MENU

バンクイックの金利とは?三菱UFJ銀行カードローンの返済方法についても解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、数多くあるカードローンの中でも人気の高いカードローンの1つだ。

カードローンを利用する際に最も気になるのは、借入金額にかかる金利という人が多いはずだ。では、バンクイックの金利はどのように設定されているのだろうか。

この記事では、バンクイックの金利を他社と比較しながら紹介していく。バンクイックの利用に関する情報も取り上げているので、参考にしてみてほしい。

目次

バンクイックの金利とは?

「バンクイック」は国内最大のメガバンクである三菱UFJ銀行が、個人向けに提供しているカードローンだ。では、バンクイックの金利について解説しよう。

金利(実質年率)年1.8%~14.6%
利用限度額500万円
審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
Web完結可能 ※申込まで

まず、覚えておきたい点として、バンクイックの金利には変動金利が採用されている。変動金利とは、借入期間中に金利が変動する金利タイプのことを指す。

市場金利が変われば、借入額に対する利息額も変わる。借入から返済までの間で金利に変動があった場合は、借入時と返済額が変わることになるため注意しよう。

バンクイックの金利は年1.8%〜14.6%となっている。これはカードローンの金利としては非常に低く、初めてカードローンを利用する方でも利用しやすいと言える。

なお、金利に「実質年率」と表記されている会社も多い。実質年率とは、利息のほかに手数料・保証料などの諸経費をプラスした金利のことである。

多くのカードローンでは諸経費がかからないため、実質年率が金利と考えて問題ない。ただ、比較する際は失敗する確率を下げられるよう、金利に注目する必要がある。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

一般的なカードローンの金利は?

バンクイックは低金利であると前述した。ただ、その他のカードローンの金利はどのくらいで設定されているのか、気になる方も多いのではないだろうか。

ここからは、銀行カードローンと消費者金融カードローンに分けて、それぞれの一般的な金利・傾向について解説していく。

銀行カードローン

バンクイックをはじめ銀行が展開するカードローンは、総じて「銀行カードローン」と呼ばれる。銀行法に基づき、個人に融資してくれるサービスだ。

銀行カードローンでは、上限金利が年14.5%前後程度の会社が多い。融資額が少ない利用者には上限金利が適用されるため、この低金利設定はメリットとなる。

また、融資額が大きい利用者に適用される下限金利は1%台後半としている会社がほとんどとなる。このことから、銀行カードローンは全体的に低金利で提供されていることがわかる。

消費者金融カードローン

カードローンといえば「消費者金融」というイメージが強い方もいるかもしれない。消費者金融カードローンは、貸金業法に基づいて個人に融資してくれる。

消費者金融カードローンの上限金利は、平均年18.0%だ。刑事罰の対象となる上限金利を定めた出資法で年20.0%と定められており、高い割合となっていることが分かる。

下限金利は年3.0%ほどであり、こちらも銀行カードローンと比べると高めとなっている。とはいえ、その分手続きの手軽さ・借入のサービスによって利用はしやすくなっている。

バンクイックの金利を他社と比較

銀行カードローンの一般的な金利と比べると、バンクイックは平均的な金利設定となっていることが理解できたと思う。では、他社と比較しながらさらに詳しく比較してみよう。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

上記の表は、主要な5つの銀行カードローンの金利と比較したものである。どのような違いがあるか銀行ごとに解説していく。

りそな銀行カードローン

りそな銀行が展開するカードローンの金利は変動金利となっていて、年1.99%〜13.5%が適用される。

下限金利こそ他の銀行カードローンよりやや高いが、上限金利は圧倒的に低い。バンクイックとの1.1%の差は大きいといえる。

さらに、金利特典として、所定の住宅ローンを利用中であれば年0.5%引き下げられる。その場合は、銀行カードローンの中で最も低金利で融資を受けられるはずだ。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年17.8%
無利息期間30日間
利用限度額1万円~500万円
審査時間最短15秒
※事前審査
月の返済額1,000円~
返済回数1回~80回
りそな銀行カードローンの詳細を見る
金利(実質年率)年1.99%〜年13.5%
審査時間最短1週間以内
融資速度最短1週間以内
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

イオン銀行カードローン

イオングループが展開するイオン銀行が取り扱うカードローンの金利は変動金利で、年3.8%〜13.8%の金利設定となっている。

今回の比較では、りそな銀行カードローンに次ぐ上限金利の低さを誇る。バンクイックと比較すると0.8%低いという結果になった。

パート・アルバイト・専業主婦(夫)でも利用できるため、少額の借入をしたい方が選択しやすいカードローンではないだろうか。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

横浜銀行カードローン

横浜銀行が提供するカードローンも変動金利となっている。年1.5%〜14.6%の金利が適用となる。

上限金利はバンクイックと同じであるが、下限金利が0.3%低く設定されているのが特徴だ。これは、銀行カードローン全体で見ても非常に低い数値となっている。

そして、借入限度額が最大1,000万円と非常に高額になっている。このことから、低金利で高額融資を受けたいと希望する方にとって使いやすいカードローンと言える。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

東京スター銀行カードローン

東京スター銀行では、「スターカードローンα」というカードローンを扱っている。金利は年1.5%〜14.6%の変動金利だ。

バンクイックよりも下限金利がやや低く、上限金利がやや高い設定となっている。とはいえ、ほとんど変わらないため、金利面で優劣はつけられない。

スターカードローンαでは契約日から30日間の利息が0円になる「無利息期間」が設けられている。短期間でお得に借入したい方はチェックしてみてほしい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.5%〜年14.6%
審査時間最短数日
融資速度最短数日
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円〜1,000万円
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

楽天銀行カードローン

日本最大級のネット銀行である楽天銀行では「楽天銀行スーパーローン」が販売されている。これは、年1.9%〜14.5%の変動金利が適用されるカードローンとなる。

バンクイックとの金利差はほとんどない。そのため、どちらのカードローンの方が自分にとって使いやすいか比較検討して選ぶ必要がある。

スーパーローンではカードローン利用で楽天ポイントが貯まり、会員ランクに応じて審査優遇も受けられる。楽天会員であれば、検討してみてほしい。

楽天銀行カードローン

金利
(実質年率)
年1.9%~年14.5%
審査時間最短当日
融資速度最短翌日
無利息期間
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件・満20歳以上62歳以下の方
・日本国内に居住している方(外国製の方は永住権もしくは特別永住権の取得が必要)
・お勤めの方で毎月安定した収入がある方(または専業主婦の方)
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方
※専業主婦やパート・アルバイトの方は60歳以下の方に限定
※楽天銀行が認めた場合は不要
担保・保証人不要

バンクイックの申込方法とは?

年齢が満20歳以上65歳未満で原則安定した収入があり、アコム株式会社の保証を受けられる方はバンクイックに申し込める。

申込には、24時間365日受付可能なインターネット申込がおすすめだ。バンクイック公式サイトの新規申込ボタンから指示に従って必要事項を入力しよう。

スマートフォンを利用したいなら、バンクイックアプリをダウンロードしておくと良い。申込の際は、公式サイトページに自動で飛んでくれる。

電話による申込も可能であり、番号はバンクイック カスタマーセンターの0120-959-555となる。受付時間は平日9:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00で年末年始は休業となるため、余裕をもって申込もう。

インターネット・電話のどちらで申込するとしても、Webアップロード・郵送・FAXのいずれかを利用して本人確認書類の提出を行う。

本人確認書類は、以下の中からいずれか2点を用意しよう。有効期限内のもので、現住所の記載がなければ受理されないため注意してほしい。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

なお、利用限度希望額を50万円以上で申請した場合には収入証明書の提出が必要になる。以下のいずれか1点も本人確認書類とともに提出しよう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

申込時の申告内容が収入証明書の情報と異なる場合は、審査結果が変更される可能性がある。申込内容・提出書類の両方に不備がないよう注意してほしい。

申込手続き完了後、三菱UFJ銀行及びアコム株式会社の審査が進められ、結果がEメールまたは電話で知らされる。

三菱UFJ銀行カードローンの返済方法とは?

三菱UFJ銀行カードローンの返済方法についてあらかじめ知っておくことで、安心してスムーズに借入・返済を進められる。

3つの返済方法が用意されているため、自分の都合に合った返済方法を利用できるのも嬉しい点だ。それぞれどのような返済方法なのか、解説していく。

ATMでの返済

その他の銀行カードローンでも多く用いられている返済方法として、ATM返済がある。バンクイックでは、三菱UFJ銀行か提携コンビニATMから返済が可能だ。

三菱UFJ銀行ATMコンビニATM
ご利用いただけるATM・三菱UFJ銀行・セブン銀行
・ローソン銀行
・E-net
ご利用いただける時間帯(*)6:00~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00
毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く
0:10~23:50
ATM利用手数料無料
硬貨の取り扱い平日8:45~18:00
(一部の無人ATMでは取扱なし)
なし

提携コンビニATMはセブン銀行・ローソン銀行・E-netが利用できる。三菱UFJ銀行ATMとは利用可能な時間帯・硬貨の取扱が異なるため注意しておこう。

どちらにも共通するのは、ATMの利用手数料・時間外手数料が無料である点だ。返済時にかさみがちな手数料がかからないことは返済しやすいポイントとなる。

自動支払い

三菱UFJ銀行カードローンでは「自動支払い」と呼ばれる口座引落による返済が利用できる。三菱UFJ銀行の普通預金口座から毎月自動で返済するシステムだ。

利用者の希望する毎月指定日を返済期日として設定可能である。返済日当日の19時までに入金されていれば、余分な手間なく返済ができる。

Web新規申込で「口座あり」を選択するか、契約後に自動支払依頼書を提出することで利用可能になる。返済期日を忘れそうで不安な方も安心できるだろう。

振込での返済

三菱UFJ銀行カードローンでは、インターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」を使って振込で返済することもできる。

バンクイックアプリもしくは会員ページにある「ご返済」ボタンを押すと、振込先口座を確認できる。指定の口座に毎回の返済額以上の金額を振込もう。

三菱UFJダイレクトを使えば手数料無料で振込が可能になる。ただし、15時以降の入金は翌営業日扱いとなるため、早い時間帯に振込んでおくのがおすすめだ。

バンクイック利用時の注意点

バンクイックを利用するにあたって前もって注意してほしい点がある。これは、どのカードローンを利用する際にも重要なこととなる。

申込前に次の4つの注意点を考慮しておくと、トラブルを回避できるはずだ。バンクイックを利用するか検討する際に、合わせて考慮しておこう。

比較的審査が厳しい

バンクイックをはじめとした銀行カードローンの共通点として、金利が低い一方で比較的審査が厳しいことが挙げられる。

そもそも、金利とは返済されずに会社が貸し倒れするリスクを避けるためのものになる。そして、審査は申込者が問題なく返済してくれる人物であるかを見定めるものだ。

つまり、バンクイックは、消費者金融カードローンよりも厳しく審査を行うことで低金利を実現していると言える。審査の結果、より信頼できる申込者に限定して契約が行われるからだ。

低金利に加えて、個人情報保護の徹底・メガバンクゆえの安心感があることはバンクイックを利用する大きな強みである。心の余裕をもって審査に臨もう。

審査は結果が出るまで分からない

審査の厳しさとも関係する点だが、バンクイックの審査は申込めば誰でも通過できるものではない。独自の審査基準に則って適正に審査が行われる。

だからこそ、結果が出るまでは審査の途中経過さえ確認できない。通過する自信がある人でも、さまざまな要素を検討した結果、審査で落とされることもある。

残念ながら、バンクイックの審査基準は公表されていない。焦っても結果が変わるわけではないため、審査結果が届くまでは気長に待とう。

職場に在籍確認の電話連絡がある

銀行カードローンでは、申込者が提示した勤務先に務めているか確認する在籍確認が行われている。当然、バンクイックでも必ず在籍確認がある。

記載した職場の電話番号に銀行名で電話がかかってくるため、カードローンの在籍確認であることが知られる心配はない。

とはいえ、確実に電話が受けられる時間帯を指定するか、在籍している部署の直通・内線番号を記載しておこう。電話の内容次第で、察知されてしまうリスクも0ではないからである。

借入可能額が希望通りになるとは限らない

バンクイックの申込時には、借入限度額の希望を申請できる。しかし、審査に通っても提示された借入可能額が希望通りではない場合がある。

これは、借入限度額が申込者の収入状況・返済能力を加味して決定されるからだ。それらの情報が希望額とマッチしていなければ、希望通りとはいかない。

申込時の借入希望額は欲を出さず、少なめに見積もる方がよい。返済能力がさらに認められれば、のちに借入可能額が引き上げられることも期待できる。

バンクイックの限度額増額を希望する場合には審査が必要

カードローンには利用中に借入限度額を引き上げたい方のために、増額申請が認められている。バンクイックでも限度額を増額することは可能だ。

しかし、バンクイックに限ったことではないが、増額を叶えるためには初回申込と同様に審査を受けなければならない。

一度審査に通っているからすぐ通ると思われるかもしれないが、一般的に増額時の方が審査が厳しい傾向にある。

なぜなら、増額することは今の限度額では足りないほど初回申込時よりも金銭的に困っている状態を示すからだ。

増額したことで返済できなくならないか、と会社側は慎重にならざるを得ない。初回の審査でじっくり検討された限度額を変えることは、簡単ではないのだ。

バンクイックの増額審査を通過するために大事なポイントは?

バンクイックの初回審査と増額審査を比較した際に、審査基準自体は大きく変わらないものと思われる。ただし、増額審査の方がより厳正に審査が進められることは間違いないだろう。

では、増額審査を受けるにあたり、どのような点に注意しておくべきなのだろうか。審査に重要な3つのポイントを理解しておこう。

返済能力

どのカードローンにおいても、返済能力は確実に考慮される項目である。貸し倒れのリスクを負う分、信用できる人物を慎重に選ぶのは当然のことだ。

返済能力の点で、バンクイックの利用実績・利用期間・返済状況は非常に重要となる。これまでに信頼を築いている間柄なら、審査通過しやすい。

反対に、バンクイックで延滞を繰り返していたり、申込時に延滞していると審査通過はできない。よい利用実績を残して信頼を得よう。

信用情報

信用情報とは、申込者個人のローン・クレジットなどの取引情報を記録したものだ。契約期間中もしくは完済後から5年間は、各種信用情報機関に情報が記録される。

これには、携帯料金の支払滞納から自己破産・代位弁済まで含まれる。このような傷があるとブラックリストに入ってしまい、増額審査は通らなくなる。

増額時には、バンクイックでの滞納だけに注意するのではなく、お金にまつわる全ての事柄に気を配ることが大切だ。

他社からの借入状況

バンクイックを利用しながら、他社のカードローンを利用している人もいると思う。複数社から借入していること自体に問題はない。

ただし、貸金業法には、年収3分の1を超える貸付を禁止する「総量規制」というルールが存在する。これは、貸金業者の貸しすぎ・利用者の借りすぎを防止する取り決めである。

厳密にはバンクイックなど銀行カードローンは対象外だが、自主的に貸出金額を規制する銀行も多い。増額して総量規制に抵触しないか、チェックしておこう。

バンクイックに関するよくある質問

バンクイックの申込をインターネットで行った場合、審査結果がいつ頃分かるのかと疑問に思う申込者もいるかもしれない。

審査結果は申込日の最短即日で連絡を受けられる。とはいえ、申込の受付時間・審査状況によっては翌日以降となる場合もあるため注意しよう。

もし審査に落ちたことを知らされた場合は、どのような点がマイナス要素となったのか知りたい人も多いと思う。

ただ、残念ながら審査にかかわる内容は一切開示されていない。また、審査は総合的に判断されているものであり、1つの要素のみで落ちることは少ないようだ。

今回はバンクイックの金利を中心に、申込・利用にあたって覚えておきたい点を解説してきた。非常に利用しやすいカードローンであると思った人もいるのではないか。

バンクイックに興味がある方は、ぜひ一度公式サイトを確認しよう。付帯サービス・借入方法も含めてさらに詳しくチェックし、申し込みをしてみてほしい。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要
目次