1. ホーム
  2. 保険
  3. 60代における生命保険の選択方法!最適な保障と経済的安心を両立する戦略とは

60代における生命保険の選択方法!最適な保障と経済的安心を両立する戦略とは

この記事で解決できるお悩み
  • 60代に適した生命保険の選び方について知りたい
  • 生命保険の保障内容やプランの理解を深めたい
  • 老後の資産と保険のバランスをどう取れば良いか知りたい

60代は生命保険の保障内容を見直すタイミングである。

この記事では、60代に適した生命保険の選び方について解説している。最適な保障内容やプランについて知りたい方は参考にしてほしい。

目次

60代の生命保険選択のポイント

60代の方が生命保険を選択する際のポイントについて見ていこう。

保障内容の見直し

60代の方は、加入している保険の保障内容を見直す必要性について考えたことがあるのではないだろうか。

なぜなら、60代はライフステージが変わる年代であるからだ。会社勤めの方であれば退職する年代であり、健康面では病気やケガになりやすいタイミングでもある。

今まで加入してきた生命保険では、保障内容が適切ではなくなってくるのだ。自分の身の回りの環境や健康面に不安が出てくるため、最適な保障を見直すことが求められる。

60代における保険料の適正な設定

生命保険を見直すにあたり、払い込んでいる保険料が適正であるのか判断することが大切だ。

生命保険文化センターの生活保障に関する調査によれば、生命保険に加入している60代の平均的な保険料は、次のように公表されている。

全体男性女性
年間払込保険料18.2万円21.2万円15.9万円
出典:生命保険文化センター2022(令和4)年度「生活保障に関する調査」

全体の平均的な年間払込保険料は18.2万円である。60代といえば、予定死亡率が上がることで保険料は高くなりがちだ。現在支払っている生命保険と比べてみて、自身の保険料が払い過ぎてないか比較してみよう。

生命保険の種類と60代に最適なプラン

60代が加入を検討すべき生命保険には、次のような種類がある。

  • 死亡保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 介護保険

死亡保険は、保険をかけている方が亡くなったときに保険金が支払われる保険だ。医療保険は病気やケガの治療で入院したり手術するときに給付金を受け取れる保険である。

公的保険が適用されない入院中の食事代や差額ベッド代、また特約を付ければ自由診療や先進医療にかかる必要をカバーできる。

がん保険は、がんの治療に特化した保険である。がん治療のための入院や手術、治療を行うと給付金を受け取れる。

介護保険は、所定の介護状態になったときに一時金や年金を受け取れる保険である。

これらの生命保険のうち60代に最適なプランは、医療保険とがん保険の保障内容を手厚くして、保険期間を終身保険に変えることだ。

そして介護保険にできるだけ早く加入することである。子供がすでに独立しているのであれば、すでに加入している死亡保険の補償額を見直してみても良いだろう。

60代の生命保険選択のポイントは入院したり通院するなどの健康リスクを重視して、プランを組むことなのである。

生命保険商品の見極め方と選定基準

生命保険商品の見極め方と選定基準について見ていこう。

保険商品の特徴と比較

生命保険の商品には色々な種類があり、商品によって特徴が異なる。生命保険会社が用意している主な保険商品は、以下の通りである。

保険商品特徴
定期保険一定期間にわたり、死亡に備えるための保険
終身保険終身までの死亡に備えるための保険
医療保険入院や手術などに備えるための保険
がん保険がん治療における入院や手術などに備える保険
介護保険所定の要介護状態と死亡に備える保険
個人年金保険将来必要な老後資金を準備するための保険
学資保険子どもの大学などの進学費用に備える保険
養老保険死亡に備えながら資産を形成できる保険
外貨建保険死亡に備えながら資産形成できる外貨建保険

万が一のときの病気やケガがあったときに保障してくれる商品から、資産運用の機能を持つ商品まである。各商品の特徴を考えた上で、加入する商品を選ぶことが求められる。

保険料の負担と給付金のバランス

支払う保険料の金額と受け取れる給付金のバランスを考えることは大切だ。なぜなら、保険商品に加入する年代によって保険料と給付金のバランスが釣り合わなくなることがあるからだ。

特に高齢になるほど保険料が高くなる医療保険で、この現象は顕著に現れる。

月々に支払う保険料だけではなく、合計で支払う保険料に対して、受け取れる給付金の金額がきちんと釣り合っているのか、総合的に考えなければならない。

保険会社の信頼性と選び方

生命保険の商品を選ぶときには、保険商品の販売元である保険会社についてもきちんと確認する必要がある。

なぜなら、生命保険商品に加入する期間は10年以上あるからだ。保険商品に加入している間に保険会社が破綻してしまえば契約した保障内容が変わってしまう。

そのため、信頼できる保険会社から商品を購入しなければならない。保険会社の信用度は、次の二つのポイントから判断すると良い。

  • 信用格付け
  • ソルベンシーマージン比率

信用格付けとは、格付け会社が評価する保険会社の信用力を表す指標である。格付けはAからCまでのアルファベットで評価される。

なお、最も高い評価はAAAである。Aが多いほどその保険会社の財務は健全なのだ。

一方、ソルベンシーマージン比率とはその保険会社の支払い余力を表す指標である。支払い余力を有していることで、仮に想定外の大災害が起こったとしても、保険金をきちんと支払える。

指標の見方としては、200%を基準として数値が高ければ高いほど、支払い能力が高いと判断される。反対に200%を下回っていると、早期に改善するように処置が取られる。

格付け評価とソルベンシーマージン比率がともに高い保険会社の中から、保険商品を選べば良いのだ。

60代から見直すべき保険のポイント

すでに生命保険に加入しているのであれば、60代から見直すべき保険のポイントは、以下の通りである。

必要な保障と生活費の確保

60代の自分にとって必要な保障かどうか、再度検討してみよう。加入している生命保険の保障内容を確認した上で、必要な保障と必要のない保障に分ける。

たとえば、子供がすでに独立していれば、教育費や養育費が足りずに困ることはないだろう。すでに十分な金融資産があれば、死亡保険そのものが必要ない場合がある。

検討の結果、保障内容として必要ない部分があれば外そう。必要ない保障を外すことで、払い込んでいる保険料の負担額を下げられる。

負担額さえ下げられれば、その分の金額を老後の生活費として確保できるだろう。必要な保障を見極めた上で、足りない分は豊かな老後を送るための生活費に回すと良い。

高齢期の医療費対策

60代からの生命保険は、高齢期の医療費対策となる。なぜなら、60代以降は何かと病院にお世話になる可能性が高いからだ。公的医療保険や高額療養制度を活用すれば、自己負担の割合は抑えられる。

しかしながら、全ての医療費が負担されるわけではない。

入院した場合には、差額ベッド代や食事代、退院した後の通院費用など、公的医療保険だけではまかなえない部分が出てくる。

がんになり治療しなければならないのであれば、さらに大きな医療費を負担しなければならないだろう。

医療保険やがん保険に加入していれば、自己負担の半分以上を給付金でまかなえる。高齢期の医療費対策になるのだ。

すでに医療保険やがん保険に加入している人は、保障内容が終身保険であるのか、入院給付がいつから払われるのか、保障を手厚くする特約などが付いているのか見直してみよう。

保険の見直しと最適化

保険を見直すことで、保険を最適化できる。加入している生命保険のうち、不要な保障内容は削除して保険料の払い過ぎを防ごう。

また健康面で不安を感じるのであれば、医療保険を中心に保険の内容を見直して、保障内容の過不足をなくそう。

60代の生命保険選びは誰に相談するべきか

生命保険にはさまざまな種類があり、どの商品が自分に合っているのかを見極めることは難しい。

また、一度加入した後も定期的に見直しを行い、最適化が必要になる場面もあるだろう。

そんなときは、積極的に専門家への相談を検討してほしい。中でもおすすめなのはIFAだ。IFAと一緒に生命保険を選ぶことのメリットを詳しく見ていこう。

IFAとは

IFAとは、独立系のファイナンシャルアドバイザーと呼ばれる資産運用の専門家のことである。

証券会社や銀行、保険会社のような既存の金融機関から独立した存在であり、所属先の販売方針によらない中立的な立場で顧客のニーズに合わせた金融商品を提案したり、売買の仲介を行う。

顧客の資産形成をサポートする金融アドバイザーなのである。

IFAと一緒に見つける最適な保険プラン

IFAは金融機関に所属していないため、所属先の営業方針に縛られることがない。そのため、提案できる商品の選択肢が広いという特徴がある。

顧客のニーズに合わせて豊富な選択肢の中から最適な商品を提案できるのだ。数ある選択肢の中から保険を見直したり、保険料と給付金のバランスについて考えてくれる。

IFAに相談することで、あなたに最適な保険プランを見つけられるのである。

IFAが提供する資産管理のアドバイス

IFAが提供する資産管理のアドバイスは、顧客の資産全体を把握した上で行われる。そのアドバイスは、あなたの家計やマネープランに合わせた最適なものになるだろう。

また、IFAのアドバイスは保険に限らず、投資による運用を含む資産管理全体のアドバイスが期待できる。試しに相談してみるのがおすすめだ。

IFAを見つけるためには、「わたしのIFA」を活用すると良い。このサービスは、オンライン上で自分に合うIFAを探せる検索プラットフォームである。

「IFAを検索する」から相談する地域や相談する内容から検索すれば、全国からあなたに最適なアドバイザーが見つかるだろう。

まとめ

本記事では、60代の生命保険に関する基礎知識や保険を見直す際のポイントについて解説した。60代における生命保険の選択には、保障内容の見直しや保険料の設定、老後資産とのバランスが重要である。

IFAに相談することで、これらの課題について、あなたのニーズやライフプランに合わせてアドバイスをしてくれる。

また、IFAは、投資による資産運用を得意としている。保険のことだけではなく、総合的な資産管理についてもアドバイスが期待できるだろう。

「わたしのIFA」は、全国でIFA業務を行っているアドバイザーを検索できるオンラインプラットフォームである。

「IFAを検索する」から地域や相談内容を選択することで、あなたの相談ニーズに合ったアドバイザーに出会うことができる。

IFAは、無料で相談することから始められる。まずは下記のボタンから無料相談に申し込んでみよう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次