MENU

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額はいくら?限度額の決まり方や増額する方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、大手メガバンクの1つである三菱UFJ銀行が個人向けに提供しているカードローンである。

三菱UFJカードローン(バンクイック)の限度額は10万〜500万円であり、他の大手メガバンクと比べると低い設定となっている。

ただし、限度額は信用情報・他社での借入状況などによって変動する。

そのため、申込時に希望した借入額で契約できるとは限らない。

この記事では、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額について詳しく解説する。

また、限度額を増額する方法についても紹介する。限度額増額を検討している人もぜひ参考にして欲しい。

目次

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額はいくら?

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額はいくら? カードローンナビ

カードローンの利用を検討中の人のなかには、限度額がいくらなのか知りたい人もいるだろう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額は10万〜500万円となっている。

他社のカードローンと比較してみよう。

カードローン会社限度額
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)10万〜500万円
三井住友銀行カードローン10万〜800万円
みずほ銀行カードローン10万〜800万円
楽天銀行スーパーローン10万〜800万円
アコム1万〜800万円
アイフル1万〜800万円
レイク1万〜500万円

このように三菱UFJカードローン(バンクイック)は、他社のカードローンのなかでも最大限度額が低い傾向にある。

この後の項で詳しく解説するが、実際に利用できる限度額は上記の最大限度額になるとは限らない。

必ずしも500万円まで借りられるわけではないので、注意しておこう。

三菱UFJ銀行カードローン 借入について詳しく知りたい方はこちら

「三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の借入方法は?流れ・返済方法などを紹介」

カードローンの限度額とは

カードローンの限度額とは カードローンナビ

そもそも、カードローンの限度額とはどのような意味なのか、よく分からない人もいるかもしれない。

カードローンの限度額には2つの意味がある。

  • カードローンで借りられる最大の利用限度額
  • 申込者ごとの利用限度額

ここからはカードローンの限度額について詳しく解説する。

そのカードローン商品で借りられる最大の利用限度額

カードローンの限度額とは、金融機関が提供しているカードローン商品で借りられる最大の利用限度額を意味する。

この最大の利用限度額は金融機関によって異なり、500万〜800万円と設定しているところが多い。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は最大の利用限度額は500万円となっている。

ただし、この限度額は誰でも借入できる金額ではない。実際に借入できる限度額は、申込者ごとに変化するのだ。

申込者ごとの利用限度額

カードローンの限度額とは「申込者ごとの利用限度額」のことも表している。

金融機関は申込者に応じて限度額を設定する。

この限度額は、申込者の年収・信用情報・他社の借入状況などを加味した申込者が返済可能と想定される金額となっているのだ。

つまり、カードローン商品ごとにある最大の利用限度額は一定なのに対して、申込者ごとの利用限度額は個別に変動することになる。

三菱UFJ銀行カードローン限度額の決まり方

三菱UFJ銀行カードローン限度額の決まり方 カードローンナビ

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額は、主に以下の3つの要素をもとに決められる。

  • 本人の属性
  • 信用情報
  • 他社での借入状況

それぞれについて詳しく解説しよう。

本人の属性

カードローンは本人の属性をもとに審査が行われ、限度額が決定される。

本人の属性とは、職業・勤務先・雇用形態・勤続年数・年収などが該当する。

これらをもとに、カード会社は返済能力があるかどうかを見ているのだ。

年収が高い場合・正社員である場合は返済能力があるとみなされ、限度額が高めに設定されやすいといわれている。

しかし、年収が低い場合・アルバイトである場合は返済能力が低いとみなされ、限度額が低めに設定されやすいだろう。

また、勤続年数が短いと収入が安定していないと判断され、限度額が低くなる可能性がある。

このように、申込者の年収などの情報は限度額に大きく影響するのだ。

信用情報

信用情報も限度額を決定する重要なポイントだ。

信用情報とは個人の信用に関わる情報のことだ。

具体的には個人を特定する情報・カードローンなどの契約内容に関する情報・支払状況に関する情報などがある。

この信用情報には、返済の遅延の有無・自己破産なども含まれている。

これらは信用情報機関のデータベースに登録されており、金融機関・保証会社が照会できる仕組みとなっているのだ。

過去に返済の遅延・延滞・自己破産などの履歴がある場合は、限度額が低めに設定される。

それどころか、審査に落ちる可能性まである

返済の遅延などの情報はカードローンの契約が終了してから5年間は保存される。

過去に借入したことがある場合は、信用情報に傷がないか確認しておくと良いだろう。

他社での借入状況など

三菱UFJカードローン(バンクイック)の限度額は、他社での借入状況なども反映される。

他社で多額に借入をしている場合は、返済能力がないと不安視され、限度額を低く設定されたり審査に落ちる可能性が考えられるのだ。

また、総量規制を考慮して限度額が決められるケースもある。

総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を禁止するルールで、賃金業法によって定められている。

これは消費者金融・クレジットカード会社などの賃金業者が対象となるルールだ。

つまり、三菱UFJ銀行をはじめとする銀行は賃金業法の対象とならない。

しかし、多くの銀行では独自で総量規制に準じた制限を設けているため、注意が必要だ。

例えば、カードローンの最大の限度額が500万円であっても、年収300万円であった場合は100万円の限度額に設定される可能性がある。

もし、他社で借入をしていた場合は、100万円よりも低い金額で設定されるだろう。

このように年収・他社の借入状況などさまざまな情報を考慮して、限度額は決められているのだ。

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を増額する方法

限度額よりも高い金額で借入したい場合は、増額の検討をおすすめする。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額を増額するためには、Web・アプリなどから申込する必要がある。

場合によっては書類の提出を求められる可能性があるため、確認しておこう。

ここからは、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額を増額する方法について詳しく解説する。

申込方法

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額を増額するためには、以下の方法から申込をする必要がある。

  • バンクイックアプリからの申込
  • Webからの申込
  • 電話での申込

いつでも申込ができるバンクイックアプリは、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)専用のものだ。

利用残高・次回返済日などの照会もできる便利なサービスとなっている。

Webでは三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の会員ページにログインすると、増額申込ができるようになっている。

電話で申込をする場合は、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店へ連絡する必要がある。

電話口に出たオペレーターに増額申込を希望する旨を伝えて、手続きが開始される。

ただし、電話の受付時間は平日の9時〜21時、土日祝日の9時〜17時と時間が限られている。

注意しておこう。

必要書類

本人確認書類は新規申込の時点で提出済みのため、提出不要である。

しかし、以下のようなケースは収入証明書の提出が必要となる可能性がある。

  • 今回の増額で限度額が50万円を超える場合
  • 他社の限度額と合算して100万円を超える場合

これは賃金業法で定められており、返済能力があるかどうかを判断するために行われる。

賃金業者に対して定められたものであるため、銀行は対象外となるが、銀行でも行われるケースがあるのだ。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)では新規申込時に50万円を超える場合に、収入証明書の提出が必要となっている。

そのため、増額を求められた際に提出できるように用意しておくと良い。

なお、収入証明書は源泉徴収票・確定申告書・納税通知書などが該当する。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要

三菱UFJ銀行カードローンの限度額増額がおすすめな人

三菱UFJ銀行カードローンの限度額増額がおすすめな人 カードローンナビ

カードローンの限度額増額には、借入額を増やすなどのメリットがあるものの、全ての人におすすめできるわけではない。

まずは本当に限度額増額が必要なのか、十分に検討するべきだろう。

ここからは、三菱UFJ銀行カードローンの限度額増額がおすすめな人を紹介する。

利息を抑えたい人

利息を抑えたい人は、限度額増額がおすすめだろう。

カードローンでは限度額に応じて金利が変動し、一般的に限度額が増えると金利が低くなる。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)では、以下のように金利が設定されている。

限度額金利
10万円超100万円以下年13.6%~14.6%
100万円超200万円以下年10.6%~13.6%
200万円超300万円以下年7.6%~10.6%
300万円超400万円以下年6.1%~7.6%
400万円超500万円以下年13.6%~14.6%

このように表のとおりだと、限度額の増額により金利が低くなり、利息の負担を抑えることにつながる。

ただし、利息は日数に応じて発生するため、追加で借入して返済期間が長くなるとその分利息の負担が増える。

そのため、計画的に借入することが望ましい。

借入先を増やしたくない人

他社で借入したくない人も、限度額増額に適しているだろう。

借入先を増やすと、借入先ごとに利息がかかるため、増額するよりも返済額の負担が増える可能性がある。

また、他社によって返済日が異なるため、返済管理がしにくく返済し忘れるリスクが高くなると考えられる。

返済の遅延は信用情報に記録されて、今後の審査に影響する可能性がある。

そのため、できるだけ借入先を増やさない方が良いだろう。

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を増額する際の注意点

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を増額する際の注意点 カードローンナビ

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額を増額するには、以下のような注意点がある。

  • 審査・融資には時間がかかる
  • 審査結果次第で限度額が減る可能性がある
  • 審査に通過しても金利が変わらない可能性がある

それぞれの注意点について詳しく解説する。

審査・融資には時間がかかる

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の増額審査・融資には時間がかかる場合もある。

増額審査は本人確認書類の提出・在籍確認などがないため、新規申込をするよりも早いといわれている。

しかし、勤務先の変更や増額で総量規制ギリギリの限度額となると、審査に時間がかかる可能性もあるのだ。

一般的に増額審査の結果連絡は、数日以上かかるといわれている。

すぐにでも増額したいと考えている場合は、書類を事前に準備して、早めに申込すると良いだろう。

審査結果次第で限度額が減る可能性がある

増額審査を受けることで、かえって限度額が減る可能性もある

増額審査では年収・勤続年数などもチェックされる。

新規申込時より年収が低くなった場合・転職して収入が安定していない場合は、返済能力がないとみなされる。

つまり、限度額が減らされるリスクがあるのだ。

また、年収が低いと総量規制に準じて、限度額が減る場合も考えられる。

そのため、上述した場合に当てはまる人は、限度額増額を控えることをおすすめする。

審査に通過しても金利が変わらない可能性がある

増額審査に通過しても、金利が変わらない可能性があることに注意しよう。

一般的に金利は限度額が高いほど低くはなるものの、増額の範囲によっては金利が変わらないケースもある。

例えば、限度額が110万円だったのが審査に通過したことで180万円になったとしても、金利は変わらず年10.6〜13.6%なのだ。

そのため、増額したからといって必ずしも金利が低くなるとは限らないことに留意しておくと良いだろう。

三菱UFJ銀行カードローンの利用可能額が0円になる理由

三菱UFJ銀行カードローンの利用可能額が0円になる理由 カードローンナビ

カードローンには利用可能額というものがある。利用可能額はその時点でいくら借入できるかを示す金額であり、借入残高に応じて変動する。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の利用可能額が残っていたはずなのに、突然0円になってしまったと困っている人もいるかもしれない。

利用可能額が0円になってしまうのは、どのような理由があるのだろうか。

ここからは、カードローンの利用可能額が0円になる理由を解説する。

利用限度額を超えている

基本的に、カードローンは利用限度額の範囲内でしか借入できない。

そのため、利用限度額を超えてしまうと0円になってしまうのだ。

この場合は、次回返済日までは利用可能額が復活せず借入が難しいだろう。

突然、利用可能額が0円になってしまったということにならないために、借入残高を確認して計画的に借入するように心掛けよう。

返済遅延などの問題が生じている

返済遅延などカードローンの利用に問題が生じている場合は、利用可能額が0円になる可能性がある。

返済遅延は信用情報に傷がつくことになる。

この返済遅延が短期間のうち繰り返されると信用がないとみなされ、カードローンを利用できなくなるのだ。

また、銀行は総量規制の対象ではなくても規則に準じて、利用可能額を制限する可能性もある。

他社のカードローンの方で増額をしたことで、総量規制に引っかかり、カードローンの利用を停止されるケースもあるだろう。

返済遅延で利用可能額が0円になったと考えられる場合は、信用情報に記録が残ってしまうため、消えるまでは利用が難しい。

また、総量規制で利用可能額が0円になったと考えられる場合は総量規制に引っかからないようにすると良い。

例えば、他のカードローンを解約したりしよう。

三菱UFJ銀行カードローンを限度額内で有効活用するコツ

三菱UFJ銀行カードローンを限度額内で有効活用するコツ カードローンナビ

できるだけ大きい金額を借入したいといっても、増額審査でかえって限度額が減るケースも考えられる。

そのため、限度額増額を検討するだけではなく、今ある限度額内を有効活用するのも1つの方法だろう。

ここからは、限度額内で有効活用するコツを伝えていく。

返済計画を立てる

カードローンを限度額内で利用するためには、返済計画を立てることが重要だ。

カードローンは急な出費の際にすぐにお金を借入できる便利なサービスだが、借入と同時に返済が生じる。

無計画に借入すると、返済額の増加・返済期間の延長につながり、生活に影響を及ぼす可能性が考えられる。

毎月の収支のバランスが崩れないようにするためにも、返済計画を立ててカードローンを利用していくことが大切なのだ。

返済計画を立てる際には、返済シミュレーションを活用すると良い。

繰上返済を行う

資金に余裕があるときは繰上返済を行い、利用可能額を増やしておくと良いだろう。

繰上返済とは、好きなタイミングで任意の額を返済する方法である。

カードローンの返済は毎月決められた額で返済する「約定返済」が基本となる。

ただ、繰上返済も併せて行うことでさまざまなメリットがあるのだ。

繰上返済は、返済総額を減らしたり返済期間を短くしたりできる

約定返済のみよりも利用可能額に余裕ができ、今後お金が必要になった際に借入しやすいだろう。

また、繰上返済で返済期間を短くすることで、利息の節約につながり、その結果返済総額を減らすことが可能となる。

ただし、無理に繰上返済を行うと毎月の収支のバランスが崩れて生活が苦しくなる場合があるため、注意しておこう。

繰上返済は、ボーナスなどの臨時収入が入ったとき・毎月の返済額が減ってきたときに行うことをおすすめする。

手数料がかからない借入・返済方法を選択する

カードローンで少しでも負担を減らすためには、手数料のかからない借入・返済方法を選択しよう。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で手数料がかからない借入・返済方法は、ATMでの借入・返済である。

ATMは借入・返済どちらも三菱UFJ銀行ATM・コンビニATMが利用可能となっている。

三菱UFJ銀行ATM・コンビニATMはそれぞれ利用できる時間帯が異なるため、あらかじめ確認した上で利用しよう。

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を確認して上手に利用しよう

三菱UFJ銀行カードローンの限度額を確認して上手に利用しよう カードローンナビ

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の限度額は最大500万円である。他社と比べるとやや低い設定となっている。

ただし、この限度額は申込者に対して必ず適用される金額ではない。

カードローンの審査時に、年収・信用情報・他社の借入状況によって限度額が設定されるのだ。

また、限度額増額したい場合は、新たに申込する必要がある。限度額増額は利息を抑えたい人・借入先を増やしたくない人におすすめだ。

しかし、増額審査によって限度額が減る可能性があるため、あらかじめ承知しておくと良いだろう。

また、現在の限度額の範囲内で有効活用するのも1つの方法である。

限度額を確認して、計画的に三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)を上手に使用しよう。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
審査時間最短即日
融資速度翌日以降(審査状況による)
無利息期間なし
借入限度額10万円~500万円
収入証明書必要
WEB完結申込までは可能
申込条件満20歳から65歳未満
担保・保証人不要
目次