1. ホーム
  2. 債券
  3. 債券のメリット・デメリットが知りたい!正しく理解して賢く投資しよう

債券のメリット・デメリットが知りたい!正しく理解して賢く投資しよう

この記事で解決できるお悩み
  • 債券投資のメリット・デメリットを理解したい
  • 債券投資と他の投資で違う点を理解したい
  • 債券を選ぶポイントが知りたい

債券投資は安定的な利息収入を得られる一方で、金利変動リスクなどのデメリットもある金融商品だ。

初心者にとってはハードルが高く感じられるかもしれない。

しかし、債券投資の基本的な仕組みやメリット・デメリットを正しく理解することで、自分に合った債券を選ぶことが可能となる。

リスクを抑えつつ、着実に資産を増やしていくことができるのだ。

本記事では、債券とは何か、そしてメリットとデメリットについて解説しつつ、債券を選ぶ際のポイントを紹介する。

また、資産運用の専門家の重要性やIFAに相談するメリットにも触れていく。

投資初心者でも、債券投資の基本を身につけ、自分に合った投資方法を見つけることができるはずだ。

債券投資を検討している人はもちろん、資産運用に興味がある人にもぜひ読んでいただきたい。

目次

債券とは

債券とは わたしのIFA

債券は、国や企業が資金を調達するために発行する有価証券であり、安定的な利息収入を得ることができる投資商品である。

しかし、債券投資を始める前に、その仕組みや種類、税金などについて理解しておく必要がある。

ここでは、以下の3つのポイントについて詳しく解説する。

  • 債券の仕組み
  • 債券の種類
  • 債券投資を始める前に知っておくべきこと

これらの知識を身につけることで、債券投資をより効果的に行うことができるはずだ。

債券の仕組み

債券とは、国や地方自治体、企業などが資金を調達するために発行する有価証券である。

債券を購入した投資家は、定期的に利息を受け取ることができ、満期時には元本が返済される。

債券の発行者は、投資家から資金を借り入れ、その見返りとして一定の利率で利息を支払う。

利息は通常、年に1〜2回の頻度で支払われる。

債券には満期日が設定されており、発行者は満期日に元本を返済する義務を負う。

また、利息の支払い日と利率は、債券発行時に決められている。

債券を発行している地方自治体や企業が破綻しない限り、投資した元本が戻ってくるのが債券投資の大きな特徴である。

例えば、額面100円の10年物債券を98円で購入した場合をみてみよう。

  • 年3%の利子を毎年受け取れる
  • 10年後の満期日に100円の元本が返済される

つまり、10年間で合計30円の利子と100円の元本が戻ってくることになる。

債券は満期日前でも市場で売買できるため、途中で換金することも可能だ。

ただし、この場合は市場価格で売却するため、元本割れのリスクがある。

債券は株式に比べてリスクは低いものの、発行体の信用リスクや金利変動リスクなどに注意が必要である。

債券の種類

債券には、発行体の違いや利率の種類、償還期間の長さなど、様々な特性を持つ種類が存在する。

これは、投資家のニーズに合わせて多様な選択肢が用意されているからだ。

主な債券の種類として、国債、地方債、社債などが挙げられる。

スクロールできます
種類発行体特徴
国債安全性が高く、信用リスクが低い
地方債地方自治体国債に次ぐ安全性がある
社債企業発行する企業の信用力によりリスクが異なる
外貨建て社債外国企業為替リスクがあるが、利回りが高め
円建て外債外国政府・国際機関外国債でも円建てのため、為替リスクなし

国債

国債は、国が発行する債券だ。

日本国政府が発行するため、信用力が高く、安全性が高いとされている。

利回りは他の債券と比べると低めだが、リスクも低いため、安定した運用を求める投資家に適している。

地方債

地方債は、地方自治体が発行する債券だ。

都道府県や市町村などが、道路や学校の建設など、様々な事業の資金を調達するために発行する。

国債に次ぐ信用力があるとされているが、発行体によって信用力に差がある。

社債

社債は、企業が発行する債券だ。企業が事業資金を調達するために発行する。

社債は、発行企業の信用力によって、信用リスクが異なる。

一般的に、大企業の発行する社債は信用力が高く、中小企業の発行する社債は信用力が低いとされている。

利回りは国債や地方債よりも高いことが多い。

外貨建て社債

外貨建て社債は、外国企業が発行する社債だ。外国企業が日本国内で、外貨建てで発行する。

為替リスクがあるため、為替変動の影響を受けやすい。

また、発行企業の信用リスクにも注意が必要だ。

円建て外債

円建て外債は、外国企業が日本国内で、円建てで発行する社債だ。

外貨建て社債とは異なり、為替リスクはない。

ただし、発行企業の信用リスクには注意が必要だ。

また、債券は利率の種類によっても以下のように分類される。

スクロールできます
種類概要特徴
利付債定期的に利息が支払われる利息収入が得られる
変動利付債基準金利に連動して利率が変動する金利変動リスクがある
割引債
(ディスカウントボンド)
利子がなく額面金額より割引されて発行される満期時に額面金額で償還される
ハイイールド債低格付けで高利回り高リスク・高リターン

利付債

利付債は、一定の利率で利息が支払われる債券だ。

利率は、債券の発行時に決定され、満期までその利率で利息が支払われる。

利息は、通常、半年ごとに支払われる。

利付債は、安定した利息収入を求める投資家に適している。

変動利付債

変動利付債は、市場金利に応じて利率が変動する債券だ。

一般的に、短期金利に連動して利率が決定される。

市場金利が上昇すれば利率も上昇し、市場金利が下降すれば利率も下降する。

変動利付債は、金利上昇局面では有利だが、金利下降局面では不利になる。

割引債(ディスカウントボンド)

割引債は、額面金額より低い価格で発行され、満期時に額面金額で償還される債券だ。

利息は支払われないが、代わりに発行価格と償還価格の差額が利子相当分となる。

割引債は、複利効果が得られるため、長期投資に適している。

ハイイールド債

ハイイールド債は、信用力の低い企業が発行する高利回りの社債だ。

一般的に、格付けがBB以下の企業が発行する債券をハイイールド債と呼ぶ。

利回りが高い反面、デフォルト(債務不履行)のリスクが高いため、ハイリスク・ハイリターンの債券といえる。

ハイイールド債は、リスクを取ってでも高い利回りを求める投資家に適している。

投資家は自身のリスク許容度や投資目的に合わせて、適切な債券を選択することが重要である。

債券投資を始める前に知っておくべきこと

債券投資を始めるなら、事前に税金や購入方法についても理解しておこう。

これらの知識を持つことで、効果的な投資計画を立てることができる。

まず、債券投資で得られる利子には税金がかかることを知っておく必要がある。

利子には20.315%の税金が源泉徴収される。

そのため、手取り額は減少する。

また、譲渡益に対しては雑所得として総合課税されるため、他の所得と合算して税率が決まる。

これらの税金を考慮して、投資計画を立てなければならない。

次に、債券の購入方法についても理解しておくべきだ。

債券は証券会社や銀行などの金融機関で購入することができる。

オンラインでの購入も可能なので、自分に合った方法を選ぶとよいだろう。

債券の種類によって購入単位が異なることも知っておく必要がある。

例えば、個人向け国債は最低1万円から購入できるが、上場している社債は1単元(10万円)からの購入となる。

自分の資金状況に合わせて、適切な債券を選んでほしい。

このように、債券投資を始める前に税金や購入方法について理解しておくことで、効果的な投資計画を立てることができる。

投資初心者は、これらの基本的な知識を身につけることから始めるとよいだろう。

債券投資のメリット・デメリット

債券投資のメリット・デメリット わたしのIFA

債券投資は、安定的な利息収入が得られるというメリットがある一方で、金利変動リスクや信用リスクなどのデメリットもある。

投資家によって、メリットとデメリットの重要度は異なるため、自身の投資目的や資産状況に合わせて、債券投資の是非を判断しなければならない。

ここでは、債券投資の主なメリットとデメリットについて解説する。

また、債券投資に向いている人の特徴についても触れていく。

これらの情報を理解することで、自身にとって債券投資が適しているかどうかを判断することができるだろう。

債券投資のメリット

債券投資には、いくつかの魅力的なメリットがある。

投資初心者でも、これらのメリットを理解することで、債券投資の良さを実感できるだろう。

主なメリットは以下の通りだ。

債券投資のメリット
  1. 満期時に元本が戻ってくる
  2. 決められた利率で利息が受け取れる
  3. 運用計画が立てやすい
  4. 分散投資に適している

満期時に元本が戻ってくる

債券は、あらかじめ決められた満期日に元本が返済される。

これは、債券発行者が借りたお金を返済するという仕組みだ。

つまり、債券を満期まで保有していれば、投資した元本が戻ってくるというわけだ。

株式投資などと比べると、元本が保証されているという点が債券投資の大きな魅力といえる。

決められた利率で利息が受け取れる

債券には、あらかじめ決められた利率(クーポン率)で、定期的に利息が支払われる。

この利息のことを「クーポン」と呼ぶ。

例えば、年利2%の債券を購入した場合、毎年2%の利息を受け取ることができる。

この利息は、満期まで固定されているため、安定した収入を得ることができるのだ。

運用計画が立てやすい

債券は、満期日と利率が決まっているため、将来のキャッシュフローを予測しやすいという特徴がある。

例えば、3年後に100万円が必要だと分かっている場合、3年物の債券を購入することで、必要な資金を準備することができる。

このように、債券投資は、将来の資金計画を立てやすいという点でも魅力的だ。

分散投資に適している

分散投資とは、リスクを抑えるために、様々な種類の資産に投資することを指す。

債券は、株式などと比べると値動きが小さいため、ポートフォリオの安定性を高めることができる。

また、国債、地方債、社債など、様々な種類の債券に投資することで、さらにリスクを分散することができる。

このように、債券投資には、元本の安全性、安定した利息収入、運用計画の立てやすさ、分散投資への適合性など、多くのメリットがある。

これらのメリットを理解することで、投資初心者でも、債券投資の魅力を感じることができるだろう。

債券投資のデメリット

債券投資には、メリットだけでなくデメリットもある。

投資初心者は、これらのデメリットを理解した上で、債券投資を始めることが重要だ。

主なデメリットは以下の通りだ。

債券投資のデメリット
  1. 金利変動リスク
  2. 流動性リスク
  3. 発行元の信用リスク
  4. インフレリスク

金利変動リスク

債券の価格は金利の変動に反比例して変動する。

つまり、金利が上昇すると債券の価格は下落し、金利が下降すると債券の価格は上昇する。

この金利変動によって、債券の価値が変動するリスクを金利変動リスクと呼ぶ。

特に、長期の債券ほど金利変動の影響を受けやすいため、債券を満期まで待たずに途中で売却する際は注意が必要だ。

流動性リスク

債券の流動性とは、債券を売却する際の容易さを指す。

国債などの流動性の高い債券は、いつでも売却しやすいが、地方債や社債などの流動性の低い債券は、売却しにくいことがある。

流動性が低い債券を売却する際、希望する価格で売却できないリスクがあるため、流動性リスクに注意が必要だ。

発行元の信用リスク

債券は、発行元の信用力に依存している。国債は国の信用力が高いため、信用リスクは低い。

だが、社債は企業の信用力に依存するため、信用リスクが高くなる。

発行元の信用力が低下した場合、債券の価値が下落したり、最悪の場合、元本や利息の支払いがされないリスクがある。

インフレリスク

インフレとは、物価の上昇を指す。

インフレが進むと、債券の実質的な価値が下落するリスクがある。

例えば、年利2%の債券を保有していても、インフレ率が3%であれば、実質的には1%のマイナスとなる。

インフレリスクは、長期の債券ほど大きくなるため、注意が必要だ。

このように、債券投資にはいくつかのデメリットがある。

これらのデメリットを理解し、自身のリスク許容度に合わせて債券投資を行うことが重要だ。

また、分散投資を行うことで、これらのリスクを軽減することも可能だ。

債券投資に向いている人の特徴を解説

債券投資は、安定的な収益を重視する中長期的な投資家に向いている。

その理由は、債券が株式に比べて価格変動が小さく、定期的な利息収入が得られるためだ。

債券の価格は、市場金利の変動に応じて変化するものの、株式ほど大きな値動きは見られない。

また、債券は利払日に決められた利息を受け取ることができるため、安定的なキャッシュフローを得ることができる。

このような特徴から、債券投資はリスク許容度が低く、安定的な収益を求める投資家に向いているといえる。

一方、株式投資は、企業の業績や市場の景気動向によって価格が大きく変動するため、リスク許容度の高い投資家に適している。

株式投資では、値上がり益を狙うことが主な目的となるため、短期的な売買で利益を得ることが多い。

このように、株式投資は債券投資に比べてリスクが高い分、高いリターンを期待できる投資手法だ。

例えば、退職後の資産運用を重視する投資家には、債券投資が適しているだろう。

定期的な利息収入によって、安定的な生活資金を確保できる。

また、リスク許容度が低い投資家にとっても、債券投資は安心感のある選択肢となる。

一方、若い世代で長期的な資産形成を目指す投資家には、株式投資も検討に値する。

長期的には、企業の成長に伴って株価が上昇する可能性が高い。

ただし、株式投資にはリスクが伴うことを理解し、自身のリスク許容度に合わせて投資割合を決める必要がある。

このように、債券投資と株式投資には、リスクとリターンの特性に大きな違いがある。

自身の投資目的や資産状況、リスク許容度を踏まえて適切な投資手法を選んでほしい。

メリットを最大限に活かす債券を選ぶポイント

メリットを最大限に活かす債券を選ぶポイント わたしのIFA

債券投資を始める際、どの債券を選ぶべきか悩む人も多いのではないだろうか。

債券の種類は多岐にわたり、それぞれ特徴が異なる。

ここでは、債券選びの主なポイントとして、以下の3つを解説する。

  • 額面金額と利率
  • 発行体の財務状況や格付
  • 市場価格と残存年数

これらのポイントを理解することで、自身の投資目的や資産状況に合った債券を選ぶことができるだろう。

額面金額と利率(新発債を選ぶポイント)

新発債を選ぶ際は、額面金額と利率に注目することが重要である。

その理由は、額面金額が投資に必要な資金量を決め、利率が投資収益に直結するからだ。

額面金額とは、債券の単位当たりの金額を表している。

例えば、額面金額が10万円の債券を購入する場合、10万円以上の資金が必要となる。

投資家は自身の資金量に合わせて、適切な額面金額の債券を選ばなくてはならない。

一方、利率は額面金額に対する年間の利息の割合を示している。

利率が高いほど、同じ額面金額の債券でも、受け取れる利息収入が多くなる。

したがって、投資家は自身の目標とする利回りを考慮して、適切な利率の債券を選ぶことが大切だ。

具体的に言えば、額面金額100万円、利率年2%の債券の場合、年間の利息は2万円となる。

仮に、額面金額は同じ100万円でも、利率が年3%の債券であれば、年間の利息は3万円となり、1万円多くの利息収入が得られることになるのだ。

ただし、利率が高い債券は発行体の信用リスクが高いことを示している可能性がある。

利率の高さだけに惹かれるのではなく、発行体の信用力も合わせて評価することが重要だ。

発行体の財務状況や格付

債券投資では、発行体の財務状況や格付けを確認しておく必要がある。

なぜならば、発行体の財務状況が債券の信用リスクを判断する上で欠かせない指標だからだ。

債券は、発行体が利息と元本の返済を約束する有価証券である。

しかし、発行体の財務状況が悪化した場合、利息や元本の支払いが滞るリスク、つまり信用リスクが高まる。

信用リスクを判断する際に参考になるのが、格付け会社による発行体の格付けである。

格付けは、発行体の信用力を示す指標であり、格付けが高いほど、信用リスクは低いと判断される。

例えば、格付けがAAA(トリプルA)の発行体は、信用リスクが最も低いとされる。

一方、格付けがBB以下の発行体は、投機的等級(ジャンク債)とされ、信用リスクが高いと判断される。

ジャンク債は、利回りが高い反面、デフォルト(債務不履行)のリスクが高いため、投資家は慎重に検討しなければならない。

ただし、格付けはあくまでも参考情報であり、絶対的な指標ではない。

格付け会社の判断は、発行体の現時点での財務状況に基づくものであり、将来の変化を保証するものではない。

したがって、投資家は格付けだけに頼るのではなく、自身でも発行体の財務状況を分析し、投資判断を行うことが重要だ。

市場価格と残存年数(既発債を選ぶポイント)

市場価格と残存年数は既発債を選ぶ際のポイントとなる。

その理由は、市場価格と残存年数が利回りや金利変動リスクに影響を与えるためだ。

市場価格とは、債券が市場で取引されている価格のことを指す。

一般的に、市場価格が額面金額を下回っている債券は、利回りが高くなる傾向がある。

これは、額面金額よりも安い価格で債券を購入できるため、相対的に利回りが高くなるからだ。

例えば、額面金額100万円の債券が、市場で98万円で取引されている場合、債券を98万円で購入することができる。

この場合、利回りは額面利率よりも高くなる。

ただし、市場価格が額面金額を下回っている債券は、発行体の信用リスクが高い可能性がある。

一方、残存年数とは、債券の償還日までの残りの期間のことを指す。

残存年数が長いほど、金利変動の影響を受けやすくなる。

これは、残存年数が長いほど、将来の金利変動によって債券価格が変動する可能性が高くなるためだ。

特に、残存年数が10年以上の長期債は、金利変動リスクが高いため注意が必要だ。

金利上昇局面では、長期債の価格下落幅が大きくなる傾向がある。

したがって、既発債を選ぶ際は、市場価格と残存年数のバランスを考慮することが大切である。

例えば、短期的な資金運用を目的とする場合は、残存年数が短く、利回りの高い債券を選ぶことが有効だろう。

一方、長期的な資産形成を目的とする場合は、残存年数が中長期の債券を中心に、信用リスクの低い債券を選ぶことが望ましい。

メリット・デメリットを踏まえた債券投資の相談はどこにすべき?

メリット・デメリットを踏まえた債券投資の相談はどこにすべき? わたしのIFA

債券投資を始めるにあたって、多くの人が「どこに相談すべきか」という問題に直面する。

投資経験が浅い人にとって、債券投資は専門的な知識が必要とされるため、一人で始めるのは不安だろう。

そこで、債券投資の相談先として資産運用の専門家の重要性について詳しく解説する。

また、独立系ファイナンシャルアドバイザーであるIFAの役割やメリット、さらにはIFAの検索サービスについて紹介する。

これらの相談先を上手く活用することで、自分に合った債券投資の方法を見つけることができるはずだ。

資産運用を専門家へ相談する重要性

債券投資を始めるなら、専門家への相談をおすすめする。

債券投資には、金利変動リスクや信用リスクなど、様々なリスクが存在する。

投資経験の浅い個人投資家にとって、これらのリスクを適切に管理することは容易ではない。

しかし、専門家のアドバイスを受けることで、自身のリスク許容度や投資目的に合った債券投資の方法を知ることができる。

資産運用の専門家は、投資家の資産状況やニーズを詳しく把握した上で、最適な債券投資の戦略を提案する。

また、市場動向や経済情勢についても深い知識を持っているため、タイムリーなアドバイスを得ることもできるだろう。

例えば、証券会社には金融商品アドバイザーが在籍しており、個人投資家からの相談に応じている。

彼らは、様々な金融商品の特徴を熟知しており、投資家に合ったポートフォリオを提案する。

このように、債券投資を始める際は、専門家の知見を借りることが重要である。

自身の資産運用の目的や考え方を伝えた上で、適切なアドバイスを受けることが、成功への近道となるはずだ。

IFAの役割とメリット

IFAは、投資家の立場に立って中立的なアドバイスを提供する専門家である。

IFAは特定の金融機関に所属していない。

そのため、様々な金融商品の中から、投資家に最適な商品を選んで提案できるという大きなメリットがある。

IFAは、投資家のリスク許容度や投資目的、資産状況などを詳しくヒアリングし、それぞれの個人に合ったポートフォリオを組み立ててくれる。

例えば、債券投資の場合、投資家の年齢やリスク許容度に応じて、国債や社債の割合を調整したり、債券の種類や残存期間を選択したりする。

また、IFAは定期的なモニタリングやリバランスのアドバイスも行ってくれる。

市場環境や投資家のニーズの変化に応じて、ポートフォリオの見直しを提案し、必要な調整を行う。

そうすることで、投資家の資産を守りつつ着実に増やしていくことを支援するのだ。

さらにIFAから、自分に合った債券の選び方や、ポートフォリオ全体におけるバランスの取り方なども学ぶことができるだろう。

例えば、信用リスクと金利リスクのバランスをどう取るべきか、国債と社債の割合をどう決めるべきかなど、専門的な知識が必要とされる部分についても、IFAの助言を得ることで、適切な判断ができるようになる。

このように、IFAは投資家の立場に立って、中立的で専門的なアドバイスを提供してくれる心強い存在である。

IFA検索サービス「わたしのIFA」の活用法と利用推奨

IFA検索サービス「わたしのIFA」を利用することで、自分に合ったIFAを見つけることが可能だ。

「わたしのIFA」は、全国のIFAの中から個人の投資ニーズに合ったIFAを検索できるサービスである。

このサービスでは、IFAの経歴や専門分野などの詳細なプロフィールを確認できる。

例えば、債券投資に特化したIFAや、特定の地域で活動しているIFAなどを見つけることができるのだ。

また、IFAの投資に対する考え方を参考にすることで、自身とのミスマッチも防げるだろう。

例えば、東京在住の人が社債への投資を中心にした資産運用を行いたい場合は、「東京都」「社債」と検索することができる。自分の居住地域で相談できるIFAを簡単に探せるのだ。

IFAの中には、初回相談を無料で行っているところも多い。

「わたしのIFA」で検索をして、複数のIFAに相談してみるのもいいだろう。

実際に相談してみることで、IFAとの相性や提案内容を比較し、自分に最適なIFAを見つけることができるはずだ。

安定的な運用を望むなら、メリットいっぱいの債券投資にチャレンジしよう

安定的な運用を望むなら、メリットいっぱいの債券投資にチャレンジしよう わたしのIFA

本記事では、債券投資について正しく理解し、賢く投資するための知識を詳しく解説した。

債券には、国債、地方債、社債など様々な種類があり、それぞれ特徴が異なる。

投資前に、利息の受取方法や税金、購入方法などを理解しておくことが重要だ。

債券投資のメリットは、安定的な利息収入が得られることや、元本が保証されていることなどが挙げられる。

一方、金利変動リスクや流動性リスクなどのデメリットもあるため、自分のリスク許容度に合わせて投資することが大切だ。

債券を選ぶ際は、利回りだけでなく、発行体の信用力や残存期間などを総合的に判断することが求められる。

新発債と既発債では、選ぶポイントが異なることにも注意が必要だ。

債券投資について疑問や不安があれば、専門家からアドバイスを受けることをおすすめする。

特に、IFAは、特定の金融機関に属さない中立的な立場から、長期的な視点であなたに最適なアドバイスを提供する。

またIFAを探す際は、IFA検索サービス「わたしのIFA」が役立つ。

このサービスを活用することで、あなたのニーズに合ったIFAを効率よく見つけることができるはずだ。

債券投資は、リスクを理解した上で、自分に合った投資方法を選ぶことが重要だ。

本記事を参考に、賢く投資し、着実に資産を築いてほしい。

債券のメリット・デメリットに関するQ&A

債券のメリット・デメリットに関するQ&A わたしのIFA

金利が上がると債券の価値はどう変化しますか?

金利が上昇すると、一般的に債券の価値は下落する傾向にある。

これは、金利上昇により新たに発行される債券の利回りが上昇し、既存の債券の利回りとの差が生じるためだ。

投資家は高い利回りを求めて新たな債券に投資するため、既存の債券の需要が減少し、価格が下落することになる。

債券投資はどのような人に適していますか?

債券投資は、安定的な利息収入を重視し、中長期的な投資を考えている人に適している。

リスク許容度が低く、元本の安全性を重視する人にとっても、債券投資は魅力的な選択肢だ。

ただし、金利変動リスクや発行体の信用リスクなどがあるため、自身のリスク許容度を理解した上で投資することが重要である。

国債と社債の主な違いは何ですか?

国債は国が発行する債券で、信用リスクが低く、安全性が高いとされている。

一方、社債は企業が発行する債券で、信用リスクは国債よりも高い。

その代わりに、社債は国債よりも高い利回りが期待できる。

また、国債は流動性が高いのに対し、社債は流動性が低い傾向にある。

インフレ時に債券投資をするメリットはありますか?

インフレ時に債券投資をするメリットは限定的だ。

インフレ率が上昇すると、債券の実質的な利回りが低下する。

ただし、物価連動国債のように、元本や利払いがインフレ率に連動する債券に投資することで、インフレリスクをある程度回避できる。

また、インフレ時には金利上昇が予想されるため、短期債への投資も検討に値する。

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

・本サイト「わたしのIFA」はアドバイザーナビ株式会社が運営しております。
・本サイトに掲載される情報に関しては、最大限の注意を払っておりますが、金利、手数料、その他商品情報の完全な正確性や信頼性を保証するものではありません。
・本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

目次