1. ホーム
  2. 株式
  3. 株初心者におすすめの資産運用とは?効果的な投資戦略を紹介

株初心者におすすめの資産運用とは?効果的な投資戦略を紹介

この記事で解決できるお悩み
  • 株式運用に関する基本的な知識を身につけたい
  • 効果的な運用方法を理解したい
  • リスク管理の重要性を学びたい

投資に興味を持つ多くの方が、株式投資に興味があるはずだ。

しかし、株式投資を初めて行う方の中には、どのようにすれば利益を出せるのか気になる方も多いのではないだろうか。

そこで、今回は株式投資初心者でも利益を出せるポイントについて説明する。

わかりやすく紹介をするので、株式投資をこれから行ってみたいという方にはぜひ参考にしてほしい。

目次

初心者のための株運用における基本知識

初心者のための株運用における基本知識 わたしのIFA

まずは、株式運用における基本知識についてしっかり理解する必要がある。

株式運用における知識の主なポイントは3つだ。

  • 株式市場の仕組み
  • 株を購入するタイミングの見極め方
  • 長期投資と短期投資の違い

それぞれのポイントについてわかりやすく説明するので、参考にしてほしい。

株式市場の仕組みとは?

そもそも、株式市場において、企業はお金を調達するために株式を発行する。

そして、投資家はその株式を購入し値上がり益や配当を受け取る、というのが一般的な仕組みだ。

株式会社であれば株式を発行しているが、上場企業でないと証券取引所での取引が原則できないため、株式投資とは一般的に上場企業の株式へ投資することを指す。

株式投資で得られる利益は主に3つだ。

  • キャピタルゲイン(譲渡益)
  • インカムゲイン(配当益)
  • 株主優待

キャピタルゲインは、株式投資の最大の魅力であるといって良いだろう。

大きく成長する株式に投資できれば、資産は大きく増えるからだ。

インカムゲインについてはキャピタルゲインほどのインパクトはないが、投資先企業が継続して配当を行えば安定的な現金収入が見込めるので、近年非常に注目されている。

不労所得の代表的なものであるといって良いだろう。

また、株主優待は、企業が投資家に対して自社のサービスや商品券などをプレゼントしてくれる仕組みだ。

ご自身好みの株主優待を見つけるのも株の運用を楽しむポイントになるだろう。

初心者が株を購入するタイミングを見極る方法

株を購入するタイミングの見極め方は非常に難しい。

もちろん該当株の最安値で購入するのが一番よいが、毎回成功させるのは難しいだろう。

しかし、株を購入するタイミングの精度を上げる方法はある。

主な方法はテクニカル分析とファンダメンタルズ分析だ。

テクニカル分析とは、商品が買われすぎているか売られすぎているかを判断する指標であるRSI(相対力指数)やMACD(移動平均収束拡散手法)などのテクニカル指標を使って相場の動きを分析する方法である。

短期間の市場動向を見ることに適している。

一方、ファンダメンタルズ分析とは、雇用統計や中央銀行の金利政策、GDPなどの経済指標や個別企業の業績や財務状況等をもとに分析をしていく手法だ。

長期的目線で会社のことを理解し、投資を決めていく手法になるため、どちらかというと、長期投資に向いている。

これらの手法を組み合わせて利用することにより、株を購入するタイミングを推し量る事ができるだろう。

長期投資と短期投資の違い

株式投資は基本的に長期投資で考えるべきだ。

もちろん、短時間でも大きな利益を出せる可能性はある。

しかし、逆に短期間で大きな損失を被ってしまう恐ろしいものでもある。

たとえ一時的に株価が下落してしまったとしても株価は戻る可能性があり、かつ余裕資金で投資を行えば一時的な損失にも耐えられるため、基本的には長期で投資を行うようにした方が良いだろう。

初心者におすすめの株式投資の方法

初心者におすすめの株式投資の方法 わたしのIFA

初心者に効果的な株式運用の方法について、主に3つの方法を紹介する。

  • 分散投資でリスクを軽減する方法
  • 自動積立投資で無理なく継続投資
  • ETF(上場投資信託)を活用した資産運用

それぞれの方法についてわかりやすく説明をするので参考にしてほしい。

分散投資でリスクを軽減する方法

株式投資を行うのであれば、様々な銘柄に分散して投資するのが良いだろう。

もちろん、1つの銘柄に集中して投資を行えば大きな利益を得られる可能性はある。

しかし大きな損失を被ってしまう可能性もあるのだ。

様々な銘柄に分散投資することによってリスクを軽減することができるだろう。

自動積立投資で無理なく継続投資

株式投資は長期で行うのがおすすめだ。また、平均購入単価を安定させるために、毎月自動的に積立投資を行うのも良い方法になる。

長い時間をかけて自動積立投資を行うことによって、平均購入単価が安定し、利益を出しやすくなるのだ。

自動積立投資で無理なく継続投資を行うのも参考にしてみてはいかがだろうか。

ETF(上場投資信託)を活用した資産運用

ETFを利用するのも、株式投資を行う上で非常に良い方法だ。

ETFは日経平均株価やNYダウなどの株価指数に連動しているものが多く、これらのETFに投資をすれば手軽に分散投資が可能だ。

また、投資信託に比べてランニングコストが安い商品が多いのもETFを利用する大きなメリットになるだろう。

株運用の初心者に欠かせないリスク管理の方法

株運用の初心者に欠かせないリスク管理の方法 わたしのIFA

株式投資で利益を出すためにはリスク管理が非常に重要だ。

株式投資の主なリスク管理の方法について説明する。

  • 株価の変動リスクを把握する
  • 損切りの基準を設定して資産を守る
  • 定期的にポートフォリオを見直す

それぞれの方法についてわかりやすく説明するので、参考にしてほしい。

株価の変動リスクを把握する

株式投資を行うのであれば、投資を行う前に株価の変動リスクをしっかり把握する必要があるだろう。

もちろん、正確に予測するのは難しいが、ある程度の予測は可能なはずだ。

過去のデータや類似した企業の株価の動きを見るなどをして、株価の変動リスクを把握するようにしよう。

損切りの基準を設定して資産を守る

株式投資を行うのであれば、あらかじめ損切りの基準を設定しておくのが良いだろう。

損切りとは、自分が保有している銘柄の株価が下落した際に、損失が少ない段階で売却することで、損失の拡大を防ぐというものである。

損切りは人間の本能に逆らった行動になるので、あらかじめ基準となる株価をしっかり決めておかないと、いざその状況になったときに実行するのが難しい。

損切りをしっかり行わないと、株式投資で大きな利益を上げるのは難しくなってしまう。

損切りの基準を設定し資産を守ることは、リスク管理の上で非常に重要なことである。

定期的にポートフォリオを見直す

株式投資に限らず、投資を行うのであれば定期的にポートフォリオを見直すことも重要だ。

ポートフォリオとは、投資家が運用を目的として保有している、金融商品の内容や組み合わせのことを指す言葉である。

株式を運用していく中で、景気や市場の動きは常に変動していく。

その中で予測されるリスクも変動していくため、自身のリスク許容度に合わせてポートフォリオを変更していくようにしよう。

初心者は株の運用相談を誰にするべきか

初心者は株の運用相談を誰にするべきか わたしのIFA

ここまで株の運用に関する基礎知識や効果的な株運用方法、リスク管理の重要性について解説してきた。

株の運用には、考慮するべき点が多いが、ポイントを抑えることで高い利益を出すことも可能になる。

ただ、一人で株式投資を行うことが不安という方もいるであろう。

そんな時は専門家に相談することをおすすめする。金融・投資に関する知識や経験が豊富な専門家に相談することで、どの株式を選ぶべきか、どのタイミングで取引すべきかなどがわかるだろう。

相談するのに特におすすめの専門家になるのが、IFAである。

株を運用する際にIFAを利用するメリットについてわかりやすく説明をする。

パーソナルなアドバイスで適切な運用方法を見つける

ご自身のリスク許容度などに合わせて株式投資を行うのは意外と難しい。

IFAは一人ひとりに合わせた適切なアドバイスをしてくれるため、大きな助けになるはずだ。

IFAは証券マンや銀行の営業と違って独立した立場でアドバイスを提供するため、金融機関の意向が働くことは無く、親身になって相談に乗ってくれるだろう。

プロの知識を活用してリスク管理を強化

IFAは資産運用の専門家だ。

豊富な知識から一人ひとりに合わせたポートフォリオの構築やリスク管理を行ってくれる。

もちろん一人でできる人もいるかもしれないが、プロの力を借りた方がより良いポートフォリオの構築やリスク管理を行うことができるだろう。

継続的なサポートで投資成果を最大化

IFAは基本的に担当者が変わることは無いため、継続的なサポートを期待できる。

投資は長期で行うのが基本になるが、証券会社や銀行などの金融機関に属するアドバイザーの場合、長くても5年で担当者は変わるはずだ。

その点、一生涯のサポートを受けられるIFAを利用するメリットは非常に大きいだろう。

IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法

信頼できるIFAをお探しの方は「わたしのIFA」を活用しよう。

わたしのIFA」とは、IFAを探す投資家とアドバイザーをマッチングさせるサービスのことだ。

わたしのIFA」では、あなたの資産状況や運用目的、性格などを総合的に診断した上で、全国のアドバイザーから最適な相談先を抽出・紹介している。

たった60秒、希望の条件を入力するだけでIFAを知り尽くした「わたしのIFA」が最適なアドバイザーを自動で診断する。

また、紹介されたアドバイザーについてはプロフィールを確認した上で面談への申し込みが可能だ。

アドバイザーの経歴や実績、得意分野、メインとしている顧客層などを事前に確認し、納得した上で面談に進める点も安心して利用できる材料のひとつと言えるだろう。

アドバイザーとの面談はWEBにも対応しているため、地方にお住まいの方でも気軽に相談できる。

全国47都道府県各地のアドバイザーがあなたの状況や考えを丁寧にヒアリングし、最適な運用プランを提案する。

さらに、サービスの利用に関して費用がかかるのは金融取引が発生したときのみで、相談料は原則としてかからない。

アドバイザーの提案に納得できるまでじっくり相談できる点も「わたしのIFA」の大きな魅力だ。

「老後資金の準備を始めたい」「相談先を探している」という方は、ぜひこの機会に「わたしのIFA」を活用してアドバイザーを探してみよう。

株式運用の基礎と運用方法を理解すれば、初心者でも投資成功確率アップ

株式運用の基礎と運用方法を理解すれば、初心者でも投資成功確率アップ わたしのIFA

この記事では、株式運用の基本知識、効果的な運用方法、リスク管理の重要性について説明した。

近年きている投資ブームに興味を持ち、まずは最もポピュラーな株式投資から始めたいという方も多いはずだ。

しかし、株式投資を投資初心者の方が一人で適切に行うのは非常に難しい。

そんなときは、専門家の力を借りることで、より自分に合った投資戦略を立てることが可能となる。

投資の専門家であるIFAに相談することで、株式運用の基本知識や効果的な運用方法、リスク管理など、本記事で学んだ内容について、より専門的なアドバイスを受けることができる。

株運用の初心者に関するQ&A

初心者は株の運用をいくらから始めるべきですか?

株式投資の初心者は、まずは10万円以下の少額から投資をスタートしてみよう。

10万円以下で投資を始めると、株価が1,000円以下の銘柄を購入できるため、選べる企業の選択肢が広くなる。

株は100株単位の取引が原則なので、10万円の資金があれば10万円÷100で株価が1,000円以下の銘柄を購入できる。

株で儲かっている人の割合はどれくらいですか?

株で儲ける人の割合は、一般的に2~3割程度とされている。

金融庁が2020年に発表した調査によると、投資信託で運用損益がプラスになった人の割合は約3割だった。

投資信託は株式のみでなく債券も投資対象に含まれるため、株式投資のみの結果ではないが、株で儲ける人の割合を示す目安にはなるだろう。

NISAのつみたて投資枠は何年寝かせるといいですか?

何年という決まりはないが、基本的には10年以上の長期で持つことをおすすめする。

運用は含み損を抱えることもあるため、そのような状態のときに売却をすると損失が出る。

含み損の時期を乗り越えれば、利益がでるまで持ち続けていられるので、長期の保有がおすすめだ。

FXで借金を抱えてしまうのはなぜですか?

FXにおけるレバレッジには「テコの原理」という意味があり、担保となる証拠金を活用して、最大25倍の金額まで取引ができる。

そのため、利益も大きいが損をした場合も元金より大きな損失を抱えてしまうのである。

株の運用方法として効果的な分散投資の具体的な戦略を教えてください。

リスク許容度や求めるリターンによって異なるため一概には言えないが、株を分散させる戦略として下記の4つの分散を意識してほしい。

  • 銘柄
  • 資産
  • 時間
  • 地域

どんなに成長度の高い銘柄があったとしても、複数の銘柄に分けることをおすすめする。

1つの銘柄に絞るのはあまりにリスクが大きいからである。

また、株式だけでなく債券、不動産投資など資産を分散させることも重要だ。

さらに有効なのは、同じタイミングで大きく投資するのではなく、時間を分散することである。

また、日本国内、先進国、新興国などさまざまな地域に分散してリスク軽減、インフレ対策を心がけるのもおすすめだ。

株の自動積立を始めるにはどのような手続きが必要ですか?

NISA口座で積立設定する方法は下記のとおりだ。

スマートフォンで設定する場合
サイトログイン→投資信託→探す

購入→ファンドを検索する。
各ファンド詳細ページ「積立設定」→「NISAつみたて投資枠」または「NISA成長投資枠」を選択
画面表示に従って進める
パソコンで設定する場合
サイトログイン→投資信託→投信スーパーサーチ→ファンドを検索する
各ファンド詳細ページ「積立設定」→「NISAつみたて投資枠」または「NISA成長投資枠」を選択
画面表示に従って進める

株価の変動リスクを把握する具体的な方法にはどのようなものがありますか?

株式投資につきものなのが「株価の変動リスク」だ。

購入価格よりも株価が値下がりすると、損失を被ることになる。

株価の変動は企業の経営業績に大きく影響するのが特徴だ。

企業の業績、売上高などを確認することによって、ある程度変動リスクの把握がしやすいと言えるだろう。

株の運用における損切りの基準はどのように設定すれば良いですか?

損切りの基準は、リスク許容度によって異なる。まずは自分がどれくらいのリスクなら許容範囲内か決めよう。

一般的には1〜5%までの損失率であれば様子見でかまわないとされている。

購入価格にもよるため「◯◯円下がったら損切りをする」などあらかじめ決めておくのもいいだろう。

初心者の場合は「逆指値注文」も選択肢の1つにするといい。

逆指値注文とは、あらかじめ設定した値下がりが起こった場合、自動的に売買される仕組みだ。

値下がりする度悩む必要がなくなるため、初心者に嬉しい方法だ。

株の運用を専門家に相談する際、どのような質問を準備すれば良いですか?

株の運用は資金額やリスク許容度、運用期間などさまざまなパターンがあるため一概には言えない。

自分の気になる銘柄の動向分析を質問すると参考になるのではないだろうか。

株の運用で利益を最大化するためにはどのようなアプローチが効果的ですか?

株の運用は長期・分散・積立が大事だ。また、積極的にリターンを狙っていくのなら新興国や先進国に資産配分を多くするのもいいだろう。

しかしリスクも高くなるため、リスクとリターンのバランス調整は必須だ。

ローリスクな債券を取り入れる、株式は国内と外国を半分ずつの割合にするなど工夫するといいだろう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次