MENU

横浜銀行カードローンの金利はどれくらい?カードローンの審査基準や返済方法も解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

地方銀行である横浜銀行が提供するカードローンは、神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県の一部地域(前橋市、高崎市、桐生市)に居住またはお勤めの方が利用できる。

横浜銀行の口座を持っていなくてもカードローンの申込が可能で、契約と同時に希望金額が返済口座に振込される点も魅力だ。

便利なカードローンではあるが、利用するにあたって「金利」が気になる人は多いのではないだろうか

金利は総返済額に大きく影響するため、低ければ低いほどお得なのは誰もが知るところである。

今回は、横浜銀行カードローンの金利について詳しく説明する。合わせて、カードローンの審査基準や返済方法などについても詳しく解説する。これから利用しようとしている人は、ぜひ参考にしてほしい。

※横浜銀行の普通預金口座をお持ちでない場合、ローンのご契約手続きまでに口座開設が必要。

目次

横浜銀行カードローンの金利は?

横浜銀行カードローンの金利は変動金利となっており、借入限度額に応じて金利が設定される。なお、金利幅は年1.5~14.6%だ

借入限度額とそれに応じた金利は、以下のようになっている。

借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%
100万円以上200万円以下11.8%
200万円以上300万円以下8.8%
300万円以上400万円以下6.8%
400万円以上500万円以下4.8%
500万円以上600万円以下4.5%
600万円以上700万円以下4.0%
700万円以上800万円以下3.5%
800万円以上900万円以下3.0%
900万円以上1,000万円以下2.5%
1,000万円1.5%
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

横浜銀行カードローンの金利は、借入限度額が高くなるほど低くなるのが特徴だ。借入限度額は、年収や返済能力に応じて設定される。

また、実際にカードローンを使用して借入や返済の実績を積むことで、借入限度額を増額できる可能性もある。

初めは限度額が100万円以下であったとしても、利用実績を作ってから増額の申請を行えば認められるケースもある。

限度額が100万円を超えれば、金利は年14.6%→年11.8%と年2.6%も下がる。同じ金額を借入する場合の返済負担が減って、より便利に利用できる。

横浜銀行カードローンの金利は高い?

横浜銀行カードローンの金利は、一般的な消費者金融が提供するカードローンと比べて低い傾向にある。

一般的な消費者金融のカードローンの最高金利は、18%台が相場だ。それに対し、横浜銀行カードローンの最高金利は年14.6%であり、年3.4%以上も低くなる。

年3.4%の金利の違いは非常に大きい。例えば、50万円を12ヶ月かけて返済する場合、それぞれの金利の総返済額は以下のようになる。

  • 年18.0%:550,080円
  • 年14.6%:540,420円

金利が年3.6%低いだけで、総返済額に1万円近くの差が生じるのだ。

借入金額がより大きくなるほど、金利差による総返済額の差がさらに広がる。

金利が高いローンを複数抱えていれば、金利の低いローンに借換を行い、一つにまとめることで総返済額を減らせるのだ。

横浜銀行カードローンの借入した資金は、事業用資金以外であれば使用用途は自由だ。そのため、他のローンを一つにまとめる「おまとめローン」のようにも使用できる。

他社のカードローン金利が高くて月々の返済額が負担に感じているのなら、借換を検討してみると良い。

横浜銀行カードローンの金利の計算方法

横浜銀行カードローンの金利を用いた利息の計算方法は、以下の通りとなる。

【1日当たりの利息=借入元金×金利÷365】

例えば、横浜銀行カードローンの最高金利である年14.6%で50万円を借入した場合、1日当たりの利息は次のような計算で求められる。

500,000円×年14.6%÷365=200円

年14.6%で50万円借入した場合、1日当たりの利息は200円かかる。では、完済まで1ヶ月かかる場合、いくらの利息がかかるのか。

求め方は簡単だ。求めた利息と日数をかければ求められる。完済まで1ヶ月かかる場合、200円×30日=6,000円の利息がかかる。

これが完済まで1年かかる場合には、200円×365日=73,000円の利息がかかることになる。

金利が高くなるほど1日にかかる利息は高くなり、返済期間が長くなるほど総返済額が高くなることがわかる。

できるだけ低い金利で借入を行い、なるべく少ない日数で返済するのが負担の少ないカードローンの利用方法といえる。

横浜銀行カードローンの金利を他社と比較

銀行が提供するカードローンは、消費者金融などの他の金融機関が提供するカードローンに比べて金利が低い傾向にある。

では、各銀行のカードローンの金利は具体的にはどのくらいになるのか。

ここでは横浜銀行が提供するカードローンと、その他の銀行のカードローンの金利について比較する。

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンの金利は1.99〜13.5%となっている。最高金利はりそな銀行カードローンのほうが低く設定されている。そのため、10万円以下の借入をメインに考えている方にメリットが大きいものと言える。

一方、最低金利は横浜銀行カードローンのほうが年1.5%と低い設定になっている。最大借入限度額も1,000万円までと非常に高額な設定となっている。なので、借入額が10万円前後の方から100万円以上の大きな資金が必要な方まで広く対応できる。

横浜銀行カードローンりそな銀行カードローン
借入限度額金利(年利)借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%10万円型13.5%
100万円以上200万円以下11.8%30万円型13.5%
200万円以上300万円以下8.8%50万円型13.5%
300万円以上400万円以下6.8%70万円型13.5%
400万円以上500万円以下4.8%100万円型13.5%
500万円以上600万円以下4.5%150万円型10.0%
600万円以上700万円以下4.0%200万円型10.0%
700万円以上800万円以下3.5%300万円型7.0%
800万円以上900万円以下3.0%400万円型5.5%
900万円以上1,000万円以下2.5%500万円型4.9%
1,000万円1.5%600万円型4.5%
700万円型4.0%
800万円型1.99%
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの金利は1.7〜14.8%に設定されている。最低金利・最高金利ともに横浜銀行カードローンのほうが低い。また、最大借入限度額も横浜銀行カードローンのほうが金額が大きい。より多くの資金を低い金利で借りたい方は、横浜銀行カードローンを使うべきだ。

一方、オリックス銀行カードローンは神奈川県や東京都といった地域に縛りはなく、全国どこに住んでいても利用可能となる。

また、「がん保障特約付きプラン」という珍しいサービスがある。これは、カードローンの利用者が「死亡・高度障害」「がんと診断された」ときに、借入残高が0円になるものだ。これもオリックス銀行カードローンの大きな特徴の1つといえる。

横浜銀行カードローンオリックス銀行カードローン
借入限度額金利(年利)借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%100万円未満12.0〜14.8%
100万円以上200万円以下11.8%100万円6.0〜14.8%
200万円以上300万円以下8.8%100万円以上150万円以下6.0〜14.8%
300万円以上400万円以下6.8%150万円以上200万円以下5.0〜12.8%
400万円以上500万円以下4.8%200万円以上300万円以下5.0〜12.8%
500万円以上600万円以下4.5%300万円以上400万円以下4.5〜8.8%
600万円以上700万円以下4.0%400万円以上500万円以下4.5〜8.8%
700万円以上800万円以下3.5%500万円以上600万円以下3.5〜5.8%
800万円以上900万円以下3.0%600万円以上700万円以下3.5〜5.8%
900万円以上1,000万円以下2.5%700万円以上800万円以下1.7〜4.8%
1,000万円1.5%
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンの金利は1.59〜18.0%と、銀行系カードローンにしては最高金利が高めに設定されている。

最大借入限度額は両銀行とも1,000万円と、一般的なカードローンの中でもトップクラスの高額設定になる。

最大借入限度額と金利を比較した場合、横浜銀行カードローンのほうがよりお得に借入可能だ。

PayPay銀行カードローンの特徴は、初回借入から30日間の無利息期間が設定されていることとなる。この期間は金利が発生しないので、返済金は全て元金の返済に当てられる。無利息期間にできるだけ返済することで、効果的に元金を減らすことが可能だ。

短期で借入金を返済したい方には嬉しいサービスといえる。

横浜銀行カードローンPayPay銀行カードローン
借入限度額金利(年利)借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%100万円未満18.0%
100万円以上200万円以下11.8%100万円以上150万円未満15.0%
200万円以上300万円以下8.8%150万円以上200万円未満12.0%
300万円以上400万円以下6.8%200万円以上250万円未満10.0%
400万円以上500万円以下4.8%250万円以上300万円未満8.0%
500万円以上600万円以下4.5%300万円以上400万円未満6.5%
600万円以上700万円以下4.0%400万円以上500万円未満6.0%
700万円以上800万円以下3.5%500万円以上600万円未満5.5%
800万円以上900万円以下3.0%600万円以700万円未満5.0%
900万円以上1,000万円以下2.5%700万円以上800万円未満4.0%
1,000万円1.5%800万円以上900万円未満3.5%
900万円以上1,000万未満3.0%
1,000万円1.59%
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は1.5〜14.5%だ。そのため、最高金利は三井住友銀行カードローンのほうが低い。

ただし、同じ借入限度額に対する金利を比べた場合は話が変わってくる。借入限度額が高額になるにつれ、横浜銀行カードローンのほうが金利が低くなる傾向にあるのだ。

100万円以下の借入の場合は、三井住友銀行カードローンのほうがやや金利が低い。だが、100万円以上700万円以下では横浜銀行カードローンのほうが低い金利が設定される。

借入したい金額を考え、お得に利用できる方を選ぼう。

横浜銀行カードローン三井住友銀行カードローン
借入限度額金利(年利)借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%100万円以下12.0〜14.5%
100万円以上200万円以下11.8%100万円以上200万円以下10.0〜12.0%
200万円以上300万円以下8.8%200万円以上300万円以下8.0〜10.0%
300万円以上400万円以下6.8%300万円以上400万円以下7.0〜8.0%
400万円以上500万円以下4.8%400万円以上500万円以下6.0〜7.0%
500万円以上600万円以下4.5%500万円以上600万円以下5.0〜6.0%
600万円以上700万円以下4.0%600万円以上700万円以下4.5〜5.0%
700万円以上800万円以下3.5%700万円以上800万円以下1.5〜4.5%
800万円以上900万円以下3.0%
900万円以上1,000万円以下2.5%
1,000万円1.5%
カードローン金利
(実質年率)
借入限度額
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%最大800万円
東京スター銀行「スターカードローンα」1.5%~14.6%最大1,000万円
JCB CARD LOAN FAITH4.4%~12.5%最大500万円
住信SBIネット銀行カードローン1.59%~14.79%10~700万円
三井住友カード カードローン1.5%~15.0%最大900万円
ソニー銀行カードローン2.5%~13.8%10~800万円

セブン銀行カードローン

セブン銀行のカードローン借入限度額や金利は、他の銀行系カードローンと比べてあまり幅広くない。

そのため、横浜銀行カードローンが利用できる地域の方であれば、セブン銀行カードローンを利用するメリットは少ない。

だが、セブン銀行カードローンでは、最短で申込の翌日から借入が可能な点が大きなメリットだ。そのため「数十万円程度の資金をすぐに借入したい」という方におすすめだ。

横浜銀行カードローンセブン銀行カードローン
借入限度額金利(年利)借入限度額金利(年利)
100万円以下14.6%10万円15.0%
100万円以上200万円以下11.8%30万円15.0%
200万円以上300万円以下8.8%50万円15.0%
300万円以上400万円以下6.8%70万円14.0%
400万円以上500万円以下4.8%100万円14.0%
500万円以上600万円以下4.5%150万円13.0%
600万円以上700万円以下4.0%200万円13.0%
700万円以上800万円以下3.5%250万円12.0%
800万円以上900万円以下3.0%300万円12.0%
900万円以上1,000万円以下2.5%
1,000万円1.5%
スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%10万円〜800万円年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円10万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短20分1週間以内最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短20分1週間~3週間程度最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの大きな特徴は、なんといっても「金利の低さ」と「最大借入限度額のボリューム」だ

一般的な銀行系カードローンの最大借入限度額が800万円のところ、横浜銀行では1,000万円の枠を用意している。

さらに、契約完了後すぐに借入希望金額が返済口座に振込まれるスピードの速さも嬉しい。ローンカードの到着を待つことなく、すぐに借入可能な点は非常に魅力的である。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

横浜銀行カードローンの審査基準とは?

横浜銀行カードローンの詳しい審査基準については明らかにされていないが、必ずチェックされる項目がある。

それは、申込者の返済能力・信用情報・他社からの借入状況だ。それぞれのチェック項目について、以下で詳しく説明する。

返済能力

カードローン審査において、申込者の返済能力を測るのは特に重要な項目だ。当然のことだが、返済能力の低い人にお金を貸したら返ってこないリスクが高い。

貸付金やそれに伴う利息が返済されなければ、貸付側に利益は生まれない。

このようなリスクをできるだけ回避するために、貸付側は申込者の返済能力を入念に調べるのだ。

返済能力の有無は、年収・支出のバランス・他のローンの有無など、申込者の収支に関わる全てから総合的に判断される。

そのため、ただ単に年収が高ければ審査に通るというものではない。

金利の低いローン審査の場合では、申込者の返済能力をより細かくチェックする。そのため、不必要なローンやクレジットカードの利用は控えたほうが良い。

信用情報

クレジットカードや各種ローンなどの申込や利用を行った情報は、全て信用情報として信用情報機関で管理される。

信用情報も申込者の返済能力を判断する重要な要素だ。

申込者にクレジットカードやローンの返済遅延や滞納などの事故情報が残っている場合、返済能力が乏しいと判断されやすい。

もちろん、審査の可否は信用情報だけで判断するわけではない。年収や他社借入など様々な要素を考慮して判断されるため、事故情報が載っているからといって審査に落ちるとは限らない。

だが、横浜銀行のように金利が低く借入限度額が高いカードローンほど審査が厳しい傾向にある。事故情報の有無が審査に影響する可能性が、ないとも言い切れない。

信用情報を傷つけないためにも、クレジットカードやローンは計画的に利用しよう。

他社からの借入状況

すでに他社から借入を行っている場合、新たなローンの審査に影響する可能性がある。

消費者金融などのカードローンの場合「総量規制」という規則がある。これは、申込者の年収の3分の1以上の貸付を行ってはならない決まりを指す。

総量規制は消費者金融などを対象にした規則なので、銀行は従う必要はない。しかし、銀行においても貸しすぎを防止するために、総量規制に準じた規制を設けているところもある

そのため、他社からの借入がある場合には借入金額の状況によって、借入限度額が下がったり融資不可と判断される場合がある。

横浜銀行カードローンの審査に通るコツとは?

上述の審査基準を元に、横浜銀行カードローンの審査に通るコツを紹介する。

返済能力は貸付を行う側にとって特に重要な項目となる。そのため、以下のような条件を揃えると審査に通りやすくなるといえる。

  • 年収を増やす
  • 収入を安定させる
  • 収支のバランスを見直す

ローンの融資審査において、年収が高いほうがやはり有利だ。審査に通りやすいのはもちろん、借入限度額も高額に設定される可能性が高い。

借入限度額が高ければ金利がより安くなるというメリットもあるため、年収はできるだけ高いほうが良い。

年収は簡単に増やせるものではないが、副業などで年収アップに努めるのも審査を通りやすくする1つの方法だ。

年収の高さと同じくらい大切なのが「収入を安定させる」ことだ。

お笑い芸人のような芸能人は、銀行ローンを組みづらいという話を聞いたことはないだろうか。一般人に比べて、売れている芸能人のほうが年収は遥かに高い。

それにも関わらずローンが組めないのは、収入が安定していないからだ

一時売れて大金が入ってきたとしても、次の月には仕事があるかわからない。そのような不安定な収入は貸付側にとって大きなリスクとなる。

それよりも、毎月決まった金額を安定して得られる一般人のほうが、貸付側にとっては安心して貸付できるのだ。

不定期な仕事ではなく、安定して働ける仕事に就くなどして収入を安定させると審査に通りやすくなる。

収入面だけではなく、支出とのバランスも重要だ。いくら安定した高い年収があったとしても、支出のほうが多く貯蓄できない人では貸付側のリスクが高い。

それよりは、年収が低くても貯蓄ができる収支バランスの人のほうが返済が滞るリスクは少ないと判断される。

カードローン審査を通るためには、年収の高さだけではなく、収支全体のバランスを整えることが非常に重要だ。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

横浜銀行カードローンの利用方法

横浜銀行カードローンを利用するには、まずは申込を行い審査を受ける必要がある。

申込はWebを使えば24時間365日いつでも可能だ。店舗まで来店する必要がなく、利便性が高い。

Web申込なら契約完了後、ローンカードが届く前に利用が始められる。すぐにでも借入を行いたい方に非常におすすめだ。

ここからは、横浜銀行カードローンの利用方法について詳しく解説する。

申込

横浜銀行カードローンの申込方法には、電話・郵送・FAX・Webの4つの方法がある。

横浜銀行本店の窓口では、カードローンの申込はできないのには注意が必要だ。ただし、身体の不自由な方など、窓口でしか受付ができない場合には対応してもらえるので安心してほしい。

基本的な申込方法の中でも、おすすめなのがWebでの申込だ。Web申込は24時間365日いつでも申込ができるので、非常に利便性が高い。

なお、カードローンの返済には横浜銀行の普通預金口座が必要となる。ただ、口座を持っていなくても申込は可能だ。

先にカードローンの申込を済ませてから、口座を開設するのも良い。なお、口座開設もWebで行える。

審査

申込が完了すると、審査に必要な必要書類の提出が求められる。

Web申込の場合、ショートメッセージにて必要書類の内容と提出方法が送られてくるので、案内に従って提出しよう。Webであれば必要書類の写真を撮り、アップロードして提出できるので便利だ。

申込情報と必要書類を元に審査が進められる。なお、審査のための在籍確認は勤務先への電話連絡の他、勤務先がわかる書類の提出でも可能な場合がある。

勤務先への電話連絡を回避したいという方も安心して申込ができる。

審査結果通知

審査結果は最短で申込当日に返答が得られる。審査結果は電話連絡にて行われる。申込時に「自宅」「会社」「携帯(PHS)」の中から選んだ番号に連絡が来るので、すぐに応対できる電話番号を記入しよう。

契約手続き

審査に合格したら契約手続きに移る。Web申込の場合、審査結果回答の連絡の際に伝えられる専用ページから契約手続きを行う。

Web以外では郵送やFAXで契約書類を送付する方法もあるので、利用しやすい方法で手続きを行おう。

ローンカード発行・利用開始

カードローン契約締結時に横浜銀行口座をすでに持っていれば、契約後すぐに希望する借入金額を振込してもらえる。この時にローンカードは不要だ。

急ぎの場合には、カードローン申込前に口座開設を進めておくと安心だ。

通常の借入は、ローンカードが届き次第利用可能となる。横浜銀行店舗ATMや提携コンビニATMなどを利用して借入が可能だ。

返済

通常の返済方法は、毎月10日に横浜銀行普通預金口座から決まった返済額が自動で引き落とされる「定例返済」だ。

この他、余裕があるときに都度返済する「一部返済」や、全額を一括で返済する「全額返済」にも対応している。

横浜銀行カードローンの返済方法

横浜銀行カードローンの返済方法は、毎月10日に口座から自動で引き落とされる「定例返済」が基本だ。

そのため、横浜銀行の普通預金口座がなければカードローンは利用できない。

定例返済の他に「一部返済」や「全額返済」という返済方法がある。これらの返済はATMやインターネットで行う。

ここからは、それぞれのカードローン返済方法について解説する。

ATMでの返済

横浜銀行店舗ATMや提携コンビニATMを利用して、一部返済や全額返済できる。これらの ATMからの返済は手数料が無料なので利用しやすい。

ATMから全額返済する際には、元金と利息の合計が100万円以下の場合しか全額返済できない点に注意が必要だ。

インターネットでの返済

インターネットから返済を行うには、横浜銀行の「<はまぎん>マイダイレクト」に申込を行い、返済口座を登録する必要がある。

インターネットバンキングである<はまぎん>マイダイレクトの申込と口座登録が完了すれば、即日利用可能だ。

口座からの引き落とし

横浜銀行カードローンの基本的な返済方法が、毎月10日に口座から自動で引き落とされる「定例返済」だ。月々の返済額は借入額によって決まる。10万円以下の借入であれば、月々の返済額は2,000円からと非常に負担が少ない。

返済方法の注意点として、一部返済を行っても定例返済は毎月実行される点が挙げられる。

例えば、10万円の借入を行っている方が、口座引き落とし日より前にATMから2,000円を一部返済したとする。定例返済の2,000円と同額なため、その月の返済はこれで完了したと思うかもしれない。しかし、返済方法は定例返済が基本となるため、一部返済を行ったとしても10日の口座引き落としは実行される。

借入額を返済し終わるまで定例返済は毎月実行される。引き落とし日の前日までに返済金を口座に入金するのを忘れないようにしよう。

なお、返済金の引き落とし口座として使用できるのは横浜銀行の口座のみだ。横浜銀行に口座を持っていないとカードローンが使用できないため、事前に作っておいた方がスムーズに借入が行える。

カードローンを無理なく返済するためには?

カードローンを無理なく返済するために最も重要なことは「計画的に利用すること」だ。

横浜銀行カードローンは限度額が高く金利が低い。大きな借入限度額が得られれば、多くの資金を簡単に引き出せる。

また、月々の返済額も2,000円からと非常にゆとりのある返済になっている。そのため、借入をしているという実感が湧きにくい場合もある。

だが、無計画に借入を行えば総借入額が徐々に膨らみ、月々の返済額も大きくなってくる。

気がついた頃には返済が不可能になっているケースもある。

いつでも簡単に借入ができるからこそ、借入額と返済額をしっかりと把握して計画的に利用しよう。

横浜銀行カードローンの利用を検討しているなら

本記事では、横浜銀行カードローンの金利を他の金融機関と比較しながら解説した。

横浜銀行カードローンは借入限度額が最大1,000万円までと非常に高額で、さらに金利が年1.5~14.6%(変動金利)と低いのが特徴だ。

横浜銀行店舗ATMだけではなく、セブン銀行ATMなどの提携コンビニATMでも手数料無料※一部ATMを除くで取引できるのが嬉しい。

横浜銀行カードローンの利用を検討している方は、各記事を読んでぜひ参考にして欲しい。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

          

目次