MENU

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済方法紹介!メリットやデメリット、注意点も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」をご利用の方も多いのではないだろうか。

大手メガバンクという安心感信頼性が利用を決めたきっかけになった方もいるだろう。

パンクイックは消費者金融に比べ借入利率が低いことから、負担が少なくスムーズに返済しやすい特徴がある。

返済が順調に進んだ方の中には、借入金の一括返済を検討している方もいるのではないだろうか。

一括返済はメリットが大きいが、注意しなければならない点もいくつかある。

本記事では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済の方法・メリット・デメリット・注意点を解説する。

目次

カードローンの一括返済とは?

カードローンの一括返済とは? カードローンナビ

ローンは、住宅ローン・マイカーローン・カードローンなど様々な種類があり、どれも毎月決められた額を返済していくことが必要だ。

カードローンの返済方法は、毎月決まった額の返済を行う通常の返済方法・臨時返済・一括返済がある。

臨時返済とは、通常の返済方法とは別で、借入残高の一部を追加で返済する方法である。

それに対して、一括返済とは、現在残っている借入金残高の総額全てを一度に返済する方法だ。

どちらの返済方法も、返済時の支払い利息・コストを減らすことができるため、メリットが大きい返済方法である。

通常の返済方法である毎月の返済には、元金の返済と利息の支払いがあり、長期の返済になるほど支払う利息も増えていく。

一括返済は支払う利息・コストを軽減できるため、効率よく返済したい方にはおすすめの方法である。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は一括返済が可能

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は一括返済が可能 カードローンナビ

借入残高の減少・収入の向上・生活の改善などから、一括返済を検討している方もいるのではないだろうか。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、一括返済をすることが可能なカードローンである。

一括返済をすることが可能な状況である場合は、支払利息を減らすためにも一括返済をすることがおすすめだ。

三菱ufj カードローン 返済方法について詳しくは知りたい方はこちら

「三菱UFJ銀行カードローンの返済方法とは?バンクイック利用時の注意点も解説!」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済方法

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済方法 カードローンナビ

一括返済が可能になった時、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」ではどのようにしたら良いのだろうか。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入を一括返済するには、ATMまたは銀行振込の2つの方法がある。

利息は日割り計算されるため、一括返済を行う日により支払い金額の確認が必要だ。

返済当日の支払い金額は、Web・アプリ・専用ダイヤルから確認することができる。

それぞれの借入残高の確認方法をご紹介する。

  • Web:バンクイック「マイページ」の利用残高照会メニュー
  • アプリ:マイページの利用残高照会メニュー
  • 専用ダイヤル:第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)

専用ダイヤルでのお問い合わせ可能時間帯は、月曜日〜金曜日の9:00〜21:00、土曜日・日曜日・祝日は9:00〜17:00である。

ATMでの返済方法

返済ができるATMは、三菱UFJ銀行のATMだけでなく、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMがある。

バンクイックカードを使用し、返済することができる。

ATMの利用手数料は、バンクイックカードを使用することでいつでも無料になり、時間外利用手数料も無料である。

三菱UFJ銀行ATMを利用する場合、トップ画面の預け入れを選択し、バンクイックカードを挿入する。

次に現金を投入し返済を行うが、一括返済では注意する点がある。

一括返済する金額に対し、多い額をATMに投入した場合は、一部入金ボタンを選択することが必要だ。

事前に確認した一括返済の金額を入力することで返済が完了する。

なお、一括返済する金額と同額の現金を投入した場合は、一部入金ボタンを選択する必要はない。

三菱UFJ銀行ATMを利用する場合は硬貨の投入が可能であるが、その他の銀行ATMでは紙幣のみの対応であり、硬貨の投入はできないため注意が必要だ。

一括返済での支払い金額に1,000円以下の端数がある場合は、三菱UFJ銀行ATMを利用するか、次に紹介する銀行振込で返済を行うようにしよう。

銀行振込での返済方法

銀行振込での返済は、インターネットバンキングを使用した返済が可能で便利である。

インターネットバンキングを使用して三菱UFJダイレクトからの振込を行う場合は、振込手数料が無料になる。

銀行振込での一括返済の場合も、事前に一括返済当日の返済金額を調べておくことが必要だ。

なお、一括返済時の支払い金額に1,000円以下の端数があった場合でも、ATMのような制限はないためぴったりの金額を支払うことができる。

カードローンの一括返済時の注意点

カードローンの一括返済時の注意点 カードローンナビ

カードローン利用時、スムーズに一括返済を行うために、事前に注意しておきたい点がいくつかある。

返済金額の間違いや手続きのミスがないよう、一括返済時の注意点を把握しておくことをおすすめする。

はじめに返済額を確認しよう

カードローンの一括返済は、返済する日によって一括返済の金額が異なるため、事前の確認が必要である。

返済金額が日によって異なる理由は、支払い利息の金額が利用期間によって異なるためだ。

返済を1日でも早く行うことで、返済時にかかる支払い利息を少なくできる。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済額を確認する方法は、Web・アプリ・専用ダイヤルの3つの方法が用意されている。

確認方法は、三菱UFJカードローン「バンクイック」の一括返済方法で解説済みのため、そちらを参照してほしい。

利息は日割りで発生する

利息は、一括返済をする当日までの日割りで計算されるため、返済日当日に確認する必要がある。

一括返済が可能な場合、支払い利息を軽減させるために、1日でも早く一括返済をする方が良いだろう。

コンビニATMで返済は硬貨が使えない可能性も

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMといったコンビニATMが利用できることは非常に便利であるが、注意する点もある。

コンビニATMは、硬貨の入金に対応していないことが多いのだ。

一括返済時の支払い金額に1,000円未満の端数がある場合は、三菱UFJ銀行ATMまたは銀行振込を利用しよう。

インターネットバンキングを利用すると、自宅からでも支払いが可能なため、近くに三菱UFJ銀行ATMがない方は銀行振込をするほうが便利だ。

ATMの利用時間帯に注意

三菱UFJ銀行ATM・コンビニのATMどちらを利用する場合でも、当日の15時までに返済を完了させておく必要がある。

15時以降の入金の場合は、翌日営業日(翌日が休日の場合は、次の営業日)の取り扱いとなるため、事前に確認した返済金額と異なってしまう。利用時間帯には注意しておこう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

カードローンの一括返済のメリット

カードローンの一括返済のメリット カードローンナビ

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、いつでも自身の都合の良いタイミングで一括返済することが可能だ。

一括返済をすることで、どのようなメリットがあるのか解説する。

利息を節約できる

カードローンには金利が設定されていて利用期間に応じた利息がかかるため、毎月の返済時に元金に加えて、利息を支払う必要がある。

利息は、借入残高・金利・利用期間から計算し、金額が算出される。

計算方法は以下のとおりだ。

利息=借入残高×利率(年率)÷365日×利用日数

例えば15万円を30日間、年率14.6%で借入をした場合は、下記のような利息金額となる。

150,000×0.146÷365×30=1,800

つまりこのケースの利息金額は1,800円となる。

利息1,800円と同時に元金を5,000円返済した場合、次の返済時に支払う30日間の利息は、次のとおりになる。

145,000×0.146÷365×30=1,740

2回目の返済時は、30日間利用した利息1,740円と元金分の支払いを行う。

一括返済を行うことで、返済ごとに支払う必要がある利息の支払金額を節約できる。

借入残高が多い時・金利が高い時・利用期間が長い時は、一括返済をすることによって利息の節約できるメリットが大きい

返済都度の手数料が節約できる

バンクイックの返済を振込で行う場合、返済するたびに振込手数料の支払いが必要になることがある。

一括返済を行うことで、返済の都度かかる手数料を節約できる。

信用情報がプラスになる

カードローンの借入を行うと、信用情報機関に借入金額・借入状況などが記録される。

信用情報には、返済が毎月きちんと行われているのか・遅延延滞がないかなど、毎月の返済の記録も記載されている。

借入金額が多くても、支払いを必ず期日までに行っていれば、金融機関など貸主側からの評価は高くなるのだ。

一括返済をした場合、借りたお金が滞りなく完済した記録が残るため、信用情報がプラスにはたらく。

信用情報の向上は、クレジットカード・カードローンの審査に影響するだけでなく、住宅ローン・自動車ローンも組みやすくする。

カードローンの利用限度額が上がる可能性がある

カードローンは、契約時に利用限度額が決められており、その範囲内でのみ借入できる。

一括返済をすることで、設定されているカードローンの利用限度額が上がる可能性がある。

なぜなら、返済実績がつき、金融機関・消費者金融からの信用が向上する可能性が高いためだ。

金融機関・消費者金融にとって、利用限度額を引き上げれば、返済が滞るリスクが上がることを意味する。

しかし、一括返済をすると利用する金融機関・消費者金融からの評価が上がり、返済が滞るリスクが低い顧客と判断されやすくなるのだ。

その結果、カードローンの利用限度額が上がる可能性がある。

三菱ufj カードローン 返済方法について詳しくは知りたい方はこちら

「三菱UFJ銀行カードローンの返済方法とは?バンクイック利用時の注意点も解説!」

カードローンの一括返済のデメリット

カードローンの一括返済のデメリット カードローンナビ

一括返済は、支払利息を節約できるなどメリットは大きい方法だが、デメリットはどんなものがあるだろうか。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を一括返済するデメリットについて解説する。

一括返済の手続きに手間がかかる

現在借りている借入残高を一括返済するためには、返済日当日までの利息の計算を行い、支払い金額を算出する必要がある。

バンクイックでは、Web上の会員ページ・バンクイックアプリ・専用ダイヤルへの電話から、一括返済時の支払い金額を確認できる。

返済日当日までの利息の計算が必要なことから、返済日当日に支払い金額の確認をする必要がある。

一括返済をする方法は、三菱UFJ銀行ATM・提携するコンビニATMからバンクイックカードを使用する返済方法と、振込による返済方法がある。

どちらの方法であっても、毎月の返済に加えて、支払いの手続きを行う手間がかかる。

ある程度時間を割くことにもなるため、忙しい方にとってはデメリットといえるだろう。

無理に一括返済を行うことで、手元のお金が減る

一括返済により借入がなくなると、毎月の返済が不要となり、今後支払う可能性があった利息もなくなる。

返済にかかる利息などのコストは削減ができるが、その分手元のお金が減ることはデメリットになりえる。

生活していると急な出費が必要な時もあり、すぐ使えるお金を手元に用意しておくことは大切だ。

カードローンの利息を節約するために一括返済することは良いが、ある程度手元のお金を残しておくことも重要である。

一括返済は、生活・お金にある程度余裕が生まれ、一括返済時にかかる費用以上の貯蓄がある場合に利用する方が良いだろう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

一括返済が終わったら解約しよう

一括返済が終わったら解約しよう カードローンナビ

バンクイックの一括返済が終わったら、解約することをおすすめする。

カードローンは、借入を行わなければ手数料がかかることはなく、契約の維持にかかる利用料もかからない。

そのため、今後お金が必要になることがあるかもしれないと、契約を維持しようと考える方もいるかもしれない。

しかし、それはあまりおすすめしない。

カードローンを契約中だと、住宅ローン・自動車ローンなど他のローン契約に影響する可能性があるのだ。

返済を終えたら早めに解約しておくことで、信用情報に記載された保有期間が過ぎ、他のローンの審査に影響を与える可能性は低くなるだろう。

なお、バンクイックの解約方法は、以下の手順となる。

  1. 三菱UFJ銀行カ-ドローンの問合わせ窓口に電話をかけ、解約希望と伝える
  2. 本人確認の質問へ回答する
  3. 解約手続き完了

このように、電話一本で簡単に解約できる。

一括返済を行った後は、忘れずに解約手続きを行うようにしよう。

三菱ufj カードローン 返済方法について詳しくは知りたい方はこちら

「三菱UFJ銀行カードローンの返済方法とは?バンクイック利用時の注意点も解説!」

解約時の注意点

解約時の注意点 カードローンナビ

一括返済を終えてバンクイックの解約を行う際には、注意しておくべき点がある。

ここからはカードローンの解約の注意点を解説するので、解約前に参考にしてほしい。

完済と解約は違う

一括返済で完済したとしても、解約したことにはならない。

完済すると借入残高が0になるが、利用限度額内であればいつでも必要な金額を再度借入できる。

そのため、完済後に解約手続きを行わずにいると、契約が継続することから他のローン契約の審査に影響を与える可能性が高い。

今後のことを考えた時に解約までするべきか、自分に合った適切な選択をできるようにしておこう。

解約できるのは契約者本人のみ

カードローンの解約手続きができるのは契約者本人のみのため、必ず契約者本人が電話をしよう。

契約者本人以外が解約手続きを行えるケースは、契約者本人が亡くなった場合である。

この場合は、バンクイックのコールセンターである第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに電話をする必要がある。

電話後、証明書・相続者の本人確認書類を郵送し、解約手続きを行う。

相続時以外は契約者本人しか解約手続きはできないと覚えておこう。

解約後に再度利用するには再審査が必要

バンクイックの解約後、再び利用するためには、あらためて申込を行う必要がある。

申込時に再度審査を受けることになるが、このとき必ず審査に通るとは限らない。

解約してから後悔しないよう、手続き前に今後利用する可能性があるかを考えておく方が良いだろう。

ただし解約後5年以内であれば、審査は通りやすい可能性がある。

信用情報機関の登録期間は、契約終了日から5年を超えない期間とされており、完済の実績が残っているためである。

同じカードローン会社へ申込を行う場合は、5年以上期間が経過していても返済実績は残っているため、審査が通る可能性は高いといえる。

解約証明書は自分で発行依頼をする

解約手続き完了後は、郵送物等の送付は基本的に行っていない

解約が完了したか心配な方は、解約時の電話で解約証明書の発行を依頼しよう。

依頼後、解約証明書が自宅に郵送され、手続きが完了したことを確認できる。

解約するべきか迷ったときの判断のポイントは?

バンクイックを解約するべきか迷った場合は、以下のポイントを参考にしてほしい。

  1. カードローンをすぐに利用する機会があるのか
  2. 住宅ローン自動車ローンなどのローン契約を検討しているか
  3. 利用可能額
  4. 自身の性格

カードローンは、契約しているだけで借入枠が存在するため、他のローン契約に影響を及ぼす可能性が高い。

バンクイックの利用可能額が大きい場合は、いつでも借入できるという安心感がある反面、必要以上に借り過ぎてしまうリスクがある。

自分自身の金銭面での性格も考慮し、バンクイックの契約を維持するのが良いか・解約すべきか検討してみよう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済で利息を減らそう

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の一括返済で利息を減らそう カードローンナビ

手元の資金にゆとりがあり、借入残高すべてを返済できる場合は、一括返済をすることがおすすめである。

将来かかる利息をなくし、借入時にかかるコストを削減することが可能だからだ。

完済後は、契約を解約するかどうかしっかり検討することをおすすめする。

自身の借入枠を回復させるか、再度借入できる体制を整えておくか、メリットとデメリットを比較してみよう。

解約すれば他のローン契約への影響が少なくなるため、住宅・車の購入をローンで検討中の方にはメリットが大きい。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」をご利用の方は、一括返済で利息の支払いを減らそう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要
目次