MENU

カードローンの無利息期間とは?比較のポイントやおすすめカードローンも紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

カードローンを利用する上で、無利息期間について知りたいと感じる方は多いのではないだろうか。

この記事では「無利息期間のあるカードローンを教えて欲しい」「無利息期間を過ぎた場合はどうなるのか知りたい」の悩みを解決する。

また、無利息期間ありのカードローンを利用する際の注意点についても解説するので、気になる方はぜひ参考にして欲しい。

目次

カードローンの無利息期間とは?

カードローンの無利息期間とは? カードローンナビ

カードローンの無利息期間とは、一定期間内であれば、借入した金額に対して利息が発生しない期間のことを指す。

通常、新規の利用者や特定の条件を満たした利用者に適用される。

無利息期間は、一般的には最大30日間程度となる。

この期間内であれば、借入した金額を返済すれば利息が発生せず、返済額は元本だけで済む。

無利息期間は、消費者にとって魅力的なポイントといえる。

特に短期間での資金調達の場合や、急な出費に対応するために利用する際には、無利息期間によって利息負担を抑えることができる。

ただし、無利息期間は一時的な特典であるため、期間が終了した後は通常の金利が適用される。

また、無利息期間には特定の条件や制約が設けられることもある。

契約前に利用規約や契約内容をよく確認することが重要だ。

重要なのは、無利息期間中でも適切な返済計画を立て、期間内に全額を返済することである。

無利息期間を上手に利用するためには、返済能力や計画をしっかりと考慮することが大切だ。

無利息期間のあるカードローンはお得?

無利息期間のあるカードローンはお得? カードローンナビ

無利息期間のあるカードローンは、一定期間の利息が0%になるため、返済額が割安になるメリットがある。

急な出費や予期せぬ支出があった際でも、無利息期間内に返済を行うことができれば、利息がかからないためお得である。

また、無利息期間は一般的に短期間のため、急な出費が必要な場合などの緊急時の利用には特に適している。

無利息期間中に返済できれば、実質的な費用を抑えることができる。

さらに、「一定期間」が設けられていることにより、早期完済を促進するメリットもある。

無利息期間内での元本のみの返済を目指すため、早期に完済できる可能性が高まる。

一方で、無利息期間ありのカードローンを選ぶ際には注意点もある。

開始のタイミングによって返済額が予想よりも高くなってしまうことや、金利が高く設定されていることに気をつけておこう。

無利息期間のあるカードローンの比較ポイント

無利息期間のあるカードローンの比較ポイント カードローンナビ

無利息期間のあるカードローンを比較する際には、以下の点をチェックすることが重要だ。

  • 借入可能な上限額
  • 借入金利
  • 利用条件
  • 申込方法
  • 返済方法

また、自分が決められた期間で返済可能かについても確認する必要がある。

無利息期間のあるカードローンは、銀行や大手消費者金融などから提供されている。

具体的には、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・プロミス・アコムが代表的なカードローン提供業者として挙げられる。

これらの業者は、初めての利用者や特定の条件を満たした利用者に対して、一定期間の利息を無料にするサービスを行っている。

またキャッシング枠をあらかじめ作成しておき、必要に応じて自由に利用できるカードローンも多くある。

これらのカードローンは即日融資可能なことが多く、急な出費にも対応できるため、利用者からの支持を集めている。

無利息期間のあるおすすめカードローンを紹介

無利息期間のあるおすすめカードローンを紹介 カードローンナビ

無利息期間のあるおすすめのカードローンには次のようなものがある。

  • プロミス
  • レイク
  • 東京スター銀行カードローン
  • アコム
  • アイフル
  • プロミスレディース
  • PayPay銀行カードローン

以下でそれぞれの特徴について紹介しよう。

プロミス

プロミスは、新規の利用者に対して最大30日間の無利息サービスが提供されている。

短期間での利用に適しており、自動契約機やWebでの申込も可能だ。

また、上限金利が年利で17.8%なこと、初回利用日の翌日から30日間は無利息期間が設けられていることが特徴である。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分
融資速度最短3分
※状況によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間最大30日間(初回限定)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は収入証明書の提出が求められます。
・プロミスの利用限度額が50万円を超える場合
・プロミスと他社貸金業者の合計借入金額が100万円を超える場合
・前回プロミスに収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件満18歳以上74歳以下(高校生を除く)
担保・保証人不要

レイク

レイクでは、初回利用者に対して最大30日間の無利息サービスだけでなく、60日間の無利息サービスも提供されている。

60日間が適用されるためには、WEB申込をする必要がある。

審査時間は最短25分であり、金利は年率で4.5%〜18.0%、申込可能年齢は満20歳から満70歳までの方とされる。

基本的には短期借入がメインであり、申込も店舗やインターネットで行うことができる。

バナー画像予定

金利(実質年率)年4.5%~年18.0%
審査時間最短15秒
融資速度WEBで最短25分融資も可能
(即日融資可能)
無利息期間・最大60日間(Web申込限定)
・最大180日間(5万円まで)
借入限度額1万円~500万円
収入証明書以下に該当する場合は、収入証明書の提出が求められます。
・レイクの借入可能額の総額が50万円を超える場合
・レイクの借入可能額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
・前回レイクで収入証明書を提出してから3年以上が経過している場合
WEB完結可能
申込条件・満20歳~70歳の方
・安定した収入がある方
担保・保証人不要

東京スター銀行カードローン

東京スター銀行カードローンでは、最大30日間の無利息サービスを提供している。

手続きは全てインターネットで完結でき、来店は不要だ。

借入金利は年率1.5%〜14.6%であり、限度額は10万円~1,000万円である。

金利
(実質年率)
年1.5%〜年14.6%
※保証料を含みます。金利は審査により決定します。
審査時間開示なし
融資速度開示なし
無利息期間契約日から30日間
※お借り入れ日ではなくご契約日から30日間となりますのでご注意ください。
借入限度額10万円〜1,000万円
※10万円以上1,000万円以下(10万円単位)の範囲で審査により決定します。
WEB完結可能
申込条件申込年齢は満20歳〜69歳
担保・保証人不要

アコム

アコムは、新規の利用者に最大30日間の無利息サービスを提供している。

即日融資も可能で、申込は店舗やインターネットで行うことができる。

また、コールセンターが24時間体制であることや、クレジットカードと兼ねてカードローンを取り扱っていることが特徴である。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
融資速度最短20分
※お申し込み時間や審査によりご希望に​沿えない場合がございます。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結一部可能
申込条件満20歳以上72歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

アイフル

アイフルでは、新規の利用者に最大30日間の無利息サービスがある。

申込は店舗やインターネットで行うことができる。

なお、アイフルは最短20分で融資を受けられることや、優先した審査を受けられることが特徴だ。

審査を急いでいる場合は、申込の後にメールでその旨を連絡することで優先して審査してもらえる。

金利
(実質年率)
年3.0%~年18.0%
審査時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
融資速度最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
無利息期間30日間(初回限定)
借入限度額1万円~800万円
収入証明書以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
WEB完結可能
申込条件満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
担保・保証人不要

プロミスレディース

プロミスレディースは働く女性・学生・主婦を対象としたカードローンだ。

新規利用者に最大30日間の無利息サービスを提供している。

女性オペレーターによる、女性のお客様専用ダイヤルも完備しており、女性の方は安心して利用しやすい。こちらも自動契約機やWebでの申込が可能だ。

金利
(実質年率)
年4.5%~年17.8%
審査時間最短20分(土日可)
融資速度最短即日
無利息期間30日間
借入限度額1万円~500万円
収入証明書借入額50万円以下なら、原則収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件満18歳~74歳迄で、ご本人に安定した収入がある方
パート・アルバイトの方もOK
※申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申込みできません。
※また、収入が年金のみの方は申込みいただけません。
担保・保証人不要

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンは、初めての借入から30日間は何回借りても利息0円になる。

また、無利息期間中に約定返済日が到来した場合の返済額は、利息を除いた元本分となる。

金利は年利1.59%〜18%であり業界最低水準の金利とされている。

そのため、借りやすく、返しやすいカードローンの1つと言える。

バナー画像予定

金利(実質年率)年1.59%~年18.0%
審査時間最短翌日
融資速度最短翌日
無利息期間最大30日間
借入限度額10万円〜1,000万円
収入証明書不要
WEB完結可能
申込条件・申込時の年齢が20歳以上70歳未満
・安定した収入がある方
担保・保証人不要
カードローンレイク東京スター銀行スターカードローンアコムプロミスプロミスレディースPayPay銀行カードローンアイフル
最短審査時間20分20分20分20分30分20分
申込方法Web・電話・来店
WebWeb・窓口・電話・郵送Web・アプリ・来店・電話Web・アプリ・来店・電話WebWeb・電話・来店

無利息期間ありのカードローンを利用する上での注意点

無利息期間ありのカードローンを利用する上での注意点 カードローンナビ

無利息期間ありのカードローンを利用する上での注意点には、開始のタイミングと、金利が高い傾向にあることが挙げられる。

以下でそれぞれについて詳しくみていこう。

開始のタイミングに注意

無利息期間を開始するタイミングによって、返済額が予想以上に高くなってしまう場合がある。

多くのカードローンでは、初めて借りた日から数日間の無利息期間が設定されている。

この無利息期間を適切に利用することで、返済額を抑えることができる。

しかし、返済日や借入日の違いにより予期せぬ返済負担が生じる場合がある。

例えば借入日が前倒しで設定されている場合は、無利息期間の開始日も早くなる。

また、無利息期間は最長で30日間であり、返済が遅れれば返済前に無利息期間が終わってしまうこともある。

このように、無利息期間のあるカードローンを利用する際には、開始のタイミングに注意することが重要だ。

金利が高い傾向にあるため注意

無利息期間を利用することで金利を支払わずに借入ができる。ただ、一方で他のカードローンと比較して、金利が高い傾向にある。

一般的に無利息期間を設けているカードローンは消費者金融カードローンである場合が多い。

消費者金融では、金利が基本的に高く設定されている。

つまり、無利息期間が終了した後は、支払う利息額が大きくなる可能性があるということだ。

無利息期間の後に返済困難にならないようにするには、設定金利と返済条件を把握し、無理のない借入を行うことが重要だ。

カードローンの金利の計算方法や仕組みについて詳しくは知りたい方はこちら

カードローン利用時の流れ

カードローン利用時の流れ カードローンナビ

無利息期間のあるカードローンを選んだら、実際に利用するための手続きを進める必要がある。

カードローンを利用する流れは、以下のとおりだ。

  • 申込・確認書類提出
  • 審査
  • 契約・借入
  • 返済

ここからは、それぞれの手順を説明しよう。

申込・確認書類提出

まず、カードローンの申込を行う。

多くの金融機関では、インターネットや店舗を通じて申込むことができる。

申込には、必要な情報や書類が指定される。

基本的には、住所・職業・収入などの個人情報や、収入証明書・身分証明書などの書類が必要だ。

審査

申込後、金融機関は審査を行う。

審査では、申込者の信用情報や収入状況などを確認し、返済能力や信用度を判断する。

審査には数日かかることもあるが、一部の金融機関では即日審査を行っている。

契約・借入

審査が通過した場合、契約手続きに進む。金融機関から契約書や借入明細書が提供されるため、内容を確認し、署名・捺印を行う。

契約が完了すると、カードや銀行口座などが提供され、借入が可能となる。

返済

借入した資金は、借入明細書に記載された返済期間と方法に従って返済を行う。

一般的には定期的な返済(月々の分割返済)が求められるが、一括返済やリボ払いなどの返済方法も選べる場合がある。

返済は銀行振込や口座引き落とし、コンビニなどでの支払いなど、様々な方法が用意されている。

カードローン利用時は無利息期間以外の面もチェックしよう

カードローン利用時は無利息期間以外の面もチェックしよう カードローンナビ

無利息期間のメリットは多いが、実際の利用時は次の4つの点もチェックしよう。

  • 借入方法や返済方法
  • 内緒で借りたい方は知られにくいかどうか
  • 申込や利用のしやすさ
  • 上限金利について

以下でそれぞれについて解説する。

借入方法や返済方法もチェック

金融機関ごとに、借入方法や返済方法が異なる場合がある。

自分に合った方法で借入や返済ができるかをチェックしよう。

例えば、口座引き落とし・銀行振込・コンビニでの返済など、自分にとって便利な方法を選ぶことが重要だ。

内緒で借りたい方は知られにくいかどうかもチェック

カードローンの利用は自分の財務状況に関連するため、内緒にしたい場合もある。

金融機関選びの際には、借入が他人に知られにくいシステムや配慮があるかどうかをチェックしよう。

一部の金融業者は、借入情報を第三者に漏らさないと謳っていることがある。

内緒で借りることを重要視している場合は、金融業者のプライバシーポリシーや口コミなどから、情報管理について確認しよう。

また、引落明細書の紛失など、初歩的な管理にも気を付けると良いだろう。

通常、カードローンの返済は口座引落やクレジットカードの利用明細書に記載される。

内緒で借りたい場合は、これらの利用明細書を他者に見られないようにするなどの工夫も必要だ。

申込や利用のしやすさもチェック

申込や利用手続きが簡単かどうかもチェックポイントだ。

一部の金融機関では、インターネット上での申込や契約が可能な場合がある。

また、店舗での対面手続きや電話での相談が必要な場合もある。

自分の希望や利用スタイルに合った方法を選ぶことも重要だ。

上限金利についてもチェック

上限金利とは貸付利率の最大値を指し、各金融機関はカードローン利用の際の金利を設定している。

上限金利が低いほど借入にかかる費用が少なくなるため、返済時の負担が軽減される。

つまり、利息負担を軽減するためには、できるだけ低い金利で借りることが望ましい。

また、上限金利は法律に基づいて設定されているが、実際の利率は個々の貸付業者によって異なる場合がある。

そのため、上限金利だけでなく、実際の利率も確認することがおすすめだ。

カードローンの上限金利について情報を確認し、比較検討することが重要である。

無利息期間を過ぎた場合はどうなる?

無利息期間を過ぎた場合はどうなる? カードローンナビ

無利息期間が終了すると、通常の金利が適用される。

無利息期間中に借りた金額については無利息で返済できるが、期間終了後は借りた金額に対して金利が発生する。

具体的な金利や返済条件は、借入先の金融機関やカード会社によって異なる。

金利は年利で表示されることが多く、金利の割合や返済期間に応じて利息が計算される。

無利息期間終了後も、定期的に返済を行う必要がある。

通常は毎月一定額の返済を行い、遅れると遅延損害金や遅延利息などの追加費用が発生する場合がある。

また、無利息期間が終了した後に、金利の見直しや借換えを検討することもできる。

他の金融機関やカード会社で金利が低い商品を探したり金利交渉を行うことで、よりお得に借入を続けられる。

その上で、無利息期間が終了した後は以下のような対策を取るのが良い。

1つ目は返済計画の見直しだ。

無利息期間中に借入した金額を、無利息期間が終わった後に一括返済することができれば、その後に発生する利息負担を回避することができる。

もし一括返済が難しい場合は、月々の返済計画を見直して利息負担を最小限に抑えられるよう努めよう。

2つ目は利息を見直すことだ。 無利息期間が終了した後は、普通の利率で借入をすることになる。

その際に、無利息期間終了後の利率を見直すことができる場合がある。

金利が低い金融機関やカード会社への借換えを検討したり、金利交渉を行ったりすることで、利息負担を軽減可能だ。

3つ目は借入金額を減らすことだ。

無利息期間が終了すると、借入金に対して利息が発生するため、できるだけ借入金額を減らすことが望ましい。

必要な範囲で借入をし、無駄な利息負担を避けるようにしよう。

4つ目は返済遅延の回避だ。返済期日を守り遅延を避けることも重要である。

遅延すると、利息だけでなく遅延損害金や遅延利息など、追加費用が発生する可能性がある。

返済日までに返済できない場合は、事前に金融機関に連絡をし、返済計画の見直しや相談を行うことも考えよう。

無利息期間終了後は、通常の利子を支払う必要がある。

ただ、上記の対策を取ることで利息負担を軽減したり、借入金を返済しやすくすることができる。

無利息期間のカードローンについて知りたいなら

無利息期間のカードローンについて知りたいなら カードローンナビ

無利息期間のカードローンについて知りたいなら、インターネットを活用すれば効果的に情報収集が可能だ。

インターネット上で参考にすべき具体的なサイトについて紹介する。

1つ目は金融機関やカード会社の公式ウェブサイトだ。

多くの金融機関やカード会社は、自社のサービスやカードローンに関する情報を公式ウェブサイトで提供している。

ウェブサイト上で無利息期間の詳細や適用条件、返済方法などを確認することができる。

2つ目は比較サイトだ。

カードローンや金融商品の比較サイトを活用すれば、複数の金融機関やカード会社に関する情報を簡単に比較できる。

金利や返済条件などを比較して、自分に最適なカードローンを見つけることができるだろう。

3つ目はオンラインフォーラムや口コミサイトだ。カードローンの利用経験や口コミを書いた人たちの意見や体験談を読むことで、実際の利用者の感想や評価を知ることができる。

信頼性の高い情報を得るために、複数のサイトやフォーラムでの口コミを参考にすることをおすすめする。

4つ目はニュースや専門サイトだ。ファイナンシャルニュースや金融専門サイトでは、最新の金利や無利息期間の情報を取り上げることがある。

定期的にチェックして、最新の情報を入手することができる。

このように、インターネットを活用して情報収集することで、無利息期間のカードローンに関する詳細な情報を得ることができる。

自分に合ったカードローンを選ぶために、複数の情報源を活用して比較検討することが大切だ。

スクロールできます
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンSMBCモビットアイフル楽天銀行スーパーローンプロミスプロミスレディースアコムオリックス銀行カードローン横浜銀行カードローン
金利
(実質年率)
年1.8%~年14.6%年2.0%~年14.0%年1.5%~年14.5%年3.0%~年18.0%年3.0%~年18.0%年1.9%~14.5%年4.5%~年17.8%年4.5%~年17.8%年3.0%~年18.0%年1.7%~年14.8%年1.5%~年14.6%
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜500万円1万円~500万円1万円〜800万円10万円〜800万円10万円~1,000万円
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間なし
審査時間最短即日最短3営業日最短当日
※1
最短30分最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短当日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
融資速度最短翌日最短1週間最短当日
※1
最短即日最短20分
※申込状況によっては希望に添いかねます
最短翌日最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短3分 
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※申込時間や審査により
ご希望に​沿えない場合がございます。
1週間程度最短即日
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1:申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
目次