1. ホーム
  2. 債券
  3. 国債のデメリットは何?デメリットを理解して、より賢い投資選択を

国債のデメリットは何?デメリットを理解して、より賢い投資選択を

この記事で解決できるお悩み
  • 国債のデメリットがわからず、投資選択に迷っている
  • 国債のリスクについて具体的な知識がない
  • 投資として国債をどの程度資産に組み込むべきかの判断が難しい

国債は比較的リスクが低く、安全な運用を目指す人に人気が高い投資法だ。

しかしメリットばかりではなくデメリットも存在するため、国債について正しく理解した上で投資法を選択していくことが重要である。

本記事では国債の基本的な特徴やデメリット、国債を活用した投資戦略について解説する。

記事の最後には信頼できる資産運用サポートの専門家についても紹介するので、ぜひ本記事を参考に最適な投資法を選択していこう。

目次

国債の基本的な特徴

まず、国債についての基本的な特徴や役割について解説していく。

国債とは何か?

国債とは、一言で言うと国が発行する債券のことである。

債券は資金を借り入れたときに発行される借用証書の一種であり、国債を購入した場合は国にお金を貸し出しているということになる。

国が国債で調達した資金はあくまでも借金であるため、満期を迎えたら利子を付けて返還しなければならない。

投資家目線で言うと、受け取る利子が投資のリターンとなる。

一般投資家の場合は「個人向け国債」を購入するケースがほとんどだ。

1万円から購入でき、満期は3年・5年・10年から選ぶことができることが特徴となっている。

国債の特徴

国債投資の大きな特徴として「安全性の高さ」が挙げられる。

国が発行している債券であるため安全性が高く、元本割れのリスクが低い点が魅力だ。

例えば株式投資の場合、元本が保証されていない上に株価はさまざまな要因で変動するため、元本割れによって損失が発生する可能性は十分にある。

しかし国債の場合は、国の財政が破綻しない限りは満期時に額面金額で償還されるため、元本割れのリスクは低い。

このように、安全性が高く、堅実にリターンを狙っていける点が国債投資の最大の特徴である。

国債の役割

国債には、国の公共事業に必要な資金調達を行うという大きな役割がある。

税収だけでは賄いきれない社会保障費やインフラ整備の費用などについて、投資家から資金を借り入れるために国債を発行しているのだ。

一方で投資家目線からすると、国債は投資における指標としての役割もある。

10年債の利回りは長期金利の代表的な指標となっており、多くの投資家が注目している指標だ。

単純に金融商品としての役割だけでなく、投資をする上での指標としての役割も持っているのが国債の特徴と言えるだろう。

国債のデメリットとは何か?

国債は比較的安全な運用ができる金融商品だが、一方でデメリットも存在している。

ここでは、国債に投資するデメリットについて解説していく。

国債のデメリット①インフレで目減りするリスク

国債は安全性が高い反面、収益性は高くない金融商品である。

2024年5月15日時点での個人向け国債の利率は固定3年が0.29%、固定5年が0.45%、変動10年が0.57%となっている。

もし国債の保有期間中にインフレが起こり、物価が上昇した場合は資産が目減りしてしまうリスクが想定される点がデメリットだ。

日本銀行は2013年に物価上昇率の目標を前年比2%と定めており、目標通りに行けば年間で2%ずつ物価が上昇していくこととなる。

利回りが低い国債で運用をしていては、この物価の上昇に追い付けず、資産が目減りしてしまう可能性が高い。

安全な運用ができる国債であるが、収益性が低い点はデメリットと言えるだろう。

例えば、総務省統計局の「2020年基準 消費者物価指数 全国 2024年(令和6年)3月分(2024年4月19日公表)」によると、2024年3月の消費者物価指数の総合指数は前年同月比で2.7%の上昇だった。

先ほど紹介した個人向け国債の利率はもっとも高い変動10年でも0.57%となっており、実質的なリターンはマイナスとなっている。

資産の多くを個人向け国債で運用する場合、実質的には資産が目減りしてしまう。

高いリターンが期待できる上場株式や投資信託などを組み合わせ、物価上昇に負けないポートフォリオを構築することが大切だ。

国債のデメリット②デフォルトの可能性

デフォルトとは「債務不履行」とも呼ばれ、国債を発行している国家が投資家に対して元本や利息を支払えなくなってしまう状態のことだ。

国が経済的に破綻してしまい、国債によって借り入れた資金を返済できなくなるリスクがある。

国債は国が保証している金融商品であるため比較的安全性は高い。

しかしどんな国であっても経済的に破綻するリスクがないとは言えないため、絶対に安全とは言い切れないのである。

例えば、2022年4月にスリランカが公的対外債務の支払いを一時的に停止することを発表し、デフォルト状態となった。

ガーナでは2022年12月に事実上のデフォルト、エチオピアでも2023年12月にデフォルトに陥っている。

日本国債は自国通貨建てで発行されるため、返済が不能になるリスクは極めて低いと考えられる。

しかし他国で実際にデフォルトが起きた事例はあるため、投資をする際には当該リスクを頭に入れておこう。

国債のデメリット③途中解約によるリスク

個人向け国債は原則として発行から1年を経過するまで中途換金ができない。

さらに1年経過後に中途換金をする場合も、直近2回分(1年分)の利子相当額が償還金額から差し引かれてしまう。

直近1年分の運用がなかったことになってしまうため注意が必要だ。

もし、急にお金が必要となった場合、1年以内には換金できない上に1年経過後も運用が無駄になってしまうリスクがある。

直近で使う予定があるお金は預貯金などで貯めておくことをおすすめする。

国債のデメリットにどう対応するべきか

国債のデメリットについて紹介してきたが、重要なのはデメリットを踏まえてどういった戦略を取るのかという点だ。

ここでは国債のデメリットをどう捉えるかという内容を解説していく。

国債のデメリットへの対処法①他資産のバランスを意識する

国債のデメリットは収益性が低いという点であるが、一方でリスクが小さいというメリットもある。

収益性が高くてリスクも大きい他資産とバランス良く組み合わせることで、国債のデメリットを打ち消すことができる。

例えば株式は大きなリターンを期待できる反面、リスクも大きい金融資産だ。

資産のすべてを株式に投資してしまうと、株価下落のタイミングで資産が一気に減ってしまう。

国債と株式を半分ずつ保有すれば、国債で安定した利子を受け取りつつ、株式の大きなリターンを狙いに行くことも可能だ。

国債と株式のデメリットをそれぞれ打ち消し合うことができる。

収益性が低い国債と他資産の組み合わせを考え、安定した収益が期待できるバランスを探ろう。

国債のデメリットへの対処法②デフォルトリスクに備える投資戦略

国債のデフォルトリスクに対応するためには、投資地域の分散が必要となる。

さまざまな地域に分散投資しておくことで、リスク低減効果を得られるためだ。

例えば日本国債のみに投資をしている場合、債務不履行となった場合に資産のすべてが返還されないことになってしまう。

しかし、日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどに分散しておけば、どこかの国が債務不履行になってもダメージは限定的となる。

日本以外のさまざまな地域に投資を行い、リスクを分散しておくことも重要だろう。

国債のデメリットを踏まえた具体適な投資法

国債は収益性が低いというデメリットがある一方、リスクが小さく比較的安全に運用できるというメリットがある。

こうした特徴を踏まえ、「数年後に必要となる絶対に減らせない資金」の準備に国債を活用するという方法もある。

例えば5年後に迎える子どもの大学進学に備えて資産運用をする場合、リスクが大きい投資法は危険だ。

5年後に価格が下落して資産が減ってしまうと、大学の進学費用が足りなくなってしまう危険性がある。

国債は大きなリターンを見込めないものの比較的安全性が高いため、進学費用も着実に準備できる。

今後のライフプランで絶対に減らせない資金は国債で準備し、それ以外は株式や不動産などで運用すると効率的な資産運用が実現できるだろう。

国債のデメリットを踏まえた投資戦略は誰に相談するべきか?

国債のデメリットなども踏まえた最適な運用戦略を考えたい場合、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)への相談がおすすめだ。

IFAとは、特定の金融機関には所属せずに顧客の資産運用をアドバイス・サポートする専門家のことである。

ここではIFAに相談するメリットについて解説していく。

国債投資のデメリットを踏まえた投資戦略の策定

IFAのほとんどが銀行や証券会社の出身者であり、長らく金融業界に携わってきたプロフェッショナルである。

金融商品の特徴についても精通しており、国債のデメリットもしっかりと理解しているため安心して相談できるだろう。

IFAは国債のデメリットを踏まえた上での投資戦略を策定する。

インフレのリスクやデフォルトの可能性、途中解約によるリスクを総合的に考えた上で、他資産との最適なバランスをアドバイスしてくれる。

国債をはじめとしたさまざまな金融商品の特徴を踏まえた上での最適な投資戦略のサポートをしてくれる点は、IFAに相談する大きなメリットと言えるだろう。

IFAと一緒に作る適切な投資ポートフォリオ

IFAはポートフォリオの最適なバランスについてもサポートしてくれる。ポートフォリオとは金融商品の組み合わせのことだ。

すでにご紹介した通り、国債以外の金融資産や日本以外への地域への分散投資は非常に重要となる。

各金融資産の特徴やリスク・リターンのバランスを踏まえ、最適なバランスを組まなければならない。

IFAは、顧客のリスク許容度を把握した上で最適なリスク・リターンのバランスとなるようなポートフォリオを提案してくれる。

自分に合った資産のバランスを把握できる点もIFAに相談する大きなメリットだ。

国債投資に関する疑問や不安の解消

本記事で国債についての基本的な内容やメリット・デメリットを解説してきた。

しかし、詳しい内容まで理解したり、疑問点を解決したりすることは容易ではないだろう。

そこでIFAに相談することで、国債投資をはじめとした各金融商品や運用についての疑問・不安を解消できる。

長期的に寄り添ってサポートしてくれるため、不安な点もすぐに相談可能だ。

身近に頼れるプロがいると、資産運用をしていく上で非常に心強い。

投資について疑問や不安な点がある場合は、IFAに相談してみることをおすすめする。

国債のデメリットを理解しよう

国債は安定的な運用が実現できる反面、収益性の低さや中途解約のリスクなどのデメリットもある。

デメリットを踏まえた上でどういった投資戦略を練るのかが重要となるだろう。

IFAに相談することで、国債のデメリットやリスクについての理解を深め、自身の投資戦略に反映させることができる。

デメリットやリスクを適切に管理し、最適なポートフォリオの作成もサポートしてくれる。

国債をはじめとして資産運用の方法に悩んでいる方は、IFAへの相談がおすすめだ。

わたしのIFA」では信頼できるIFAを紹介するサービスを提供している。

サービスを活用し、あなたのニーズにあったIFAから資産運用の成功に向けたサポートを受けてみてはいかがだろうか。

国債のデメリットに関するQ&A

国債と組み合わせると効果的な資産は何ですか?

国債は安全性が高いという魅力がある一方、収益性は高くない。高収益を期待できる株式と組み合わせることで、債券を守りの投資先、株式を攻めの投資先として効果的な運用を実践できる。

IFAとその他の金融アドバイザーとの違いは何ですか?

「顧客に対する中立性」がIFAとその他の金融アドバイザーとの違いとして挙げられる。IFAは金融機関から独立した立場で顧客に投資助言を行うため、客観的に最適なアドバイスを提供できる。中立な立場から顧客に最適な商品を提案・仲介できる点がIFAの大きな強みだ。

IFAはどのような基準で選べばいいですか?

相談先のIFAを選ぶ際、以下の2点を比較しておくと良い。

  • 経歴・得意分野
  • メインの顧客層

IFAは前職までの経歴によって得意分野が異なる。

証券会社出身であれば株式や投資信託、保険会社出身であれば生命保険に強いケースが多い。

経歴や得意分野をチェックし、相談したい内容とマッチしているかどうかを確認しておこう。

また、IFAがメインで抱える顧客の属性も確認しておくと良い。

IFAがターゲットとしている顧客の属性と自分の属性が一致していないと、的確な助言を得られない可能性があるためだ。

経歴・得意分野とメイン顧客層を比較し、最適な相談先を探し出そう。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次