MENU

必ず通るカードローンとは?審査に落ちないコツ・対策を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンを利用するには審査があるため「必ず通るカードローンを知りたい」人も多いだろう。

結論からいうと、必ず通るカードローンは存在しない

貸金業法により、債務者に返済能力があるのか調べる必要があるためだ。

本記事では、カードローンの審査に落ちないコツや通りやすくする対策法を解説する。

必ず通るカードローンはなくてもカードローンの審査に通りやすくする方法はあるので、事前に確認して審査に備えよう。

目次

必ず通るカードローンとは?

必ず通るカードローンとは? カードローンナビ

結論からいうと、必ず審査に通るカードローンはない。

どの貸金業者も法に則った審査基準をもとに審査を行っており、中には通らない人が存在するためだ。

また、貸金業法により「必ず通る」「審査が甘い」などの言葉で勧誘は禁止されている。

このように謳っている業者や、必ず融資を受けられる業者は「闇金」の可能性が高いため注意しよう。

一般的にカードローンの審査基準は公表されていないが、金利が低いほど審査が厳しく、金利が高いほど審査が緩いといわれている。

なるべく審査に通りやすい貸金業者を探すよりも、信用情報に傷がない・安定した収入があるなど、自分の信用を整えておくことが大切だ。

カードローンの審査についての詳しい解説はこちら

状態によっては借りないほうが良い理由

状態によっては借りないほうが良い理由 カードローンナビ

自分の状態によって、借りないほうが良いケースは次の通りだ。

  • 信用に傷がついている場合がある
  • 延滞を繰り返している場合は推奨しない
  • 「誰」でも借りられると謳う闇金があり危険

一般的にカードローンの審査は、安定した収入・勤続年数が短くない・過去に滞納歴がないといった状態であれば審査に通りやすくなる。

反対に、信用情報に傷があったり滞納を繰り返していたりすると、どの貸金業者の審査も通らない可能性が高い。

それでも審査に通るような業者は「闇金」の可能性があるため注意しよう。

信用に傷がついている場合がある

自分の信用情報に傷がついている可能性がある場合は、カードローンでお金を借りることはおすすめできない。

そもそも、本当に信用情報に傷がある場合は審査に通らない可能性が高い

それでも審査に通るような貸金業者は「闇金」の可能性があるため、信用情報に傷があるとわかっている場合は闇雲に審査を受けないようにしよう。

のちほど紹介する。しかし、信用情報は自分で調べることが可能だ。

信用情報に不安がある場合はカードローンの審査結果で判断せず、きちんと調べるようにしよう。

延滞を繰り返している場合は推奨しない

過去にカードローンの支払いが遅れて、延滞を繰り返した経験のある人は、信用情報に傷がある可能性がある。

「期限をきちんと守れない=返済してくれない」と判断される可能性がある。

決められた日時にきちんと返済することが大切だ。

カードローンを契約した場合は、延滞や滞納をしないように注意しよう。

「誰」でも借りられると謳う闇金があり危険

「誰でも借りられる」と謳っている貸金業者に注意しよう。

先述したように、「必ず審査に通る」「審査が甘い」といった言葉で勧誘することは、貸金業法により禁止されている。

このような甘い言葉で勧誘してくる業者は「闇金」の可能性が高いため、注意が必要だ。

例えば、何回もカードローンの審査に通らない経験をすると、甘い言葉に気を取られてつい申し込んでしまう可能性がある。

「お金は簡単に借りられるものではない」を頭に入れて、カードローンの申し込みを行なうと良いだろう。

審査が通りやすいカードローンは?

審査が通りやすいカードローンは? カードローンナビ

銀行カードローンに比べて審査が通りやすいカードローンは、次の3つが挙げられる。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス

ここで紹介する業者はいわゆる消費者金融といわれている業態で、銀行のような金融機関のカードローンと比べると、審査に通りやすいといわれている。

ただし、どの業者もきちんと審査を行った上で融資を行うか判断しているため、審査に通らない場合は融資を受けられない。

アコム

アコムは、利用できる貸し付け対象者が20〜72歳(3秒診断の場合)対象者の幅が広いことで知られているカードローンだ。

安定した収入があり、返済能力を有すると判断された場合に融資を受けられる。

また、雇用形態は触れられておらず、アルバイト・パート・派遣社員でも安定した収入を認められれば融資を受けられるでしょう。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの参加に入っており、親会社がしっかりしている点も安心材料だ。

年齢・年収・他社の借入状況を入力すると、わずか3秒で診断できる「3秒診断」があるため、自分が借りられるか不安な場合は一度試してみると良いだろう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルは、満20歳から69歳までが借りられるカードローンだ。

定期的な収入があることを条件としている。しかし、正社員に限らずアルバイトでも貸し付けの実績がある

24時間365日振り込みに対応しており、スマホアプリで簡単にいつでもどこでも申し込みが可能だ。

そのほか、Web・電話・無人契約に対応しており自分の好みで選択できる。

アイフルは独立系の消費者金融だ。

しかし、ライフカードと業務提携しており、消費者向け無担保ローン・事業者ローン・信用保証と幅広い業務を展開している企業だ。

公式サイトには、わずか1秒で融資可能かどうかを診断する「1秒診断」があり、カードローンを利用できるか不安な人は一度試してみよう。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミス

プロミスは、18〜74歳までで安定した収入があれば利用できるカードローンだ。

ただし、高校生・年金のみで生活している人は利用できない。

Web・アプリを利用すれば、原則24時間365日いつでも申し込みでき、最短15秒で事前審査の結果が出る。

公式サイトには返済シミュレーションが設けてあり「毎月の返済額がいくらになるのか」すぐにわかるので、返済計画を立てやすい。

プロミスは三井住友フィナンシャルグループが提供する消費者金融サービスとなっており、大手銀行が親会社のため安心して利用できるだろう。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

審査なしのカードローンがない理由は?

審査なしのカードローンがない理由は? カードローンナビ

冒頭でお伝えしたように審査なしのカードローンはないが、その理由は次のようなものが挙げられる。

  • 法で決められているから
  • ローンの延滞履歴を調べられるから
  • 総量規制に該当しないか調査する必要がある

そもそも貸金業法により、カードローンの利用の際は一定の審査をすることが義務付けられている。

貸金業法は、多重債務者の増加を防ぐために2006年12月に成立した。

無理な借金を抱えて生活が困窮を避けるため、一定の基準を設けている。

法で決められているから

カードローンを利用する際に審査を行う理由は、貸金業法で決まっているためだ。

各業者が一定の基準を設けてカードローンの申込者を審査し、返済能力があるかどうかを調べる。

消費者金融やクレジットカード会社は、貸金業者に該当するため貸金業法に則って事業を展開している企業だ。

先述した「闇金」は貸金業法を無視した業者であり、法律に背いたサービスを展開している。

そのため、簡単に貸し出ししたり無理な金利設定にしたりするのが特徴だ。

仮に審査で通らなかった場合は、その貸金業者が法律に従ってきちんと運営していることがわかる。

ローンの延滞履歴を調べられるから

カードローンや住宅ローンなどのローン・借金の支払い期限が遅れると、信用情報機関に登録されるため、審査の際に「延滞履歴がないか」を調べる。

信用情報機関は信用情報を開示しているため貸金業者も確認が可能だ。

カードローンを提供する際に審査は貸金業法で決められている。

しかし、ローンの延滞履歴調査もその一環と考えよう。

総量規制に該当しないか調査する必要がある

カードローンの審査では、総量規制に該当しないかを調査する必要がある。

総量規制とは、借りすぎ・貸しすぎを防ぐために設けられた規制だ。

債務者が無理な借金をして返済できなくなったり、貸金業者が無理に貸し出しをして返済されなくなったりを防ぐために設けられる。

具体的には、貸金業者からの借り入れ残高が年収の3分の1を超える場合に新規の借り入れができない。

信用に傷がついていても借りられる人の特徴

信用に傷がついていても借りられる人の特徴 カードローンナビ

信用情報に傷がついていても借りられる人の特徴は次のとおりだ。

  • 現在ローンで問題がない
  • 問題から時間が経過している
  • 借り入れが少なく、安定的な収入がある

基本的に信用情報に傷がついている状態では、新規の借り入れは難しい。

信用情報の傷は5〜10年で消される。

そのため、仮に滞納が発生して信用情報に傷がついたとしても5〜10年ほどの期間に傷をつけるようなことをしなければ、信用情報が回復するだろう。

現在ローンで問題がない

信用情報に傷がついていても、現在はローンで問題が起きていない場合は借りられる可能性がある。

例えば滞納が発生したのは1回で、その後安定した収入を得て、一切滞納歴がない場合に返済能力に問題ないと判断されることがあるだろう

審査機関によっては、現在の返済能力を評価する場合があるため、仮に信用情報に傷がついていても審査が通る可能性がある。

問題から時間が経過している

信用情報に傷がついたとしても、問題が発生してから時間が経過すると審査に通ることがある。

信用情報は5〜10年程度で情報を削除するためだ。

例えば10年前に任意整理を行い信用情報に登録されたとしても、10年後の現在では情報が書き換えられて傷が消されている

このような状態であれば「信用情報に傷がついている」という理由で審査が通らないことはないだろう。

ただし、カードローンの審査項目は信用情報の登録状況だけではない。

そのため信用情報の傷が消えても審査が通らない可能性もある。

借り入れが少なく、安定的な収入がある

他者からの借り入れ金額が少なく、安定的な収入がある場合は「返済能力に問題がない」として審査が通る可能性がある。

先ほど述べたように過去の実績ではなく、現在の返済能力を重視するケースもあるためだ。

信用情報に傷がついたときは複数社の借入があったとしても、その後収入を安定させコツコツと返済した結果、審査に通るかもしれない。

ただし、借金の総額だけではなく、何件あるのかも審査の対象となる。

毎月何社にも返済しているようだと審査が通らない可能性もあるだろう。

ローン審査に通りやすいコツは

ローン審査に通りやすいコツは カードローンナビ

カードローンの審査に通りやすくするコツは、次の3つだ。

  • 借り入れの希望額を低めにする
  • 他社からの借り入れはなしにしておく
  • 返済などで信用を取り戻しておく

カードローンの審査は、安定した収入があり滞納履歴がない場合は比較的通りやすい

また、借入金額を低く設定したり他者からの借り入れがない状態にしたりすることで、審査に通る確率が上がるだろう

借り入れの希望額を低めにする

カードローンの審査に不安を感じる場合は、借り入れ希望額を低めに設定すると良い。

借入額が少ないほうが返済リスクが低いためだ。

カードローンに限らず、どのような借り入れでも金額が大きいほど返済するときの負担が増える。

希望額をできるだけ小さくすることで審査に通りやすくなるだろう。

なお、消費者金融によっては、希望額を借入できなくても「〇〇万円まで可能」と借り入れできる金額を教えてくれるところもある。

他社からの借り入れはなしにしておく

カードローンを利用する際は、できるだけ他社からの借り入れをなしにしておく。

安定した収入があっても、他社の借り入れがあると審査に通らないことがあるためだ。

先述した「総量規制」は契約するカードローンの借り入れ金額だけではなく、すべての借金の総額を基準にする。

そのため、他社の借り入れがあるとその分総量規制に引っかかる可能性が高くなるので、なるべく他社の借り入れを減らそう。

返済などで信用を取り戻しておく

すでに借金がある場合は、きちんと返済して信用を取り戻しておくと良い。

カードローンの審査では、必ず信用情報を紹介しているためだ。

信用情報に何かしらの登録があると、審査に通過することが難しくなる。

できるだけ、信用情報は傷がないようにしておこう。 

更に審査に通りやすくなる対策法

更に審査に通りやすくなる対策法 カードローンナビ

カードローンの審査に通りやすいコツを紹介した。

しかし、ここでは更に審査に通りやすくなる対策法を4つ紹介する。

  • 在籍確認の連絡は早めに対応
  • 申込内容は不備のないよう正確に
  • 初回で年収の3分の1の借り入れはしない
  • 審査がスムーズな中小の業者を選ぶ

カードローンの審査基準はどの貸金業者も公表していない

そのため、必ず通過できる対策法はないが、統計的に通過しやすくなる方法を確認していこう。

在籍確認の連絡は早めに対応

カードローンの審査時に行う在籍確認の連絡を早めに対応しよう。

在籍確認とは、申込者が指定した勤務先に在籍しているかどうかを確認することだ。

返済能力の有無を確かめるために、在籍確認をして安定した収入があるかどうかを調べる。

在籍確認は基本的に電話で行うことが多く、申込者宛てに電話がかかり、申込者であると確認が取れれば在籍確認は完了する。

しかし、なかなか電話が繋がらなかったり申込者が在籍している様子がわからなかったりする場合は、在籍確認が取れないことになりかねない。

在籍確認の電話があるかどうかは事前に教えてくれるので、迅速に対応できるようにしよう。

申込内容は不備のないよう正確に

カードローンを申し込む際は、申込内容に不備がないようにしよう。

些細な間違いであれば大きな問題になりにくい。しかし、見栄を張って虚偽の申告を行うと基本的にばれる。

虚偽であることがばれると、審査に通ることはない。自分の状況をできるだけ正確に記載するようにしよう。

また、近年のカードローンの申込はWebで完結することが多い。

Webの場合は短時間で審査結果が出る。

そのため、年収や勤続年数を間違えて入力してしまうと間違えた数字で審査され、その結果通らない可能性がある。

初回で年収の3分の1の借り入れはしない

総量規制を考慮して、初回の借り入れで年収の3分の1の借り入れを申し込むと、審査に通らない可能性がある。

そもそも初めてカードローンの審査を行う場合は、自分がどれくらいの金額を借りられるかがわからない。

年収の3分の1を指定してしまうと、その金額自体が大きすぎる可能性がある。

初めて審査を受ける場合は、無理のない借り入れ金額に設定するようにしよう。

審査がスムーズな中小の業者を選ぶ

カードローンの審査を確実に通したい場合は、審査がスムーズな中小の貸金業者を選択しよう。

貸金業者の中には「闇金」と呼ばれる悪質な業者がいるため、なるべく大手の貸金業者を選びたくなる。

しかし、どちらかといえば大手よりも中小の貸金業者のほうが審査が緩い傾向にあるといわれているため、確実性を考慮するなら中小の貸金業者がおすすめだ。

中小の貸金業者といっても、公式サイトを構え、大手と変わらないサービスを展開しているところもある。

口コミや評判を確認し、安心して利用できそうな貸金業者を選ぼう。

自分の信用状態を確かめるためには?

自分の信用状態を確かめるためには? カードローンナビ

自分の信用状態を確かめるには、信用情報機関に開示請求を行うといい。

信用情報機関は主に次の3つだ。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • ︎CIC(株式会社シーアイシー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

例えば大手消費者金融はJICCとCICの両方、クレジットカードやカードローンはCIC、銀行のような金融機関はKSCに登録している。

JICCの開示請求は、窓口・スマートフォン・郵送の3種類から選択でき、1件あたり1,000円で開示請求が可能だ。

郵送の場合は10日ほどかかるものの、スマートフォンを利用すればスピーディに利用できる。

また、CICやKSCもスマートフォンで開示結果が見られるので、調べたいサービスを選んで開示請求してみましょう。

カードローン審査が必ず通るようにするために

カードローン審査が必ず通るようにするために カードローンナビ

カードローンを利用する際は必ず審査が行われる。

貸金業法により、債務者の返済能力を調べるように決められているためだ。

また、審査に通るためには信用情報に傷がないか・安定した収入があるか・申込内容に虚偽の申告はないかなどを確認しおこう。

自分の信用情報は信用情報機関に開示請求すると確認できるため、気になる人は事前に調べておくのがおすすめだ。

目次