にあるが、その中でもバンクイックはとりわけ低金利に設定されている。

上限金利で比べると、最大3.4%の差が生じているのがわかる。

利息の計算方法については後述するが、3%の差は毎月の返済負担に大きな影響を与える。

同じ金額を借入するとしても、低金利であると毎月の返済負担が軽減され完済しやすい。

長期的に利用する場合も安心して借入・返済ができるだろう。

利用限度額が10万円以上100万円以下の場合の金利

金利は利用者の負担軽減を目的として、利息制限法で上限金利が定められている。

その上限金利は年15.0%〜20.0%で、借入額が多いほど下がる仕組みだ。

バンクイックで定められている利用限度額は10万円〜500万円である。

つまり、10万円の借入はバンクイックでは利用可能最低額となる。

これにより、契約時に決定した利用限度額が10万円以上100万円以下と比較的少額の方は、年13.6%〜14.6%の金利が適用される。

バンクイックの上限金利もしくは上限に近い金利が課されることがわかるだろう。

借入額は少ないが、その分利息が高くなってしまうのだ。

三菱UFJ銀行カードローンの金利の決まり方は?

カードローンでかかる金利は、常に同じになるわけではない。

利用者・利用状況によって変わるため、どのように金利が決まるかを知っておくと利用に役立つだろう。

ここからは、バンクイックの金利が決まる2つの条件を解説する。

あらかじめよく覚えておき、申込・借入の参考にしてほしい。

利用限度額によって階層が分かれている

多くのカードローンは、利用限度額に応じて金利が変動する。

バンクイックでは利用限度額を100万円単位で区切り、次のような金利の階層を設けている。

利用限度額借入利率
500万円以下400万円超年1.8%~6.1%
400万円以下300万円超年6.1%~7.6%
300万円以下200万円超年7.6%~10.6%
200万円以下100万円超年10.6%~13.6%
100万円以下10万円以上年13.6%~14.6%

この表から借入額が少ないほど金利は高く、借入額が多くなるにつれて金利も低くなっていくことが分かるだろう。

利用限度額は利用者の収入状況・借入希望額に応じて契約時に決定される。

増額しない限りは、同等の金利が適用されると考えて良いだろう。

利率は金融情勢などによって随時変動する

バンクイックで適用される利率には、金融情勢の変化も大きく関わってくる。

なぜなら変動金利が採用されているからだ。

変動金利とは、金融情勢などによって市場金利が変動することに応じて、カードローンの金利が変動する仕組みである。

簡単にいえば景気が上がれば金利も上がり、景気が下がれば金利も下がるのだ。

金融情勢は変化しやすいため、金利も定期的に見直されることになる。

適用金利が変更されると、変更前の借入分に対しても新たな金利が適用される。

借入時と返済時では返済額が変更される可能性があることを覚えておこう。

三菱UFJ銀行カードローンで10万円借り入れた場合の利息の計算方法

金利について理解した後は、返済額に影響を与える利息がいくらになるかを把握する必要がある。

そのためには、利息の計算方法を知っておくのが良い。

ここでは利息の計算方法を解説するとともに、実際にバンクイックで10万円を借入した場合の利息を計算してみよう。

利用を検討する材料としてほしい。

利息の計算式

バンクイックの利息は利用期間中の最終残高に対し、実質年率で付利単位を1円、1年を365日とする日割計算で算出できる。

計算式にすると借入金額×実質年率×借入日数÷365日となる。

利用状況に応じてかかる利息は変化するため、自分の利用計画に合わせて当てはめてみよう。

なお、借入日数は初回借入日または前回返済日の翌日から返済当日までの日数だ。

日数が長いと、返済に余裕が生まれるが利息は高くなるため注意しよう。

三菱UFJ銀行カードローンの金利について詳しく知りたい方はこちら。

実際に利息を計算してみよう

バンクイックで10万円を借入した場合の利息は、どうなるのだろうか。

たとえば、上限金利の年14.6%が適用される利用者が30日借りた場合を例に考えてみたい。

計算式に当てはめると10万円×14.6%×30日÷365日となり、利息額は1,200円という結果が出た。

この利用者の返済額は101,200円となる。

補足すると、表で示したように消費者金融カードローンの上限金利である18.0%で借入した場合、利息は1,479円である。

利息額に200円以上の差が出るため、消費者金融カードローンよりもバンクイックの方が明らかにお得だとわかる。

この計算結果はあくまで参考値であり、実際の利用状況によっては返済額が異なる可能性がある。

返済前に指定されている返済額を随時確認すると良いだろう。

三菱UFJ銀行カードローンの利息を計算するなら返済シミュレーションを活用

利息の計算方法について紹介したが、逐一自分で計算するのは難しいと感じるかもしれない。

計算間違いで失敗する不安がある方もいるだろう。

そのような時に役立つのが、バンクイックの返済シミュレーションだ。

返済シミュレーションが役立つ2つのポイントを取り上げる。

必要事項を入力するだけで簡単に計算できる

バンクイックの返済シミュレーションの魅力は、操作が簡単であることだ。

金利を指定しない場合はたった2つの項目を入力するだけで自動的に計算ができる。

たとえば、返済額シミュレーションを行う場合は借入希望金額・返済予定期間の欄に数字を入力するだけで良い。

借入額を決定するときにも役立つだろう。

バンクイックのシミュレーションは、操作の手順が少なく直感的に行える。

これにより、カードローンを初めて利用する方も操作が苦手な方も自分に適したシミュレーションを行えて便利だ。

返済額・返済期間のシミュレーションが可能

バンクイックでは返済額・返済期間のシミュレーションが可能である。

毎月の返済額だけでなく、返済期間も確認することが重要だ。

返済期間シミュレーションは、借入希望金額・毎月の返済予定金額を入力するだけで行える。

返済回数ごとの残高・利息も一覧で確認できてわかりやすい。

また、返済シミュレーションページに提示されている返済例も参考にできる。

どのように返済していくか、具体的な計画が立てやすくなるはずだ。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利について注意するポイント

バンクイックに限ったことではないが、初回契約時は利用実績がなく利用限度額が低く設定されやすい。

これにより、上限金利が採用されるケースが多い。

金利を下げるためには、利用限度額を増額する必要がある。

しかし、増額には初回契約と同様に審査を受ける必要があり、必ずしも増額できるとは限らない。

さらに、増額は契約後すぐ申込することはできず、利用実績があることが条件となる。

三菱UFJ銀行の利用者であっても、その点に関しては優遇されることは期待できない。

また、消費者金融カードローンでは無利息期間を設けている場合があるが、バンクイックでは相応のサービスはない。

そのため、借入翌日から利息が発生する。

返済の遅延を避けるためには、借入前に入念な返済計画を立てることが重要だ。

三菱UFJ銀行カードローンの他の銀行カードローンの金利を比較

銀行カードローンの平均金利相場と比べると、バンクイックは低金利だ。

では、銀行カードローンごとの金利はどのようになっているのだろうか。

カードローン金利
三井住友銀行カードローン年1.5%~14.5%
楽天銀行スーパーローン年1.9%~14.5%
横浜銀行カードローン年1.5%~14.6%
オリックス銀行カードローン年1.7%~14.8%
東京スター銀行カードローンα年1.5%~14.6%
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン年12.0%~15.0%
りそな銀行カードローン年1.99%~13.5%

表で比較してみると、カードローンごとに差があるとわかる。

それぞれのカードローンごとの金利をさらに詳しくチェックしていこう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行が扱うカードローンでは、年1.5%〜14.5%の金利が適用される。

バンクイックの金利と比較すると全体的にやや低めとなっている。

さらに、最大利用限度額が800万円のため、利用限度額に応じた金利の変化が緩やかであるのが特徴だ。

なお、三井住友銀行の住宅ローンを借入中の方であれば年1.5%〜8.0%と非常に低金利で借入できる。

合わせて検討してみるのも良いかもしれない。

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.5%
審査時間最短当日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合もございます。
融資速度最短当日
※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超える場合に必要
WEB完結可能
申込条件満20歳~満69歳以下
担保・保証人不要

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行が提供するカードローン「楽天銀行スーパーローン」は、年1.9%〜14.5%で金利を設定している。

最大限度額は800万円で、10万円単位で選択できる。

年14.5%で10万円を30日間借りた場合の利息は1,191円で、バンクイックと大きな差はない。

楽天会員ならランクに応じて審査優遇が受けられるほか、入会及び利用で楽天ポイントがもらえる特典がある。

金利よりポイントを重視する方に向いているだろう。

楽天銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

横浜銀行カードローン

神奈川県・東京都に居住または勤務している方を対象に提供されている横浜銀行カードローンの金利は、年1.5%〜14.6%である。

上限金利はバンクイックと同じだが、最大利用限度額は1,000万円となっている。

高額借入を希望する方は比較的低金利で借入できる可能性が高い。

他のローン・クレジットカードのリボ払いをおまとめできるのも魅力だ。

複数の借入があるならまとめて借入額を大きくし、金利を低くする案も検討しよう。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行が取り扱うカードローンの金利は、年1.7%〜14.8%だ。

年14.8%の金利で10万円を30日間借りた場合、利息は1,216円となる。

バンクイックとの差は小さいが、利用回数が増えると負担になるかもしれない。

銀行カードローンでは珍しい契約日翌日から30日間の無利息サービスが受けられるのも特徴的だ。

そのため、契約後すぐに借入を予定している方は金利を気にせず利用可能だ。

金利
(実質年率)
年1.7%~年14.8%
審査時間1週間程度
融資速度1週間程度
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件20歳以上69歳未満
担保・保証人不要

東京スター銀行スターカードローンα

東京スター銀行のカードローン「スターカードローンα」では、年1.5%〜14.6%の金利が適用される。

東京スター銀行は関西にも店舗があるため、日本各地で使えるのも嬉しいポイントだ。

契約日から30日間無利息で利用でき、最大1,000万円の高額融資が可能となっている。

借入金額に関わらず、30日間も利息がかからないのはお得である。

また、返済用預金口座が残高不足の時には自動的に融資が行われるサービスもある。

金利面は平均的であるものの、安心して返済しやすいカードローンだ。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行が取り扱うカードローンの金利は、年2.0%〜14.0%である。

年14.0%で10万円を30日間借りたとすると利息額は1,150円となり、バンクイックとの差は50円だ。

積み重なるとお得を実感するだろう。

さらにみずほ銀行の住宅ローンを借入中であれば基準金利より年0.5%引き下げられ、年1.5%〜13.5%で利用可能となる点も覚えておこう。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行が取り扱うカードローンは、年3.8%〜13.8%の金利が設定されている。

年13.8%で10万円を30日間借りた場合、1,134円の利息がかかる。

バンクイックと比べて60円以上利息額が低くなり、長期利用も安心して行えるだろう。

また、毎月の最低返済額は1,000円と手頃である。

イオン銀行ATM・提携コンビニATMなら手数料無料で取引でき、余分な返済額が生まれないのも嬉しいポイントだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

セブン銀行カードローン

セブン銀行で扱われているカードローンは、年12.0%〜15.0%の金利となっている。

下限金利から上限金利の幅が3.0%と非常に狭いのが特徴だ。

そして、50万円〜300万円の利用限度額に応じて4つの階層に分かれている。

10万円を30日間借りた場合、1,232円の利息がかかる。

大きな差ではないが、今回紹介する中では最も利息が高いカードローンになるため、慎重に考慮しよう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年12.0%~年15.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間なし
借入限度額10万円~300万円
収入証明書不要※
WEB完結可能
申込条件満20歳以上70歳未満
セブン銀行口座を持っている方
一定の審査基準を満たして株式会社セブン銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方
外国籍の方は永住者の資格がある方
担保・保証人不要

りそな銀行カードローン

りそな銀行が取り扱うカードローンの金利は、年1.99%〜13.5%だ。

今回紹介する中では上限金利が最も低いカードローンで、バンクイックとの差は1.1%となる。

10万円を30日間借りた場合の利息は1,109円である。

月中平均残高が10万円以上ならりそなクラブポイントが貯まり、ポイント交換・キャッシュバックが可能だ。

10万円以上借入したい方におすすめである。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.99%〜年13.5%
審査時間最短1週間以内
融資速度最短1週間以内
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローンの申込方法

バンクイックの申込方法は、インターネット申込または電話申込から選択できる。

どちらも平日・休日問わず受付可能であり、忙しい方も申込しやすいだろう。

インターネット申込の場合、24時間365日申込可能だ。

パソコン・スマートフォンを使用し、公式サイトもしくはアプリから新規申込を行う。

申込ボタンをクリックし、指示に従って必要事項を入力する。

この時、入力内容に誤りがないか注意深く確認しよう。

電話申込の場合、新規申込者用の専用ダイヤル(0120-959-555)に電話をかけ、オペレーターに必要事項を回答して申込が完了する。

年末年始を除き平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00が受付可能時間だ。

スムーズな申込のためにも時間には注意してほしい。

申込後は本人確認書類を提出する。

バンクイックでは、現住所が記載された以下の書類のいずれか2点を提出するよう求められる。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者カード

また借入希望額を50万円以上に設定した方は、別途収入証明書の提出も必要だ。

以下のいずれか1点を提出できるよう準備しておこう。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2
  • 確定申告書第1表・第2表

書類の提出方法はWebアップロード、郵送、FAXのいずれかを選択できる。

提出前に書類が正確であるか必ず確認しよう。

三菱UFJ銀行カードローンが利用できる条件

バンクイックの利用条件としてまず重視すべきなのは、年齢が満20歳以上65歳未満で国内に居住している点だ。

申込時にはこの範囲内の年齢でなければ、受理されない。

また、利用中に65歳に達するとそれ以降の利用はできなくなる。

さらに、アコム株式会社の保証を受けられる状態でなくてはならない。

そのため、審査は三菱UFJ銀行と保証会社であるアコム株式会社がそれぞれ行う。

そして、原則安定した収入があることも必須条件となる。

毎月継続して安定収入が得られているかどうかは返済能力を測るのに重要だ。

これらの条件を満たしていない場合、申込が受理されないか、利用停止になる可能性がある。

契約後も利用条件から外れることがないよう随時確認しておこう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の金利について知りたいなら

今回は三菱UFJ銀行カードローンの金利について詳しく解説した。

利用に向けて具体的なイメージができたのではないだろうか。

10万円の借入を検討している方には、一般的な銀行・消費者金融カードローンと比べ比較的低金利なバンクイックがおすすめである。

とはいえ、返済が長引くと当初の予定よりも利息を多く支払わなければならない。

そのような問題に直面する前に、ぜひ返済シミュレーションを活用しよう。

カードローンを計画的に利用していくためには、金利が重要なポイントの1つとなる。

ただ、金利以外にもカードローンでは重視すべきポイントがある。

申込前には金利だけでなく、返済方法や契約条件なども含めて、自分に合ったカードローンを選ぶために比較検討してほしい。

金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

\ 審査の手続きカンタン!/

目次