MENU

低金利の多目的ローン・フリーローンおすすめ8選!選び方や注意点も解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

多目的ローンやフリーローンは、低金利でお金を借りることができる。

使用目的も決まっていないので、様々な用途に利用できることから使い勝手も良い。

しかし、多目的ローンやフリーローンは多くの金融機関で提供されている。

そのため、どれを選べば良いのか迷ってしまう人もいるかもしれない。

そこで本記事では、低金利の多目的ローン・フリーローンおすすめ8選を紹介する。

また、フリーローンの選び方や注意点も解説する。

どの多目的ローン・フリーローンが自分に合っているか知りたい人はぜひ参考にしてほしい。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次

低金利の多目的ローン・フリーローンおすすめ8選

低金利の多目的ローン・フリーローンは多くの銀行で提供されている。

その中でも、低金利でおすすめのものを8社厳選して紹介する。

スクロールできます
カードローン横浜銀行
フリーローン
千葉銀行
フリーローン
りそなプレミアム
フリーローン
東京スター銀行
スターフリーローン
みずほ銀行
多目的ローン
住信SBIネット銀行
多目的ローン
きらぼし銀行
フリーローン
イオン銀行
フリーローン
金利
(実質年率)
1.9%〜14.6%1.7%〜14.8%6.0%〜14.0%1.5%〜14.6%5.875%(変動金利)・6.95%(固定金利)2.975%~4.975%1.7%~13.8%(固定金利)3.8%~年13.5%
(固定金利)
借入限度額1,000万円800万円500万円1,000万円300万円1,000万円1,000万円700万円
特徴借入限度額が高い最長15年借入可能住宅ローン利用者は
金利0.5%引き下げ
借入限度額
最大1,000万円
変動金利か固定金利
可を選択可能
​​条件を達成で金利が
最大年1.0%引き下げ
300万円の借入まで
収入証明書が不要
上限金利が
他社より低め

横浜銀行フリーローン

横浜銀行フリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率1.9%〜14.6%
  • 借入限度額最大1,000万円
  • 他のローンやリボ払いをおまとめ可能

横浜銀行フリーローンは下限金利が1.9%と非常に低い。

金利は固定となっているため、返済額は変わらない。

横浜銀行フリーローンの特徴は、借入限度額が1,000万円と他社に比べて高額なことだ。

そのため、複数のローンをまとめて一本化するのに利用しても良い。

また、審査結果は最短翌営業日に分かるのも嬉しいポイントだ。

さらに、横浜銀行の口座を持っていれば、申込から融資までのスピードが最短2営業日と早いことも特徴である。

申込は24時間365日、パソコンやスマホから可能だ。

そのため、場所や時間を問わずに利用できるのも魅力となる。

バナー画像予定

金利
(実質年率)
年1.5%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度最短即日
無利息期間なし
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書ご希望のお借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書が必要
WEB完結可能
(契約まで)
申込条件20歳から69歳
担保・保証人不要

千葉銀行フリーローン

千葉銀行フリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率1.7%〜14.8%
  • 借入限度額800万円
  • 最長15年まで借入可能

千葉銀行フリーローンは、金利が年率1.7%〜14.8%と低金利のフリーローンだ。

固定金利なので、返済期間中に金利が上がることはない。

また、最大の特徴は返済期間が最長15年と非常に長いことだ。

他社は10年のところが多いので、千葉銀行ならゆとりをもって返済したり、月々の返済額を減らしたりできる。

また、千葉銀行の口座を持っていれば、申込から借入までWebで完結できる。

なお、千葉銀行の口座を持っていなくても利用は可能だ。

ただ、原則として、申込が千葉・東京・茨城・埼玉・神奈川(横浜市・川崎市)に住んでいる人しか出来ないことには注意しよう。

バーナー画像予定

金利(実質年率)年1.7%~年14.8%
審査時間
融資速度
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書50万円を超えるお借入金額を希望される方
WEB完結可能
申込条件次の条件をすべて満たす個人のお客さま。
ご契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方。
安定した収入(パート・アルバイトを含む)のある方。ただし年金収入のみの方はお申込みいただけません。

原則、千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方。

エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる方。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
担保・保証人不要
※エム・ユー信用保証(株)を保証人とします。

りそなプレミアムフリーローン

りそなプレミアムフリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率6.0%〜14.0%
  • 借入限度額500万円
  • 住宅ローン利用で0.5%金利引き下げ

りそなプレミアムフリーローンは、りそな銀行が提供しているフリーローンだ。

金利は固定で、審査によって年6.0%・9.0%・12.0%・14.0%の4段階から決められる。

また、りそな銀行の住宅ローンを利用していれば、金利がさらに年0.5%引き下げられる。

ただし、フラット35を利用中の人は金利引き下げの優遇が適用されない。

申込はWeb完結可能で、原則として来店の必要はない。

口座がなくても申込可能だが、契約時にはアプリや来店での口座の開設が必要になる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.99%〜年13.5%
審査時間最短1週間以内
融資速度最短1週間以内
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書必要
WEB完結可能
申込条件20歳以上66歳未満
担保・保証人不要

東京スター銀行スターフリーローン

東京スター銀行スターフリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率1.5%〜14.6%
  • 借入限度額最大1,000万円
  • Web完結で借入可能

東京スター銀行スターフリーローンは、借入限度額が最高1,000万円となっている。

そのため、高額な借入を考えている人におすすめだ。

金利は下限1.5%となっており、これは他社のフリーローンに比べて低い数値となる。

借入額が多い場合にこちらの金利が適用になるため、やはり融資額が多い人に向いているものとなる。

申込は来店不要で、手続きはインターネットで完結する。

また、事務手数料と繰り上げ返済料は無料のため、コストを気にせずに借入・返済が可能だ。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

みずほ銀行多目的ローン

みずほ銀行多目的ローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率5.875%(変動金利)・6.95%(固定金利)
  • 借入限度額最大300万円
  • 証書貸付ローン利用の場合は金利が年0.1%引き下げ

みずほ銀行多目的ローンは、金利が変動金利か固定金利かを自由に選べる

変動金利の場合は金利が変動する可能性があるが、低いうちに返せればお得になる。

借入限度額は最大300万円と、他社に比べて低くなっている。高額の借入をする必要がある場合は注意したい。

一方、固定金利は金利が上昇するリスクがなく、返済計画を立てやすいのがメリットだ。

ただ、途中で変更はできないので慎重に選ぶ必要がある。

他には、みずほ銀行の証書貸付ローン利用社は、金利が年0.1%引き下げられるメリットもある。

現在利用している人だけでなく、過去に利用していた人も対象になる。

金利
(実質年率)
年2.0%~年14.0%
審査時間最短当日
融資速度最短当日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要※50万円以上の借入を希望する場合は必要
WEB完結可能
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
※ 審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
担保・保証人不要※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションまたは、アイフル株式会社が審査の上で保証
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

住信SBIネット銀行多目的ローン

住信SBI銀行多目的ローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率2.975%~4.975%(変動金利)
  • 借入限度額最大1,000万円
  • 条件を達成すると金利が最大年1.0%引き下げ

こちらのフリーローンは、金利が年2.975%~4.975%の変動金利となっている。

金利が変動するリスクはあるものの、最大でも4.975%と低めの数値となる。

さらに、住宅ローンの利用やカードローンの利用など条件を達成することで、金利を最大年1.0%引き下げられる。

そのため、既に住信SBI銀行のサービスを利用している人におすすめだ。

また、借入限度額も最大1,000万円となっている。

そのため、まとまった金額の借入をしたい人にも向いているローンといえるだろう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年2.49%~年14.79%
審査時間仮審査最短60分(仮審査承認後、本審査をすすめます)
※申し込み内容、時間帯によっては時間がかかる場合がございます。​
融資速度
無利息期間
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書希望借入可能上限額が50万円を超える場合必須
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

きらぼし銀行フリーローン

きらぼし銀行フリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率1.7%~13.8%(固定金利)
  • 借入限度額最大1,000万円
  • Web完結で来店不要

こちらのフリーローンの金利は、年1.7%~13.8%の固定金利となっている。

上限金利が13%台と他社に比べて低いのが魅力だ。

さらに、借入限度額は最大1,000万円で高額借入したい人にもおすすめできる。

また、300万円未満の借入では収入証明書が不要で借りやすくなっている。

申込から契約までWeb完結となっているため、来店する必要もない。

申込にあたっては、きらぼし銀行の口座不要となっており、使いやすいカードローンとなる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.6%~年14.8%
審査時間最短3~5営業日ほど
※申し込み内容、時間帯によっては時間がかかる場合がございます。​
融資速度
無利息期間
借入限度額10万円~1,000万円
収入証明書希望借入可能上限額が50万円を超える場合必須
WEB完結可能
申込条件満20歳以上64歳までの定期的な収入がある方
※上記の他、該当条件がございます。
担保・保証人不要

イオン銀行フリーローン

イオン銀行フリーローンの金利や特徴は次の通りだ。

  • 借入金利年率3.8%~13.5%(固定金利)
  • 借入限度額最大700万円
  • Web完結で来店不要

こちらのフリーローンは、金利が年3.8%~13.5%の固定金利となっている。

特に上限金利が13%台と他社より低めなことが魅力だ。

申込から契約までWeb完結で、来店不要となっている。

必要書類も少なく、スピーディーに手続きを進められるだろう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年3.8%~年13.8%
審査時間最短翌営業日
融資速度最短翌営業日
無利息期間なし
借入限度額10万円~800万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・日本国内に居住している方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・申込者に安定かつ継続した収入が見込める方
担保・保証人不要

多目的ローンやフリーローンが向いている場面とは?

多目的ローンやフリーローンは、自由度が高く使い道が自由なのが特徴だ。

具体的には、引っ越し費用や旅行費用、冠婚葬祭など、様々な目的で使うことができる。

しかし、借入までに時間がかかる場合があるのは欠点と言える。

そのため、予定がある程度決まっている場合や、急ぎの必要がない場合の利用が向いている。

また、一度の契約で借入ができる額に制限があるため、借り過ぎには注意しよう。

一方で、急いでお金を借りたい場合には低金利のカードローンが適している。

そのため、個々のニーズや状況に応じて適切な選択をすることが重要だ。

低金利のカードローンについてさらに詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてほしい。

カードローンの低金利に関する詳しい解説はこちら。

低金利だけがポイントじゃない!多目的ローン・フリーローンの選び方

多目的ローンやフリーローンは銀行各社が提供しているため、どれを選べば良いか悩む人もいるはずだ。

具体的には、次の4つのポイントに注目して選ぶと良い。

  • 上限金利の低さで選ぶ
  • 申込方法の多彩さで選ぶ
  • 手続きの簡単さで選ぶ
  • 繰り上げ返済手数料の有無で選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく解説する。

上限金利の低さで選ぶ

多目的ローンやフリーローンの選択において重要なのは、上限金利の水準だ。

通常、これらのローンの金利は借入額や審査結果によって決まる。

したがって、最低金利だけでなく、上限金利も確認することが必要である。

特に、大きな金額を借りる場合は上限金利が適用されることがあり、借入コストを抑えるためには上限金利の低さが大事になってくる。

申込方法の多彩さで選ぶ

多目的ローンやフリーローンの選択において、申込方法の多様性も重要な要素だ。

これらのローンは、インターネット、電話、郵送、店舗訪問など、様々な方法で申し込むことができる。

ただし、申込方法によっては審査時間や融資までの時間が異なる。

そのため、緊急時には来店不要で完結するインターネット申込を選ぶのが賢明だ。

手続きの簡単さで選ぶ

手続きの簡便さも、多目的ローンやフリーローンを選ぶ上で重要になる。

インターネット申込を通じて完結する方法は、特におすすめだ。

また、必要書類の提出や審査時間が短いローンも魅力的だが、金利が高いものや限度額が低いといったメリットを持つ商品もある。

したがって、手続きの簡便さだけでなく、金利や限度額などを総合的に検討する必要がある。

繰り上げ返済手数料の有無で選ぶ

最後に、繰り上げ返済手数料の有無も考えるべき要素となる。

繰り上げ返済は、毎月の返済額に余裕がある場合に追加で返済する方法だ。

これによって借入期間を短縮し、利息を節約できる。

ただし、繰り上げ返済に手数料がかかる金融機関もあるため、事前に手数料の有無を確認しておこう。

多目的ローン・フリーローンは保証人・担保不要で借りられる?

多目的ローン・フリーローンは、通常は保証人や担保を必要としない。

ただし、次のような状況では保証人や担保が求められる場合がある。

  • 借入額が高額な場合
  • 信用情報に問題がある場合
  • 収入証明書が提出できない場合
  • 自営業者やフリーランスの場合

これらの条件に該当する場合、金融機関からの信用度が低くなり、保証人や担保を要求される可能性がある。

その際は借入条件を確認し、必要に応じて保証人や担保を準備する必要が出てくる。

多目的ローン・フリーローンの申込から融資までの流れ

多目的ローン・フリーローンはどのように利用できるのだろうか。

金融機関によって細かい部分は異なるが、基本的に申込から融資までの流れは次の通りだ。

  • 申込
  • 審査
  • 審査結果の通知
  • 正式契約
  • 融資

最初に、多目的ローン・フリーローンの申込を行う。

申込方法は、Web・電話・郵送などがあるが、Webなら24時間365日いつでも申込可能なので便利だ。

申込の際には、本人確認書類の提出が必要になる。

申込が完了すると金融機関で審査が行われ、審査の結果がメールや電話で通知される。

審査に通過したら正式契約となり、契約したら指定の口座に入金される。

申込から融資まで1~2週間ほどかかる場合もあるため、余裕をもって申込を行おう。

多目的ローン・フリーローンの審査時に確認されるポイントとは

多目的ローン・フリーローンの審査の時には、いくつかのポイントが重点的に確認される。

審査に通るためには、それらのポイントをクリアしていることが重要だ。

具体的には、次の3つのポイントが確認される。

  • 収入が安定しているか
  • 申込情報に問題ないか
  • 信用情報に問題ない

それぞれのポイントについて詳しく説明する。

収入が安定しているか

1つ目のポイントは、収入が安定していることだ。

収入が安定していないと、返済が滞る可能性が高いからだ。

金融機関は返済不能になるリスクが低い人に融資したいと考えている。

必ずしも高額な収入を得ている必要はなく、定期的な収入があるかどうかがポイントになる。

そのため、自営業者や経営者よりも、会社員のほうが有利といえる。

申込情報に問題ないか

2つ目のポイントとして、申込情報に問題がないかも確認される。

審査では年収だけでなく、勤務先・雇用形態・属性などがチェックされるだろう。

さらに、他社からの借入もチェックポイントだ。

他社からの借入が多いとお金に困っているとみなされ、審査に落ちる可能性が高くなる。

また、申込情報が正確かどうかも重要になる。

間違いなく情報が入力できているか、申込前に確認しておこう。

信用情報に問題ないか

3つ目のポイントは、信用情報に問題がないかという点だ。

信用情報とはクレジットカードや他のローンの利用履歴のことで、信用情報機関に登録されている。

もし、過去にクレジットカードやローンの返済を延滞・滞納していると信用情報に問題ありと判断され、審査に落ちる可能性が高くなる。

多目的ローン・フリーローンの注意点

多目的ローン・フリーローンを利用するにあたってはいくつか注意点がある。

利用してから後悔しないために、事前に確認しておきたい。

具体的には、次の2点が挙げられる。

  • 手続きに時間がかかるフリーローンもあるため注意
  • 追加融資には審査が必要

それぞれの注意点について紹介する。

手続きに時間がかかるフリーローンもあるため注意

1つ目の注意点は、手続きに時間がかかるフリーローンがあることだ。

金融機関によっても異なるが、銀行によってはフリーローンの融資までに1~2週間ほどかかるケースもある。

審査には電話確認や本人確認書類の提出などがあり、申込に不備があるとさらに時間がかかるケースもある。

時間に余裕をもって申込を行うことが重要だ。

追加融資には審査が必要

別の注意点として、フリーローンの追加融資には新たに審査を受ける必要があることがあげられる。

フリーローンはカードローンなどとは異なり、1回の契約でまとめて借入金を受け取る「証書貸付」という融資になる。

そのため、基本的に追加での借入はできない。

追加でお金が必要な場合は新たに審査を受けるか、他のローンを検討する必要がある。

多目的ローン・フリーローン利用時はシミュレーションで返済額を確認しよう

多目的ローン・フリーローンを利用する際は、申込前にシミュレーションで返済額を確認しよう。

多目的ローン・フリーローンを提供している銀行の公式サイトには、返済額を確認できるシミュレーションが設置されている。

シミュレーションを使えば、毎月の返済金額・返済期間・返済総額が把握できる。

これらを把握しないでフリーローンを利用すると、返済ができなくなってしまう可能性もある。

場合によっては、フリーローンを利用しないほうが良い場合もあるだろう。

また、シミュレーションをすることにより、正確な返済計画を立てるのにも役立つ。

正確な返済計画を立てることにより、スムーズな返済が可能になるはずだ。

低金利の多目的ローン・フリーローンに関するよくある質問

低金利の多目的ローン・フリーローンに関するよくある質問をまとめてみた。

同じような疑問を持つ人は参考にしてほしい。

多目的ローン・フリーローンとカードローンの違いは?

多目的ローン・フリーローンとカードローンの使い道は自由であり、その点は共通している。

ただ、借入回数・金利・利用限度額など複数の違いがある。

借入回数については、多目的ローン・フリーローンが1回のみであるのに対して、カードローンは利用限度枠内で何度も借入可能だ。

金利や利用限度額については多目的ローン・フリーローンのほうが低金利で、高額の借入に対応している場合が多い。

多目的ローン・フリーローンは借りるまでに何日ぐらいかかるか?

金融機関によって融資開始までの時間は大きく異なる

最短即日融資のところもあれば、10日~2週間ほどかかるところもある。

基本的には、Web完結で申込可能な金融機関のほうが短期間で融資を受けやすい傾向がある。

メガバンクなどは紙媒体での書類を郵送する必要があることから時間がかかることが多い。

また、融資金額によっても借りるまでの期間が変わる場合がある。

特に数百万の借入額になると自動審査だけでなく、人による判断も必要となるため、時間がかかるのだろう。

低金利の多目的ローンを利用するなら

本記事では、低金利の多目的ローン・フリーローンのおすすめ8選・フリーローンの選び方・注意点などを解説してきた。

多目的ローン・フリーローンは使用用途が決められていないため、さまざま用途に使える。

限度額が高めに設定されている金融機関もあるため、おまとめローンの代わりに使うことも可能だ。

本記事では、多目的ローン・フリーローンを提供している金融機関の特徴についても紹介している。

自分に合った多目的ローン・フリーローンを見つけるための参考にして欲しい。

使い勝手の良い多目的ローン・フリーローンだが、通常のカードローンと比べると審査時間がかかったり追加融資を受けるためには審査が必要だったりと、いくつかの注意点もある。

利用する際は、これらの注意点にも気を付けよう。

\ 審査の手続きカンタン!/

目次