1. ホーム
  2. 不動産投資
  3. 60代から始める不動産投資!必要資金からリスク対策までの完全ガイド

60代から始める不動産投資!必要資金からリスク対策までの完全ガイド

この記事で解決できるお悩み
  • 60代からの不動産投資の始め方を知りたい
  • 不動産投資に必要な資金やリスク対策の方法について理解を深めたい

60代からでも不動産投資は始められる。

この記事では、60代から不動産投資を始めるために必要な資金や、リスクとその対策について解説する。60代からの不動産投資について理解を深めたい方は、ぜひ参考にして欲しい。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する
目次

60代から始める不動産投資の魅力

60代から不動産投資を始めることには、大きな魅力がある。

年齢を問わない投資手段

不動産投資は年齢を問わない投資手段である。なぜなら、年齢制限が定められていないからだ。実際のところ、不動産投資用のローンは住宅ローンとは異なり年齢上限が定められていない。

この理由は不動産投資ローンの返済原資が個人の属性ではなく、物件の資産価値にフォーカスされるためだ。不動産投資は年齢に関係なく何歳からでも始められるのである。

収入源の多様化と老後資金

老後に備えて収入源を多様化できることは、不動産投資の魅力である。60代といえば定年退職する年代である。

多くの場合退職したあとは年金収入に加えて、退職金と貯金を老後資金に当てて生活することになる。

しかしながら、年金収入だけでは余裕のある老後を送れない可能性がある。もしかしたら退職後に年金そのものが減額されるかもしれない。

そんな老後資金の心配を払拭することが不動産投資だ。不動産投資を始めると、家賃収入という形で安定的な定期収入が入ってくる。

毎月安定した収入を年金収入に当てられれば、老後生活による老後の足りない分を補えるのである。

資産運用と相続対策

不動産投資は資産運用と相続対策もかねている。不動産は物価の上昇に強いといわれており、現金で持っているよりも資産価値の目減りを防ぐことができる。

むしろ物価が上昇すれば、それに連動して価値が上がる資産であり、資産寿命を伸ばすことにつながる。

また不動産投資は相続対策になる。なぜなら、投資物件の相続税評価額は、不動産そのものの時価と比べて低く評価されるからである。

相続税はこの評価額をもとに計算される。現金であれば相続税評価額はそのときの時価で評価されるが、投資物件であれば、その評価額は半分近くになるのである。不動産投資は有効な相続対策になり得るのだ。

60代からの不動産投資に必要な資金

60代から始める不動産投資に必要な資金はどれくらいだろうか。詳しく見ていこう。

物件の種類や価格帯による差

不動産投資の物件には、次のような種類がある。

  • 中古区分マンション
  • 新築区分マンション
  • 一棟アパート
  • 一棟マンション
  • 一戸建て

区分マンションとは、ワンルームマンションのことをさす。一般的にはワンルームマンション投資と呼ばれることが多い。

また一棟アパートや一棟マンションは、アパートやマンションの建物全てを買い上げる投資である。

一方、一戸建は戸建て投資と呼ばれるファミリー層をターゲットとした投資である。各物件の価格帯の目安は、以下の通りである。

物件の種類物件の価格帯
中古区分マンション500万円〜
新築区分マンション1,000万円〜
一棟アパート2,000万円〜
一棟マンション5,000万円〜
一戸建て1,000万円〜

中古区分マンションへの投資は500万円程度から始められる。しかしながら、一棟買いの投資は安くても2,000万円以上の資金が必要となる。

ある程度の自己資金を用意する必要があろうだろう。このように、物件の種類によって投資に必要な資金は大きく変わってくる。

頭金とローンのバランス

不動産投資では、頭金とローンのバランスを考えることが大切だ。なぜなら、バランスを間違えるとローンの審査が通らなかったり、返済額が増えることで毎月のキャッシュフローが赤字になり得るからだ。

60代となれば給与収入がなくなることで、キャッシュフローのマイナス分を補填することが難しくなる。頭金とローンの適正なバランスをきちんと見極めることが求められるのだ。

一般的な頭金とローンの目安は、不動産価格の10%〜20%といわれている。退職してしまうと給与収入がなくなるため、退職金やそれまでの貯金を使うことで、頭金を増やしておくのが理想的だ。

物件価格の半分を頭金としてまかなえると良いだろう。なお、物件価格の半分を頭金として出すのであれば、一棟アパートで1,000万円前後が目安となる。

予期せぬ出費を考慮した運用計画

不動産投資においては、予期せぬ出費を考慮して運用計画を立てることが大切だ。実際のところ、不動産投資では予測できない突発的な出費が生まれる。

たとえば、次のような出費だ。

  • 室内設備の修繕費用
  • 原状回復費用
  • 入居者募集費用

必要となる具体的な金額は、状況によってさまざまだ。予期せぬ出費が発生することを想定した上で、運用資金を蓄えておく余裕を持った運用計画が求められるのである。

資産運用のおすすめの相談先
わたしのIFAおすすめ!
アドバイザーナビ社が運営する自分に合った資産運用の相談相手を無料で探せるマッチングサービス。日経新聞、東洋経済など有名メディアに度々取り上げられている。
\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

不動産投資のリスクとその対策

不動産投資には、物件の種類に関係なく共通したリスクが存在する。具体的なリスクとリスクへの対策について見ていこう。

空室リスク

空室リスクとは投資した物件に入居者が入らず、家賃収入が得られないリスクをさす。部屋が空室のままでは想定していた利回りが得られない

。ローンを組んでいる場合には、毎月の返済額を代わりに支払う必要が出てくる。空室リスクは不動産投資において、最も避けなければならないのだ。

空室リスクの対策としては、購入する物件をきちんと見極めることだ。長い目で見て賃貸需要が続きそうな物件を選ぶ必要がある。

たとえば、人口が増え続けているエリアや、駅や商業施設などに近く、利便性の高いエリアで物件を選ぶことだ。空室リスクを避けられるかどうかは不動産投資を始める段階で決まる。

空室リスクを避けるためには、投資物件を慎重に選ぶことが求められる。

価格下落リスク

価格下落リスクとは、所有している投資物件の資産価格が下落することをさす。物件の価格が下落する理由には、建物の経年劣化や周辺環境の変化、事件・事故などが考えられる。

中でも建物の経年劣化は、不動産に共通する代表的な価格下落要因である。一見すると避けようがないリスクのように思えるが、対策方法はきちんと存在する。

建物の経年劣化は、修繕やメンテナンスを行うことで防ぐことができる。資産価値を一定に保つために、定期的な設備の補修やリフォームを取り入れると良いだろう。

管理・維持コスト

管理・維持コストとは、投資物件を運営していくなかでかかるコストである。管理・維持コストの種類はたくさんあり、不動産投資を行う上で欠かすことができない。

主な管理・維持コストには、次のようなものがある。

  • 建物管理費
  • 修繕積立金
  • 保険料
  • 税金

建物管理費は管理会社に建物の管理を委託するときにかかる費用だ。家賃収入の5%程度が目安とされている。

一方で、修繕積立金は将来の大規模修繕に備えて、積み立てが求められる費用だ。こちらも同様に家賃収入の5%程度が目安とされる。

また保険料には火災保険料の支払いなどが該当する。税金には固定資産税や都市計画税、所得税・住民税などが含まれる。

このように物件の管理・維持には、ある程度のコストが発生するのである。

管理・維持コストへの対策として自前でできることはできる限り、管理・運営を自分で行うことである。

入居者の募集や確定申告など自分で対応できることを増やしていけば、その分だけ、外注コストを抑えられる。抑えられそうなコストを検討すると良いだろう。

60代からの不動産投資は誰に相談するべきか

不動産投資は、物件の価格帯から頭金とローンのバランス、管理や維持コストに至るまで考えるべきことがたくさんある。

これから不動産投資を始める初心者の方であれば、自分一人ですべての計画を立てることは難しいのではないだろうか。

そんなときは、IFAと共に考えることで、60代からの不動産投資は上手くいく可能性が高まる。

IFAとともに作成する投資計画

IFAは、独立系のファイナンシャルアドバイザーと呼ばれる資産運用の専門家である。IFAそれぞれが独自の強みを持っており、顧客のニーズに合わせたアドバイスを提供している。

たとえば、IFAは不動産投資の投資計画を一緒に考えてくれる。60代からの不動産投資の計画は若い世代と比べて考えることが増える。

なぜなら、不動産投資の出口戦略までを想定する必要があるからだ。IFAに相談すれば、不動産の売却や相続などの出口戦略を含んだ投資計画をプロの視点から作成できるのだ。

不動産投資に関するリスクの理解と対策

IFAにはそれぞれに専門領域がある。不動産投資を含む資産管理のアドバイス実績が豊富なアドバイザーに相談することで、わからないことがあったとしても、理解しやすいようにリスクとそれに合った対策を知れるのである。

また、不動産投資に関するアドバイスはもちろんのこと、不動産投資を含むあなたの資産管理全般をサポートしてくれる。IFAの専門知識や経験を活用することで、投資で成功する可能性を高められるのである。

ライフステージに合わせた資産運用と相続対策

IFAはライフステージに合わせて、顧客に最適な資産運用と相続対策を提案してくれる。資産状況や家族構成に基づいて、あなたに適した資産運用の方法や相続戦略が知れる。

60代からの不動産投資においては、これを相続対策に活用するケースも多いため、自分に最適な資産運用や相続対策を知りたいのであれば、積極的に活用すると良いだろう。

IFAに相談してみたいと感じた方は、「わたしのIFA」を利用してみてはどうだろうか。

専門的な知識と豊富な経験を持つIFAが信頼できるパートナーになり、効果的な投資方法や資産形成のサポートを行ってくれる。まずは気軽な相談から始めてみよう。

まとめ

本記事では、60代からはじめる不動産投資に関する基礎知識や不動産投資のリスクについて解説した。60代からの不動産投資は、収入源を多様化させたり老後資金を補填するなど、さまざまな利点がある。

しかし、運用開始には適切な資金計画とリスク対策が必要だ。

IFAと協働すれば、これらの投資計画やリスク対策を専門的な視点で検討できる。IFAは個人の金融状況や目標に合わせてあなたに最適なアドバイスを提供する。

IFAに相談することで、投資戦略が明確となり、必要な知識を身に付けることが可能なのだ。

検索プラットフォーム「わたしのIFA」では自身が運用していきたい商品や相談内容、地域を指定したうえで検索することもできる。理想の不動産投資を目指すためにも、無料相談を申し込んでみてほしい。

\あなたにあった資産運用アドバイザーを検索/
公式サイトを確認する

※本コラムは情報提供を目的としたものであり、個別銘柄の推奨や、金融商品の紹介、周旋を行うものではございません。

  • URLをコピーしました!

執筆者

2019年に野村證券出身のメンバーで創業。投資家とIFA(資産アドバイザー)とのマッチングサイト「わたしのIFA」を運営。「投資家が主語となる金融の世界を作る」をビジョンに掲げている。

目次