1. ホーム
  2. 保険
  3. 20代のあなたが知っておくべき生命保険の重要性とメリット

20代のあなたが知っておくべき生命保険の重要性とメリット

この記事で解決できるお悩み
  • 20代で生命保険に加入するメリットが知りたい
  • どのような生命保険商品があるのか知りたい
  • 20代の私にとって最適な生命保険の選び方を知りたい

この記事では、20代で生命保険に加入する必要性やおすすめの生命保険について解説している。

自分に適した生命保険を選びたい20代の方は、参考にしてほしい。

目次

生命保険の基礎知識を理解しよう

まずは生命保険の基礎について理解を深めよう。

生命保険とは何か?

生命保険とは、自分が死んでしまったり病気やケガで働けなくなってしまったときに、自分や家族が給付を受けられる保険である。

定期的に保険料を支払うことで、もしものときに生命保険の種類に応じた保障を受けられるのだ。

いつ起きるかわからないが、起きてしまうと多額のお金が必要になることに備える商品なのである。

生命保険の仕組みとメリット

生命保険は相互扶助と呼ばれる助け合いの仕組みで成り立っている。保険の加入者たちは、お互いに保険料を出し合ってお金を集める。

そして集まったお金の一部を病気やケガなどの一定条件を満たした保険をかけられている人に分け与えるのである。

たくさんの人が保険料を出し合っているため、保険に加入している人は、必要なときにきちんとした保障が受けられる仕組みなのだ。

生命保険に加入することには、次のようなメリットがある。

  • 入院や手術の大きな費用に備えられる
  • 働けなくなったときに収入を補える
  • 効率的な貯蓄として活用できる

入院費や手術費は大きな支出が発生する。公的な社会保険である程度まかなえるが、足りない部分については、自分で払わなければらない。

そんなときに生命保険に入っていれば、大きな費用をカバーしてくれる。また病気やケガで長期間働けなくなったときも、生活するために必要なお金を定期的に受け取れる。

その他にも、効率良く貯蓄するための金融商品として活用できるというメリットがある。

生命保険と医療保険の違いについて

生命保険と医療保険は、以下のような明確な違いがある。

  • 保障内容
  • 保障を受ける対象

生命保険は種類として医療保険を含んでいるが、医療保険と比較されるときには、人の死亡について保障する死亡保険としての意味をさす。

そのため、この場合の生命保険の保障内容は、保険をかけられている人が死んだり高度障害になったときに、保険金が支払われるものとなっている。

一方、医療保険の保障内容は病院に入院したり、手術を受けたときにかかる医療費に対して、給付金が支払われるものとなっている。

保障を受ける対象についても違いがある。生命保険は保険をかけられている人が亡くなったときに保険金が支払われるが、保険金を受け取るのは残された家族だ。

しかしながら、医療保険は病気やケガをしたときに保険をかけられている本人が保険金を受け取る。同じように生きていくための保障であるが、保障を受ける対象は大きく異なるのである。

生命保険を選ぶ際のポイントと注意点

20代が生命保険を選ぶ際のポイントと注意点について詳しく見ていこう。

そもそも20代で保険は必要なのか

大多数の20代にとって保険に入ることは必要だ。なぜなら、多くの20代は十分な貯金や資産を持っていないからだ。

十分な貯金がないのであれば、入院や手術が必要になったときに医療費を捻出できない。

また、すでにパートナーや子供がいて家族を養う立場にあれば、自分が働けなくなったときのことを考えて保険に入っておくべきである。

個人のおかれている状況によって、保険が必要かどうかは異なるが、万が一を考えて保険に入っていくのが良いだろう。

20代の保険料の目安と予算設定

20代の保険料は平均して男性が月1万円前後、女性が月0.8万円前後というデータがある。

そのため、20代の多くは毎月1万円前後の保険料を目安として支払えばよいといえる。

ただし、この保険料はあくまで目安であり、受けたい保障内容によって金額は変わってくる。

性別年間払込保険料(平均)月平均
男性11.9万円1万円
女性9.6万円0.8万円
出典:公益財団法人生命保険文化センター 2022(令和4)年度「生活保障に関する調査」

保険料の予算設定は、世帯年収のうち一定の割合を保険料として算出する方法がある。以下の表を見て欲しい。

年間収入年間払込保険料(平均)年収に占める保険料の割合
〜300万円13.4万円〜4.4%
300〜500万円16.9万円3.3〜5.6%
500〜700万円18.2万円2.6〜3.6%
700〜1,000万円22.1万円2.2〜3.1%
1,000万円〜27.4万円2.7%〜
出典:公益財団法人生命保険文化センター 2022(令和4)年度「生活保障に関する調査」

上記の表は、世帯年収ごとの年間に払い込む保険料の平均金額である。

この金額から分かることは、どの世帯年収についても、世帯年収に占める保険料の割合が、おおむね5%以内に収まっているということだ。

もしあなたの世帯年収が仮に400万円であれば、年間払込保険料は20万円以内、月払いに直すと1.6万円以内を予算として設定するのが良いだろう。

給付金額と保障内容

給付金額と保障内容は生命保険を選ぶ際の大切なポイントだ。給付金額とは契約の条件を満たしたときに支払われる保険金の金額のことである。

給付金額は生命保険に加入するとき、すでに決められているため、選ぶときにきちんと確認すべきポイントである。

また、その生命保険が保障している内容についてもしっかりと把握しよう。まずは、自分や家族の保障のニーズを明らかにすることで、必要となる保障内容が明らかになる。

その上で、自身のニーズと照らし合わせて保障内容が一致する商品を選べば良い。ただし、保障内容が合っていたとしても契約の条件によっては、保障内容の対象とならない場合がある。

どういう場合に保障内容が適用されるのか確認しよう。

20代におすすめの生命保険商品

20代におすすめの生命保険商品について、詳しく見ていこう。

就業不能保険

就業不能保険は、病気や怪我によって長期間働けなくなったときに収入を保障する保険だ。特に働けないことが、収入の減少に直結する自営業やフリーランスにおすすめの保険である。

保険に入ることで就業不能に陥ってから60日または180日以降に、毎月10万円から50万円の範囲で保険金を受け取れる。

会社員や公務員として働いていない20代の個人事業主やフリーランスの方は、働けなくなることを想定して、加入を検討してみよう。

医療保険とがん保険

医療保険とがん保険はともに入院や手術のような病気の治療で必要になる医療費を保障する保険である。

医療保険であれば、入院したときと手術したときに、医療費の一部または全部を給付金として受け取れる。

契約期間中のみ保障される定期型と、契約を解約するまで保障が続く終身型があるほか、死亡保障の特約を付けられるものまで存在する。

がん保険はがんと診断された人が、給付金を受け取れる保険である。

がん治療に特化しており、入院したり手術するときにかかる治療費が保障されるほか、先進医療や自由診療を受けた場合についても商品によっては給付金を受け取れる。

個人年金保険

個人年金保険は支払った保険料の金額に応じて、年金を受け取れる保険である。公的年金に上乗せされるかたちで支給されるため、加入することで将来受け取る年金額を増やせる。

保険料は契約時に定めた一定の年齢まで積み立てることになる。公的年金としてもらえる金額がわからず、老後の生活が心配な20代の方におすすめの生命保険である。

20代の生命保険選びは誰に相談するべきか

怪我や病気で働けなくなった時の入院費や家族の生活費など、ライフステージによって異なるが20代でも保険に加入しリスクに備える必要性は大いにある。

おすすめの保険についても簡単に触れたが、実際に数多くの商品から選択するには十分とは言えないだろう。自分に適した生命保険を選択するためには、専門家の力を借りることも検討したい。

中でも本記事では、顧客一人一人のニーズに合わせて、最適な商品を提案してくれるIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)をおすすめする。

どの商品を選択すればよいのかわからなくても、IFAに相談すれば自分にぴったりの商品を見つけられるはずだ。

IFAとは

IFAとは、中立的な立場から資産運用や保険のアドバイスを行う金融アドバイザーだ。

証券会社や保険会社のような金融機関に所属していないため、販売方針やノルマの制約を受けることなく、顧客のニーズに合わせた商品を自由に提案できるという特徴がある。

IFAはそれぞれの強みを生かして業務を行なっている。自分に適した生命保険を探しているのであれば、保険に明るいIFAに相談することで、有益な情報が得られるのだ。

IFAとともに考える生命保険

IFAは証券会社や銀行の出身だけではなく、保険業からの参入が増えている。保険に明るいIFAが増えているのだ。

そんなIFAに相談すれば、IFAとともに自分に適した生命保険について考えてくれるだろう。生命保険は商品を提供している会社によって、細かい保障内容が異なっている。

自分一人で考えるよりも、自分に最適な生命保険を見つけやすくなるだろう。

IFAのアドバイスを受ける重要性

IFAからアドバイスを受けることは重要だ。なぜなら、一人で集められる情報には限界があるからだ。

調べて選択した保険商品が、本当に自分に適しているのか判断することも難しいだろう。IFAから専門的なアドバイスを受けることで、より適した商品が見つかる可能性を高められるのである。

しかし、どのようにIFAを探したらいいかわからない、という人も多いだろう。そのような場合には「わたしのIFA」を利用してみよう。

「わたしのIFA」はIFAと投資家を結ぶ新たなマッチングサービスだ。無料相談もできるので、長期的な資産形成のパートナーとなる、信頼できるIFAが見つかるはずだ。

まとめ

本記事では、20代の生命保険の必要性と保険選びのポイント、おすすめの商品について解説した。

保険を選ぶときには専門的な知識が必要であり、どの保険商品が自分に合っているのかわからないものだ。そんなときに、IFAを活用すれば、自分に最適な保険商品を見つけられるだろう。

また、IFAは顧客の資産運用を支えるパートナーとしての役割を担っている。年代が上がったとしても、状況に合わせて最適な保険商品を提案し続けてくれるのだ。

「わたしのIFA」は、自分にぴったりのIFAを見つけるためのオンラインプラットフォームだ。

お住まいの地域や相談内容を選択することで、あなたのニーズに合ったIFAを見つけられるだろう。まずは、「無料で相談する」から申し込んでみよう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次