1. ホーム
  2. 年金
  3. 20代から考えるべき!将来の年金生活を安定させるための賢い戦略

20代から考えるべき!将来の年金生活を安定させるための賢い戦略

この記事で解決できるお悩み
  • 20代のうちから年金生活に向けて準備を始めるべきかどうかを迷っている
  • 将来へどのように備えていいのかわからない
  • 年金生活に関して具体的に知りたい

「年金制度って結局どうなの?」「老後に十分な年金はもらえる?」など、不安に思っている方もいるのではないだろうか。

特に年金に関するトラブルなどが浮上してくると、より不安に感じるものだ。

しかし、20代の若いうちから、年金について具体的に考えられないという方も少なくない。

本記事では、年金について詳しく解説する。

今後来るであろう年金生活や、それを支える年金以外の収入についても考察していくので、将来に不安を覚えているという方はぜひ参考にしてみてほしい。

目次

年金制度の基本理解

年金制度の基本理解 わたしのIFA

年金は給与から天引きされているものだが、実際のところ年金制度の基本を理解しているだろうか。

年金制度をしっかり把握しておくことで、問題点なども見えてくる。

今後年金がもらえるようになるかどうかについて不安があるなら、ぜひ読んでみてほしい。

年金制度の歴史とその進化

年金制度は、もともと工場などに勤務していた男性労働者だけに適用されていた制度だ。

創立された当初は、「労働者年金保険制度」といった制度で、1942年に作られている。

その後、1944年にはその他の労働者も対象とされ、名称も「厚生年金保険制度」となった。

公務員に関しては「共済年金制度」が整備されていたため、自営業の方以外に対しての年金制度が確立された。

自営業者に関しては、1961年になってようやく「国民年金制度」が整備され、全国民が年金を受け取れる制度が確立された。

日本の年金制度の現状と問題点

日本の年金制度のもっとも大きな問題点は、少子高齢化による働く世代の減少と年金受給者の増加だ。

年金制度は、現役世代が支払う年金によって、高齢者が受け取る年金がまかなわれている。

働ける世代が多くて年金を受け取る高齢者が少なかったときには問題のなかった年金制度だが、働く世代が少なくなり、高齢者の人数が増えてしまったことで保険料が賄えなくなっているということになる。

そのため、若者が高齢になったときには受け取れる年金額が少なくなってしまう可能性が高いというわけだ。

今の20代は年金がもらえるのか

今の20代が年金をもらえるのか、というのは多くの若者が気にしていることだろう。

毎月年金が給与から天引きされているのに、自身が高齢者となったときにもらえなくなってしまうのでは意味がない。

同じだけの金額を自分自身で管理するほうが、まともに資金が貯まるのではないかと考えてしまう場合もある。

しかし、実際のところ減額はされたとしても、年金というシステム自体が破綻することは今のところ考えなくてもよいだろう。

いざとなれば、国が支援するからだ。

20代から考える年金生活の準備

20代から考える年金生活の準備 わたしのIFA

老後への対策は、早めにすることが肝要だ。

20代は老後について考えるにはまだ早い、と感じる方もいるかもしれない。

しかし、決して早すぎるということはない。

ここからは、20代のうちに年金生活の準備をしておく必要がある理由を説明する。

20代から考える年金生活のメリット

20代から年金生活について考えると、資金などを貯めやすいというメリットがある。

年金は減額される恐れがあるため、年金だけで暮らしていくのは厳しいかもしれない。

そのため、投資などで資金を増やしておくのがおすすめだ。

特に長期投資は、早めから始めていくことで、複利を増やすことができる。

若いうちから投資をして資金を増やしておくことで、セカンドライフは安定した生活を手に入れられるだろう。

年金だけに頼らない将来設計

年金だけに頼らず老後の生活を設計しておくことが大切だ。

なぜなら、先述した通り、将来的に年金だけで生活していくことは難しい可能性が高いからだ。

このような多角的な視点での資金計画は、豊かな老後のために重要だ。

具体的なアクションプラン

老年になってから生活資金について考えても、遅い。

そのため、年齢別、ライフステージ別の対策を事前に立てておく必要がある。

人生の具体的なアクションプランを、20代のうちから考えておくことで、いざというときに慌てることもないだろう。

年金以外の収入源を考える

年金以外の収入源を考える わたしのIFA

年金以外の収入源を考えることも重要だ。

あなたが老齢になったとして、年金収入だけで豊かな生活が送れるとは限らない。

老後資金は若いうちから計画的に貯めておかなければ、年を取っても働かざるを得なくなるかもしれない。

そのようなことにならないためにも、年金以外の収入源を考えておき、あなたの未来を守るようにしよう。

投資と貯蓄

年金以外の収入源として考えられるのは、投資と貯蓄だ。

積立型の投資や貯蓄は、毎月一定額を配分することで、設定した日付までに目標額を貯めることができる。

貯蓄なら元本割れするリスクがない。

一方積立投資には元本割れのリスクはあるものの、比較的安定した投資が可能だ。

長期間の投資を行うことで複利を得ることができる可能性があるからだ。

投資と貯蓄とを行うことで、リスク管理をしながら確実に老後資金を貯めていくことができるだろう。

副業と起業

貯蓄をするだけでなく、副業や起業で自己実現をしつつ収入を増やすことも選択肢の一つだろう。

副業をすることで、収入を増やして生活費以外に使えるお金を増やし、そのお金を元に起業することもできる。

支出を見直すことも大切だが、収入を増やすことによってより老後に安定した生活を手に入れることも可能だ。

資格取得とスキルアップ

自己投資型の対策としては、資格の取得とスキルアップが挙げられる。

資格を取得することによって業務範囲が増え、資格手当などで収入を増やすこともできる。

また、スキルアップをすることによって役職が上がり、その分給与が上がる可能性もある。

給与を上げることができれば生活に余裕ができ、貯蓄金額や積立投資額を増やすこともできる。

副業や起業が難しい場合は、資格の取得がおすすめだ。

20代からの資産形成はどこに相談すればいいのか

20代からの資産形成はどこに相談すればいいのか わたしのIFA

ここまで年金制度の現状や準備・具体的な資産形成の方法について解説してきた。

ただ、実際に資産形成の準備を始めようとすると、アクションプランをどう立てればいいのか・投資をどのように進めればいいのかといった悩みが出てきて、相談できる窓口が欲しいと考えている方も多いのではないだろうか。

そんな時は、資産形成の専門家であるIFAに相談してみるのも一つの手段となる。

プロの知識と経験によるサポートが入ることで、適切な資産形成が可能となる。

IFAについてまとめたので、参考にしてもらいたい。

IFAとは何か

IFAとは、資産形成に関する専門家だ。あなたに合った金融商品の提案だけでなく、仲介もしてくれる。

お金に関する問題なら、資産形成から保険、相続に至るまでどのようなことでも相談に乗ってくれるだろう。

また、金融関係の専門知識をもとに、ライフプランやポートフォリオの作成をしてくれるのも利点だ。

いわゆる「お金のホームドクター」としての役割を期待できるため、老後資金について不安があるならぜひ相談してみると良いだろう。

IFAを利用するメリット

IFAを利用することで、専門知識や経験をもとにした資産運用のアドバイスを受けることができる。

長期間にわたって信頼関係を築きながらさまざまなサポートを受けることができるため、あなたの資産を最大化してくれるだろう。

そのためにも、信頼できるパートナーとなりえるIFAを見つけることが肝心だ。

IFAに頼るべきタイミングとは 

20代で老後資金が気になりだしたら、ぜひIFAを頼るべきだろう。

IFAに頼るタイミングは早ければ早いほどよい。年金生活やそのほか必要な資金の準備について、IFAからアドバイスを受けることができるからだ。

準備期間が長ければ、それだけ多くの利益を得ることができるだろう。

ただ、理想のIFAをどうやって見つければ良いのかわからないという人もいるのではないか。

検索プラットフォームである「わたしのIFA」は相談事項や希望商品を入力する事で、希望に合ったIFAを探し出し、マッチングさせてくれる。

IFAへの理解を深めるといった意味でも、ぜひ活用してみて欲しい。

まとめ

まとめ わたしのIFA

この記事では、年金制度の基本から、年金以外の収入源の考え方、そしてIFAの利用のメリットについて詳しく説明した。

IFAに相談することで、専門的な知識と経験に基づく資産運用のアドバイスを受けることができる。

20代から考える年金生活やその準備についての疑問や不安も解消されるだろう。

「わたしのIFA」は、あなたとIFAをマッチングしてくれるサービスだ。

「わたしのIFA」を利用すれば、信頼できるIFAにつながり、資産運用における疑問点などを相談することができる。

IFAに相談してみたいと考えているなら、下記ボタンから無料相談に申し込んでみてほしい。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次